お知らせ

  • TBについて
    コメントなきTBには、TB返しはしませんのでヨロシク。 承認制にしました。TB反映されるまで時間がかかりますが、 お願いします。
2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

LINK

  • TaxiRobin
    トニーレオンにおちた瞬間が同じであったというhachinoji7さんのブログ。大好きな明星への愛をひしひし感じます。時々ブログでも紹介される、彼女が作るボードはとても可愛いですよー。
  • 明天会更好 天無絶人之路
    仲良くさせてもらっているchikoさんのブログ。 彼女の目の付け所がサイコー。中華にとどまらず色んな話題が面白いです。私もたびたびお邪魔してます。
  • 私の映画玉手箱-My HONGKONG Dream-
    仲良くさせてもらっているゆみこさんのサイト。映画評や韓ドラ視聴日記など、見るときの参考にさせてもらっています。ブログも必見。

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013/08/30

リリイベ、1回目行ってきました

会場に行く電車の中から「あ、あの人えるぷかな?」とか想像しちゃって

思い切りキョドってたワタシ。

青い服着てる人や、ハイカットのスニーカーとか

宇宙柄のアイテム着てたり持ってたりすると皆えるぷに見えてしまって。

ワタシに見られてた人、すみませんでした。

席はアリーナA3ブロックで真ん中ぐらい。

ちょうどメンボの座るイスの真ん中が一番見える席。

後ろの席のコたちが「イスの高さがそれぞれ違う!」って。

確かに良く見ると私たちから右側2つが高くて、

真ん中と左から2番目が低い。

右の2つはシウォニとぎゅ、真ん中と左2番目はみんうくのどっちかかな、

と想像してたらやはり右からぎゅ→シウォニ→ひょく→カンイン→うぎ

→ドンヒ→みん→どんへ、でした。

恐るべし、えるぷの観察力!

大阪でも盛り上がったであろう、画伯たちによる似顔絵。

うぎが、紙を渡された途端に描き始め、

ストップがかかってもずっと描いてたのが印象的でした。

夢中で描いてた感じ。そしてすごく上手。

その絵を抽選でプレゼントした時、ひょくのは2回も該当者ないという事態に。

なんかこんなグダグダなとこ、彼ららしい。

その抽選に使ったハコの乗ったワゴンを舞台袖までお片づけしたみんくん。

最後に2曲だけしか歌わないリリイベでしたが、

すじゅっぽさが出てたような気がします。

ワタシも楽しかったし、5月にぺんになったばかりという、

お隣のコもすごく楽しそうで。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

ひょくが日本語のテキストをずっと持ってる(たとえ英語圏でも)そうで、

あぁ、ワタシも見習わないといけないなぁと思いました。

ハイ。もうすぐ新学期ですよ。

2013/08/29

気合い十分

1377782678687.jpg
パールサファイアブルーに一番近い、
と思われる色を選んでみました。
週末はリリイベとa-nationがあるので、
気分を上げてみました。
リリイベは初めてで、
大阪のレポを色々読んでワクワクしてます。
はー、楽しみ。

2013/08/25

『低俗喜劇』観ました

2012_vulgaria_1_2

パンホーチョン監督は大好きな監督の一人です。

香港で公開時に一位になったという映画。

本編が始まる前に、

『ほーんっとに低俗なんですけどダメな人は今から10数えるうちに出てね』

とお断りが出ました。

そうなると絶対見届けなくちゃ!という気にさせらたところでスタート。

業界に顔は広そうだが、いまだヒット作もなくカツカツな映画プロデューサーのトーさん。

『パパの映画なんて知らないってお友達に言われるの』と言う娘のためにも

ここらでどーんとヒットを飛ばしたい。

お金を出してくれるという人がいれば広西省まで会いに行き、

四本脚のものはイス以外食べると言われるけれど、

いわゆるゲテモノ料理とラバ(!)接待。

そりゃ、記憶もなくなりますって。

出資者のご意向もきかなくちゃいけないが、

同時に儲かる映画にしなくちゃいけない。

なんとかお金も集まって、スタッフも呼んで…夢は『東張西望』に取材を受けること!

私がちゃっぴーと呼んでいるチャップマントー主演。

意外といい人なんですがそれが裏目に出てるっぽい役どころ。

今までも『映画をつくろう!』という映画は沢山作られてきて、

だいたいその映画が完成する頃には観ている側も『あーよかった』とホッとするという展開ですが、

始終ドタバタと金の心配とグロとエロが渦巻いてる…

どうやったらこんな仰天エピソードばっかり叩き込めるんだ!

と思ったら

かなりの確率でリアルにあったことらしい。

そうかー事実は小説より奇なりって言うけれど本当なのね。

でも監督もちょっとした雑談みたいなところから、

面白いネタを拾うのが上手なんだと思う。

正直言って香港のどの監督よりも好き嫌いが分れる人だと、

ファンである私も自覚するけれど、

やはり好きなんだなぁ、この監督。

2013/08/24

兄さんおめでとう

1377354316700.jpg
お誕生日おめでとうございます、兄さん。
思えばSS4で兄さんべんと自覚したわたし。
歌が上手くてちょっと四次元で、
でもかっこいいにいさんに夢中です。

2013/08/22

2013香港の旅⑨『盲探』観ました

Poster

以前は優秀な警察官だった荘士敦、今は視力を失うものの

そのするどい洞察力で犯人逮捕に協力して報酬をもらう探偵。

中学の時に親友が行方不明になり、そのことで心に傷を持っている、

警官の何。

連続女性失踪事件の捜査で二人は組むことになるが、

荘士敦ったら相当変人!!!!!

サミー演じる何は振り回されっぱなし。

気の毒なんだがとにかく可笑しい。

いつもかっこいい役が多い華仔も、

変人っぷりがすごい楽しそう。

このへん、ホームズとワトソンみたいな感じ。

盲目って設定だけど大体忘れて映画に没頭してしまいました。

追いかけている事件と、

何の親友の行方不明は同一犯の犯行なのか違うのか?

実は朋友がずっと前に、

『ジョニートー監督は、お金をもうけたい時には華仔で映画を撮るが、

自分が撮りたい映画の時は彼を呼んでくれない』と言っていたのを思い出しました。

私は、すっごい面白くて日本語字幕でまた見たいと思ったけれど。

一緒に観た、ハハ(もちろん広東語なんてわからないし、英語もダメだから字幕を追えてない)も『面白かった』と言ってました。

ブラジルエピソードあたりはちょっと強引かなって思いましたけどね。

2013/08/21

キボム、おめでとう

O0497031710259294421_3

お誕生日おめでとうございます。

最近、中国進出もしてますます活動の場所を広げてますね。

やりたかったことをやれるのは本当に幸せなことです。

『根の深い木』がBSで放送されていた時は、

毎週急いで帰宅したのものでした。

今月末からはBS11で『アイラブイテリ』が放送されます。

これをきっかけにたくさんの人があなたのファンになってくれるといいな。

2集のおまけDVDでのあなたはまだ男のコって感じだったのに、

『ニート』だの『ツチノコ』だの言われている間に

すっかりステキな男性になっていて。

いいことたくさんの一年でありますように。

2013/08/17

ギュタニアン〜‼

1376801049050.jpg
昼の回を鑑賞。
乗換駅でまったりお昼してたら、
劇場着いたのがギリギリでした。
駅から遠いなぁ。オーチャードホール。
今日はA席。1階の31列。
本来なら全体的に舞台が見えるんでしょうが、
前の人の座高が異常に高くて真ん中より右が
遮られるという悲劇。
座り方が悪かったのかな、前の人。

さて、前回のチャンミンで展開は把握したので
たっぷりとギュタニアンを鑑賞!
と思ったものの、
三銃士、カッコよすぎました。
ポルトス役チャンスンチャンさん
アラミス役ソンジュノさん
アトス役イゴンミョンさん。
3人ともギュタニアンより背が高く、
スタイルも良いという事実。
3人がオトナの魅力をふりまけば
ギュタニアンの可愛いおバカさんぶりが、
更にひきたつという感じ。
マンネぶりが全面に押し出されてます。
ぎゅの歌も、ライブとはまた違います。
三銃士さんたちがわちゃわちゃしてるのを
少し呆れた顔して見てるシーンは、
ブラックマンネっぽかったな。
祝杯やサンマルグリットのダンスも良いし。
アトスのソロは何度聴いても良かった。
ギュタニアンだけ観るなんて、
無理なんです。
恒例のダルタニアン客席から現れる、は
チャンミンは駆け抜けていきましたが、
ギュタニアンはゆっくり歩いて登場。
あー、月曜日の席なら←今更。

ミュージカル『三銃士』は、
ダルタニアン役のペンじゃなくても十分楽しめる、
よくできたミュージカルです。
もともと三銃士好きな私は見事にハマりました。
サントラあったら欲しい。


2013/08/15

や、破けた

1376492802079.jpg
ミニエルのスボンが、公演中に破けたとか。
写真はみんくんblogより。
あちゃー!
三年間ダニエルを演じるみんくんと
共に過ごしたズボン。
三年間、同じだったことに驚いてる私←ヲイ。

2013/08/14

カンミン!

新曲でもないのにteaserがちびちびあがるこの営業。

やっといちご狩りカンミンが見れた!

食べ物を前にした時のみんくんのキラキラ感がたまらない。

実はこの本予約済みです。

韓国の魅力を広める、というコンセプトなのに、

全編韓国語というツッコミたくなる編集方針の本。

韓国語が母語の人にいまさら韓国の魅力をお伝えして

どうするつもりなのだろうか。

せめて英語版とかあったらよかったのにな。

2013/08/13

ロッテ免税店MVメイキング

他の方々はメイキングといえどちゃんとしてるのに、

なんでこの人たちはこうなのか。

こういう星の元に生まれてしまった選ばれた人たちなのか。

こんな場面でよりによってズボン破けなくても。

しかも、前…。

シウォニの顔が可笑しくて可笑しくて。

さすがすじゅは何かやってくれる。

2013/08/12

『三銃士』観て来ました

夜の回、ダルタニアンは2AMのチャンミンでした。
私の周りはチャンミンべんだらけでしたが、
私のお目当ては三銃士役の、ボムレさんヨンギさんゴンミョンさん。
圧倒的な実力で今回もかっこよかった!
チャンミンも素朴な青年を上手く演じていて
田舎から出てきたダルタニアンがよく似合っていると思いました。
剣術のシーンはたくさん練習したんだろうな、
と思わせました。
とてもよいミュージカルですが、
今晩は2階席がクローズでした。
ちょっともったいない。
当日券は開演1時間前に売り出されるそうです。

2013/08/11

レインボーオーシャン

1376229129439.jpg
台湾えるぷ、サイコー!

2013/08/08

変幻自在イソンミン

1375964975089.jpg
こんなだと思えば、同じ日に

1375964981526.jpg
こうなったり


1375964984265.jpg
昨日、こんなむっちりだったのに


1375964987374.jpg
今日はこんな。

2013/08/03

『谷文晁展』行ってきました

サントリー美術館ははじめて行きましたが、

六本木まで行ければ簡単なんですね。

谷文晁は江戸後期に活躍した人ですが、不勉強なので全く作品を知らずに

行ってしまいました。

元々は狩野派の師匠について絵を学んだ人なので、

狩野派っぽい山水画のデフォルメぶりと、

自分の画風である緻密な人物画と、

リアルな花鳥画は、南蘋派の影響を受けた渡辺玄対にも習ったから。

と、かなり色んな技法を学んでは自分のものにしていった器用な人。

寛政文晁と呼ばれるノリノリ期は、驚くくらい一つ一つ趣きが違う。

パトロンだった松平定信も、今でいう所のオタク気質の人で、

日本の色んなものを集めて記録させることを文晁にさせるんですが、

そのために各地から色々珍しいものを取り寄せたりして、

沢山のものを文晁に見せては描かせてる。

Dlineimgr1_5_2

これは、仲良し三人組の、文晁、抱一、鵬斉のコラボ。

文晁、酒井抱一と仲良しだったんだ。

そういえば二人とも武士の家の出身だ。

なんとなく似てる部分が多くて気が合ったのかな。

当時高級料亭だった八百善によく集まってたらしい。

『武蔵野水月図』は、感じが酒井抱一の作品にとても似ている。

石山寺縁起絵巻は、今回の目玉作品。

ここが所蔵してるし絵巻としてもとてもよくできてる。

特に絵がついてなかった6と7巻に文晁に絵をつけさせてるので。

なるべく当時の雰囲気で、と文晁らしさを封印するように、

松平定信は注文したらしいけど、

謀反を企てていると人たちは立てこもっている屋敷のシーンは、

舞い上がる火の粉や、捕まって斬首される武士などが

かなりリアルに描かれてして、文晁に画力の凄さが出てると思います。

一番見てみたかったけれど作品の展示はなかったのはこちら

7rtanil

ファン・ロイエン筆花鳥図模写

2013香港の旅⑧

Hongkong201307150718_005

ウィンザーハウスGFにあるクッキー屋さんCookie Galerieは最近、

お気に入りのクッキー屋さんです。

今回はクッキーをさくさくパイ皮で包んだ七色脆鬆巻を自分用に買いました。

トリュフとマカダミアナッツ

ゴマ

パイン

ブルーベリー

クルミ

いちじく

アーモンドとヘーゼルナッツ

以上7種類のものがクッキーの上に乗っています。

個包装なのがグッド。

ただ、ちょっと口の中の水分を奪われやすかったです。

何か美味しい飲み物と食べるのがおすすめ。

2013/08/01

8周年おめでとう

1375364416422.jpg

♫コングラッチュレーショーン

コングラッチュレーショーン

コングラッチュレーションレーションレーションレーション

パンパランパランパンッパン!!!♫

と、いうことでソンミンさんデビュー8周年おめでとうございます。

blogで随分自分に厳しいこと書いてますが、

もう少し肩のチカラ抜いても大丈夫ですよー。

皆が楽しそうにはしゃいでたりすると、

自分はその中に入っていけなくなるその性格、

わかります、そういうの私もあるから。

無理して一緒のことしなくていいんです。

これからも、一生懸命で優しいキミでいてください。応援してます。

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »