お知らせ

  • TBについて
    コメントなきTBには、TB返しはしませんのでヨロシク。 承認制にしました。TB反映されるまで時間がかかりますが、 お願いします。
2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

LINK

  • TaxiRobin
    トニーレオンにおちた瞬間が同じであったというhachinoji7さんのブログ。大好きな明星への愛をひしひし感じます。時々ブログでも紹介される、彼女が作るボードはとても可愛いですよー。
  • 明天会更好 天無絶人之路
    仲良くさせてもらっているchikoさんのブログ。 彼女の目の付け所がサイコー。中華にとどまらず色んな話題が面白いです。私もたびたびお邪魔してます。
  • 私の映画玉手箱-My HONGKONG Dream-
    仲良くさせてもらっているゆみこさんのサイト。映画評や韓ドラ視聴日記など、見るときの参考にさせてもらっています。ブログも必見。

« 彦祖おめでとう | トップページ | 新学期 »

2010/04/19

『第9地区』観ました

南アフリカのヨハネスブルグ上空に巨大な飛行物体が現れ、

その中から、エイリアンが降りてきた。

人間との摩擦も増え、困った政府は第9地区に彼らを閉じ込め、

28年が過ぎた今、第9地区はスラムと化し、新たな収容場所第10地区に彼ら

を移す計画が実行されることになる。

そのプロジェクトの責任者に任命されたのは、ヴィカスという男だった。

南アフリカっていうと、まっさきに思い浮ぶのは以前のアパルトヘイト政策。

エイリアン(映画の中では姿が似ているので『エビ』と呼ばれている)を人間が

差別する姿から風刺の効いた作品かと思いきや、

裏切られました。

ヴィカスは、エビをとにかく移住させるこのプロジェクトにやる気まんまんで臨みます。普段あまり人前にでてなさそうな感じの彼が、水を得た魚みたいにちょっとテンション高すぎかもと思うくらい。

でも立ち退き交渉中にアクシデントに遭い、追われる側になってしまいます。事態を打開するのに、エビの世話にならなくちゃいけないことがわかっても、あわよくば、自分だけ助かろうとしたりする『ちっちゃい』オトコなんです。

全然かっこよくない。

ただただ自分が助かりたい一心なヴィカス。だけど、観ていて彼を嫌いになれなかったな。

ラスト近く、エビのクリストファーをクリスと呼び、気力を失った彼に「息子と一緒に帰るんだろう!」と、彼を必死に息子の元へ送っていこうとする姿を、応援してしまいました。

クリスが言った3年が、早く来るようにと祈らずにはいられないラストでした。

« 彦祖おめでとう | トップページ | 新学期 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62984/48131446

この記事へのトラックバック一覧です: 『第9地区』観ました:

« 彦祖おめでとう | トップページ | 新学期 »