お知らせ

  • TBについて
    コメントなきTBには、TB返しはしませんのでヨロシク。 承認制にしました。TB反映されるまで時間がかかりますが、 お願いします。
2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

LINK

  • TaxiRobin
    トニーレオンにおちた瞬間が同じであったというhachinoji7さんのブログ。大好きな明星への愛をひしひし感じます。時々ブログでも紹介される、彼女が作るボードはとても可愛いですよー。
  • 明天会更好 天無絶人之路
    仲良くさせてもらっているchikoさんのブログ。 彼女の目の付け所がサイコー。中華にとどまらず色んな話題が面白いです。私もたびたびお邪魔してます。
  • 私の映画玉手箱-My HONGKONG Dream-
    仲良くさせてもらっているゆみこさんのサイト。映画評や韓ドラ視聴日記など、見るときの参考にさせてもらっています。ブログも必見。

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011/06/29

辛ダンドントッポギ味スナック

辛ダンドントッポギ味スナック 韓国フェアの売れ残りだと思われるスナック菓子がおつまみコーナーに移動していた。今回のフェアはなぜかトッポギに力を入れていて、スナック菓子までトッポギ。歯にくっつく水飴の甘さと唐辛子の辛さがあとを引く。

2011/06/25

The Shin Seung Hun SHOW2011-My Way-行きました

NHKホールの3階席でまったりと参加。

若手のライブを『ハハ』の気持ちになって成長を見守る、という感じで楽しむのも、もちろんいいけれど、

彼のようなベテランは、私たちを何の心配もなく心から楽しませてくれる。

3時間のライブでも声に変わりなく(音をどこでとっていたのかわからなかった、前のモニターか?)できるというのは、やはり伊達に20年やってきてないなーというのが正直な感想。

ご愛嬌で、ダンスを踊るパートがあったり(この練習風景の映像でさんざん「あー、こんなことやるって言わなければよかった」と後悔しきりだったけど、いざ本番では立派にやり遂げてたのは、さすがhappy01

良い写真と悪い写真の例(悪い写真の例っていうのが、殆ど80年代と思われ…私は「同級生の男子たちってこんな感じだったわー」と感慨しきり)という大爆笑パートあり、

実はアコースティックギターよりエレキギターを先に弾きはじめたということで、エレキギターの腕前を披露したり。

日本の曲で好きなものということで歌ったオフコースの『言葉にできない』は、彼の声と小田さんの声が似ているのか、とてもいい感じでした。

しかし終わってみれば、22時!

田舎に住んでる私はビビリましたが、

日付が変わる頃にはなんとか家にたどり着きました。

ヨカッタ…

2011/06/23

おうちサムギョプサル

おうちサムギョプサル 久しぶりにおうちサムギョプサルを開催。 節電のためずっとダイニングテーブルでなく、ちゃぶ台ごはんの我が家(明かりを2ヶ所点けなくて済む)。ダンナがソファに新聞敷き詰めてスタート! 最近スーパーで売ってなかったサンチュも買えて、大満足のおうちサムギョプサルでした。 そして写真は、その残骸…。食べるのに夢中で撮りそびれました。

2011/06/22

カーデガン三昧

カーデガン三昧 どうしてこんなことになったのか… 気がついてみれば、カーデガンばかり。 色は言うに及ばず、丈もロングだったりそうでなかったり。すでに手持ちのものと合わせると毎日違うカーデガンを着ても、ひと夏乗り切れそうだ…。スカートはカノコ織り。いつも買ってるショップの、夏の定番素材。白っぽい色はいつも敬遠しがちですが、今回は買ってみました。

2011/06/20

眼福?

今回の必殺スケジュールの中で、かなり時間を取られていたのは、

土産物屋さん!免税店より文字通り『民芸店』という表現がぴったりな店でした。…確かに日程表には『民芸店にご案内』と書いてあったので、ウソはないんですが。

次に時間を取ってあったのは、

故宮博物院、ではなく

『衛兵の交代式』でした。

なにせ時間が決まっており、それを逃せばあと1時間待たなくてはならんもんだから、ガイドさん、必死。

時間厳守です。

しかも今回、忠烈祠と中正紀念堂の2本立て!

私達どれだけ衛兵の交代式を渇望してるんだ…

忠烈祠は空軍が、中正紀念堂は陸軍が担当してたので、制服も違うし、なかなか見る機会もないのでいい経験でしたけど。

あの暑い台湾で1時間立ってるというか、『静止』してるのは若くて体力のある軍人さんでもキツイだろうなーとか、

『あ、今、「はーぁ」とかため息ついてた』とか、私みたいにツッコむ人がいたりして。

こちらは、中正紀念堂の衛兵。

交代がちょうど終わったところです。

気になるのは、 衛兵さんではなく

隣の黒いスーツの人。

忠烈祠にもいて、会場整理やら、

衛兵さんの姿勢が崩れると、さっと

直したりする担当らしいです。

衛兵さんたちは顔があまり見えなかったのですが、

このお世話担当の人もたぶん衛兵。

(あごにかけるベルトと同じ形の日焼けをしていたので)。

きりっとしたなかなかのハンサムさんたちでした。

Taiwan_6

2011/06/19

勝手にお誕生会

久々に朋友と会食。

新宿のカラオケ店で、DVD(『漢城攻略』)観ながら、

飲んだり、ケーキ食べたり、楽しい時間を過ごしてきました。

実は、勝手にお誕生会だったので、

毎年恒例勝手に記念撮影もしたのですが、

残ねーん。

携帯の性能のせいか、

どれもだめだめの画像…

2011/06/14

いざ、憧れの九份へ

私的に今回の旅の一番行きたかったところといえば

ずばり九份です!

『悲情城市』の舞台なこの街。

中華映画好きで、なおかつこの映画で文清演じるトニー・レオンにおちた私。

台湾に行ったら一度は行ってみたい。

観光バスは一旦、バスターミナル代わりの空き地に向かい、

そこから地元の路線バスに乗り換えました。

道が細く、大型のバスは入れないようでした。

今、日本人にとっては『千と千尋の神隠し』のモデルになった場所として有名なんだそうです(ガイドさん談)。

そっかー、私、その映画観てないや。

階段状になっている細い路地の両側に土産もの屋さんが並びます。

Taiwan_012_3

うーむ。

出かけた日、台湾は3連休の真ん中の日曜日。

当然、フツーに週末を過ごしに来た人も沢山いるわけで。

臭豆腐の匂いにやられたりするのは、

雰囲気出してますけど。

もうちょっと、はやく来ればよかったのかな。

なんでもない、平日に来たらどうでしょうか?

あと、夕暮れとか。

戯夢人生の隣のお店でお昼でした。

ごはんはおいしかったし、お店からの海の眺めはよかったです。

2011/06/13

平溪線に乗りました

ローカル線乗車体験と銘打って、今回の台湾旅行に組み込まれていた平溪線。

『恋恋風塵』の世界を垣間見える!と楽しみにしていました。

Taiwan_008 まずは十分の町へ。

線路沿いに何軒かのお店が並ぶ小さな街です。

映画では確か通学に二人が電車を使っていてそんなシーンに使われていた記憶があります。

ただ、この街は特別『恋恋風塵』の世界を意識して残そうということはなく、

ロケがあったことはどこにも記されてはいませんでした。

ちょっと、残念。

Taiwan_009_2

駅の手前にあるつり橋。

これも映画に出てきた記憶が…

手前にはトロッコを押す鉱夫のモニュメントが建っています。

あー、まだ10時前なのに、じりじりと暑い!

映画では青い、いかにもローカル線らしい車両が走ってましたが、

今現在、実際にこの路線を走っているのは、

Taiwan_010_3

案外、近代的な車両。

車内も新しくてキレイ。

そのうえトイレつき。

十分から瑞芳までの道のりでしたが、

わりとフツーの電車でした。

(私が、田舎に住んでいるからか、

沿線の街が想像してたのと違って、賑やかで大きな建物もたくさんあったから?)

2011/06/12

『ドリームホーム』観ました

子供の頃から窓から海の見える部屋に住むことが夢だった陳小姐。

彼女のお気に入りは、ビクトリア№1というマンション。眺めも間取りも文句なしの物件だ。

昼と夜、仕事をかけもちして頭金を貯め、いざ契約!という時になって大家が値段を吊り上げてきた。

今の値段から倍も吊り上げられてしまっては、到底買うことができない陳小姐。

彼女は夢の物件を手に入れるために恐ろしい計画を実行する…

実は朋友と5人でイベント的に観て来ました。

そうでもないと観れなかったかもしれません。

『阿鼻叫喚』ってコトバがぴったりなんですもの。

久しぶりに見たよこの四字熟語。

彼女の人生は、『家』と『お金』に影響されっぱなし。

地上げで仲良しの友達と別れることになったり(でも、これは香港の人、少なからず経験があるのでは?)

家計を助けるために大学を中退したり、

恋人は、ホテル代もケチる所帯持ちだし、

父はたいしたことじゃないと既往症を申告しなかったばかりに、『使えない医療保険』を払い続けていたことに、保険金が必要になって初めて気づくのには、私も切なくなりました。

あのマンションさえ手に入れば、人生がうまくいくような気になったのかも。

これが、キャンプ場とかで理由もなくバッタバッタと人を殺していくような映画なら、見ていられなかったです。

でもさくっと90分台で終わるし、随所に監督のこだわりが見られるので、そのへんも興味深い!

ちなみに特殊メイクで連凱が参加してます。

これは、一緒に観た朋友の間でちょっとした話題になりました。

パンホーチョン監督、私大好きなんですが、これが日本初公開作品って…

2011/06/09

おいしいじゃなかった

おいしいじゃなかった 台北2日めのばんごはん。 石鍋料理とのことですが、寄せ鍋との違いがわかりません。 土鍋が石鍋に変わってるくらい? 私の心をわしづかみしたのは、雑炊用に出た器! 香港と張り合ってるのか?

2011/06/08

北投にいた犬

北投にいた犬 暑い思いをして行った北投。暑い日だったのでワンコもこんな感じに。温泉地獄谷ではゆで卵になるかと思う位熱気にやられました。

台北の街角で

台北の街角で ホテル近くのコンビニ前で。仲良しのワンちゃんとネコちゃん。ネコちゃんはピンクのパールの首輪してます。カワイイ。

2011/06/03

ちょっとそこまで

明日から4日間、ノスタルジック台湾の旅に行ってきます。とはいえ一番長く立ち寄るのは民芸品店なんですけどね。

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »