お知らせ

  • TBについて
    コメントなきTBには、TB返しはしませんのでヨロシク。 承認制にしました。TB反映されるまで時間がかかりますが、 お願いします。
2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

LINK

  • TaxiRobin
    トニーレオンにおちた瞬間が同じであったというhachinoji7さんのブログ。大好きな明星への愛をひしひし感じます。時々ブログでも紹介される、彼女が作るボードはとても可愛いですよー。
  • 明天会更好 天無絶人之路
    仲良くさせてもらっているchikoさんのブログ。 彼女の目の付け所がサイコー。中華にとどまらず色んな話題が面白いです。私もたびたびお邪魔してます。
  • 私の映画玉手箱-My HONGKONG Dream-
    仲良くさせてもらっているゆみこさんのサイト。映画評や韓ドラ視聴日記など、見るときの参考にさせてもらっています。ブログも必見。

2014/07/12

K live K 2014

Kのライブに行くのはこれで何回目だろうか?

友だちにファンの人がいて、毎回連れて行ってもらってます。

兵役直前の武道館も行った(すでにこの時も初めてではなかった)ので

年数だけだとちょっとしたファンなのですが、

彼のこと全然知らない、という重大事実。

でも、彼のこと知らなくてもライブを楽しむのになんの不都合もない

と私は思います。

それだけ彼の音楽に力があるんだろうなぁ。

『On My Journey』からの曲は今までとちょっとだけ違う感じで

特にお気に入り。

今回はトークも控えめ(っていっても他のアーティストに比べると長いと思う)

曲の流れもいい感じでした。

私は、途中ではさまれるアコースティックなコーナーが好きなのですが

今回はまさかの『上を向いて歩こう』を披露。

かなり古い曲なのに、アレンジや歌い方で少しも古臭さを感じさせません。

K-popの大仕掛けのステージも楽しくて大好きですが、

『聴かせる』曲がたくさんのこういうライブも大好きです。

きっと私はこれからもKを聴き続けるんだろうなぁ。

夜の風気持ちよい帰り道

行ってみたかったけど満席だった店

キリンのフローズンビールが美味しそうだった

2013/12/27

3年ぶり

ここ何年か毎回行っているバラードの皇帝こと、シンスンフンのライブに行ってきました。

ライブには行くけれど、普段一切彼の動向をチェックしないので、

ペンの様子とか全く知らないままいつも会場に行きます。

古いペンはたぶん初期の韓流ブームからのペンでしょうから、

ものすっごい年齢層高く、うちの母親世代も結構いて、

私なんか若造でした。

座ってペンラ振る光景、新鮮…。

Kポグループだと、立ちっぱなしでペンラ振って、掛け声かけて、

客であるこっちもそれ相応の体力を要求されます。

今日のライブ、全然疲れない!

シンスンフンが30曲あまりを一生懸命歌ってくれて、

(彼も40代半ばのはず)申し訳ない気さえしてきちゃいました。

会場を一体になって歌う曲の振り付けは以前なら、

歌う前に皆で練習したものですが、今回はさらっとおさらいって感じで。

客もライブに慣れてきている感じ。

私自身も、その振り付け覚えてたし。

日本でのライブが3年ぶりということで、随分「申し訳ない」と連発していたけれ

ど、私みたいな庭先ペンも、ライブがあるときけばやっぱり行きたい。

たとえすじゅ貧乏中でもね。

そう思わせるものが彼の音楽にはあるんだとぼんやり思いました。

2013/06/01

キモチイイLIVE

お久しぶりのKコンサート。
入隊前の武道館から2年半位?
中野サンプラザという割とこじんまりとした、ホールだったので、
Kとお客さんの距離感が近かかった。
ライティングがキレイだったし。

Kの声って気持ちいい。
実は白状するとライブは行くけど、他のこと知らない私。
ファンの雰囲気まで把握しておらず。
私の列から3つ前の方、スタートからノリノリで、
そのノリノリは最後まで下がらず。
それ見ちゃったら、自分がどうしていいのかわからなくなった。
ファンの雰囲気を掴むのもライブを楽しむために大事だと思った。

それと、
K自身が推奨したタオル回しですが、
今回の物販でのものだったので、
買ってない人ももちろんいたわけです。
むしろ持っていない人の方が多い。
せっかく合図までしてタオル回し&投げをするなら是非チケットにつけてください。
その分多少値段が高くなってもいいです。(もともとチケットが安い)

2013/02/12

安らかに

ウララセッションのイム・ユンテクさんが昨日亡くなったそうです。
『スーパースターK3』当時既にガンであることを
公表していた彼。
なんとなーく応援してたんですよ、当時。
楽しくてウキウキしちゃうような彼らの音楽は
毎回、「今日は何してくれるんだろう」と楽しみだったし
お世辞にもイケメンじゃない彼らが、
踊ったり歌ったりすると、
すごくかっこよくて。
「優勝賞金はユンテクさんのために使う」と公言してたっけな。
32年ってどう考えても短かったけど、
きっと忘れないよ。

2013021200741_thumb_2

2012/01/16

T-araの『Lovey-dovey』

ロングバージョンだと20分にもなる大作のT-araの新曲MV。
それはあまりに長いのでこっちのショートバージョン。
今日のSukira で聴いていい曲だったので。

昨日の人気歌謡で1位だったそうですね。(朝鮮日報日本語WEB版でみた)
年が明けてから全く音楽番組を見ていないので知りませんでした(汗)

何度も繰り返されるフレーズがくせになる感じです。

って、どんだけ現実逃避してるんだ@自分。
週末のうぎょる、すっごい見たい!2週、見られなかったので、今週末は絶対見たい!
ファイティンジュニア再登場のうえにご褒美合コンなんて!

2012/01/06

Trouble Maker♪


Sukiraで頻繁にかかるために耳に残って離れなくなってしまった、
ヒョンスンとヒョナが組んだTrouble Makerの『Trouble Maker』。
めちゃくちゃオトナっぽい雰囲気でこのPVも大好き。

このPVをSJで作ったら…と妄想してみたものの、
どうも無理っぽいかも。
私の想像力が足りないのかな、
もちろんうにょとドンヘも想像してみたが、
私の妄想の中ではどうも、

『可愛い』感じしか想像できなかった…

えー、明日のアテナのためにSJの皆は22時くらいに羽田に着いた模様。
私はアテナもGDAも行きませんが、行かれる方楽しんで来てください。

2011/08/14

方大同『15』

これも香港のHMVで購入。1ヶ月も未開封のまま放置してました。

いつもは目に付いた彼のCDを買ってくるのですが、

今回はこれが最新作!と胸を張って言えます。

広東語を勉強しているのに、音楽は北京語の方が断然好きな私。

そんな私にめちゃくちゃぴったりくる彼の曲。

アルバム最後の曲のPV。これは台湾で撮ったのかな。

ジャケットのデザインもおしゃれ。しかもちゃんとラックに収まるサイズ!

これだけでもステキheart01

2011/06/25

The Shin Seung Hun SHOW2011-My Way-行きました

NHKホールの3階席でまったりと参加。

若手のライブを『ハハ』の気持ちになって成長を見守る、という感じで楽しむのも、もちろんいいけれど、

彼のようなベテランは、私たちを何の心配もなく心から楽しませてくれる。

3時間のライブでも声に変わりなく(音をどこでとっていたのかわからなかった、前のモニターか?)できるというのは、やはり伊達に20年やってきてないなーというのが正直な感想。

ご愛嬌で、ダンスを踊るパートがあったり(この練習風景の映像でさんざん「あー、こんなことやるって言わなければよかった」と後悔しきりだったけど、いざ本番では立派にやり遂げてたのは、さすがhappy01

良い写真と悪い写真の例(悪い写真の例っていうのが、殆ど80年代と思われ…私は「同級生の男子たちってこんな感じだったわー」と感慨しきり)という大爆笑パートあり、

実はアコースティックギターよりエレキギターを先に弾きはじめたということで、エレキギターの腕前を披露したり。

日本の曲で好きなものということで歌ったオフコースの『言葉にできない』は、彼の声と小田さんの声が似ているのか、とてもいい感じでした。

しかし終わってみれば、22時!

田舎に住んでる私はビビリましたが、

日付が変わる頃にはなんとか家にたどり着きました。

ヨカッタ…

2010/11/30

Kのコンサート

既に着席済みな私。
武道館はやはり独特の雰囲気があります。
しかし誘ってくれた朋友より早く来てる私って…
意味なくドキドキしてます。

Live K in 武道館~so long~

実は私、熱狂的なファンというわけではありません。

だから、今回のコンサートがまるで知り合いの知り合い、のお家におじゃまする感じでした。

でも、そんな私も聴かせる曲も、ノリのいい曲もたっぷり3時間、楽しませてもらいました。

来年には兵役に就くというK。

来週に、兵役(正確には公益ですけど)を終えて戻ってくるどんちゃん。

帰ってくる人もいれば行く人もいるんだなーと、しみじみ思いました。

本人は色々大変だとは思いますが、

またステキな音楽をたくさん聴かせてくれるであろう彼の、

2年後が楽しみです。

しかーし、終わったのが10時過ぎ。

武道館から一番近い地下鉄の入り口は、既に閉鎖。

地元の終電を気にしながら、一番速そうなルートを検索しつつ帰るのは、結構スリリングでした。寝過ごしたりしたら、絶対戻って来れないし…