お知らせ

  • TBについて
    コメントなきTBには、TB返しはしませんのでヨロシク。 承認制にしました。TB反映されるまで時間がかかりますが、 お願いします。
2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

LINK

  • TaxiRobin
    トニーレオンにおちた瞬間が同じであったというhachinoji7さんのブログ。大好きな明星への愛をひしひし感じます。時々ブログでも紹介される、彼女が作るボードはとても可愛いですよー。
  • 明天会更好 天無絶人之路
    仲良くさせてもらっているchikoさんのブログ。 彼女の目の付け所がサイコー。中華にとどまらず色んな話題が面白いです。私もたびたびお邪魔してます。
  • 私の映画玉手箱-My HONGKONG Dream-
    仲良くさせてもらっているゆみこさんのサイト。映画評や韓ドラ視聴日記など、見るときの参考にさせてもらっています。ブログも必見。

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010/01/31

『チャンネルはそのまま!』②読みました

Image128

ほぼ一年待ったよ@チャンネルはそのまま!の2巻。

週刊の雑誌に月イチくらいのペースで載るマンガなので、これくらい待つのは

当たり前といえば当たり前なんですけどね。

私が面白かったのは、10話の編成判断と14話のダイヤモンド。

編成部の北上くん、私もすっかり忘れていました。

「え?こんな人雪丸の同期にいたっけ」と思わず1巻で確かめてしまいました。

でも北上くんて山根くん同様このTV局ではイジられキャラ。

14話のネイチャークィーンの環さん。

雪丸と同じ歳でしかも自分が取材を受けている立場なのに、フォローにまわってしまうなんて、ここにも雪丸の被害者が…

長谷川デスクの最後の一言が、可笑しくて可笑しくて

やっぱり雪丸は、バカ枠…

小倉部長がいうダイヤモンドの意味がわかって二度爆笑。

一気に読めてしまうので、

また一年待つのかと思うとツライ。

『孤将』読みました

時代小説のつもりで読み始めたこの小説ですが、

全然そんな感じじゃありませんでした。

李舜臣が主人公のこの小説、

読んだ後に胸が熱くなる様な感じがするのかと勝手に想像していたのに

むしろこの将軍の孤独がひしひしと伝わってきてなんだかしょんぼりしてしまいました。

Sajan_1249097485_2

彼は、文禄・慶長の役で日本軍を破った英雄で銅像も建っているくらいの人物。

なのに小説中の彼は、前に広がる海から攻めてくる日本と戦いつつ、

後ろからはその実力のせいで王様にも命を狙われており、

結局自分は、敵に倒されるか王に倒されるかという二つの選択しかないのだということを既に悟ってしまった人なのです。

手柄をたてた証に敵の首が必要なんですが、

もう敵か味方なんてわかるわけないんですから、

戦死した兵士なら誰でもいいって感じの『数合わせ』とか、

捕虜として捕まえてみたら、先に日本に捕まって働かされていた自国の民だったとか、

彼の留守宅では彼の家族が狙われ、

結婚はおろか科挙さえ受けていない息子が家族を守ろうとして死んでしまったことを知らされ、

勇ましいところは一つもない。

王様は、彼が有能だということがわかっているので、

自分を倒しにくるのではないのかと恐れを抱いているのですが、

今彼を死なせてしまっては日本に負け、自分の命もキケンにさらされてしまうのが恐ろしいということで、

免死帖なるものを送り付けてきます。

つまり、死罪に値するけれど一時的にそれを停止するということ。

『アンタはクビだけど今会社がタイヘンなんで、クビは会社が盛り返してから』

ってことでしょうか。

王様が頼りにしている明は、援軍を寄こすけれど、

働かず、接待受けつつ、和平交渉の時どれだけ自分の取り分を多くできるか考えるのみ。

この王様って『ホジュン~宮廷医官への道』の王様なんですね。

歴史上の人物なので事実は曲げることができないのはわかっているのですが、

これだけの人物の最期にしては、寂しすぎる。

2010/01/22

小学生かっ!

今まで愛用していたかおりツインペン6色。

使っているうちにだんだんと書けない色も出てきてしまいました…

新しいのがほしくてスーパーの可愛いキャラクター売り場なんかをのぞいていましたが、ばら売りしかなく。

たまたま時間があったので、ディズニーストアをのぞいたら

Image127 じゃーん、12色の豪華版を発見!

全部同じキャラじゃないのが残念ですが、今までの6色バージョンになかった黒と赤もはいってます。緑も青も入ってる!

ちょっと感激happy02

今は、全部のかおりを確かめることに夢中…

かおりは使っているうちにとんでしまうので今のうちに嗅いでおかなくちゃ。

ワタシ的には、黒のチョコレートのかおりと緑のメロンソーダのかおりがお気に入りheart01

祖母→父→ワタシと受け継がれてきた(?)文房具好きですが、

ワタシの代で相当チープに成り下がってしまったみたい。

でもこれで、手帳書いたり(もちろん書きあがったものは、デキル女の手帳とはほど遠い)広東語のノートにライン引いたりするのが楽しみ。

2010/01/18

久しぶりに箱根行ってきました

昨夜急に決まった、

箱根山のホテルのサロンド・テ・ロザージュにケーキを食べに行こう!

Image122 お昼の時間に着いたので、ビーフシチューのついたランチセットにしようか、ケーキ+紅茶にしようかさんざん迷った結果、

ダンナはリンゴのパイ。

私はシブーストにしました。

写真はダンナのリンゴのパイです。お店の人が席まできて、きれいにデコレーションしてくれます。おじさんにはもったいないくらいの、ラブリーheart01なデコレーションです。

ここに来たら紅茶について迷うのも楽しみの一つです。私達のケーキは飲み物別だったので、メニューの中から好きなものを選ぶことができます。←選びたいからこのケーキにしたのが正直なトコです。

私はヌワラエリアを頼みました。大手町に勤務していた頃よく通っていた紅茶やさんがいちおしのお茶で(しかも安かった)ちょっと懐かしい気持ちもあってこれにしました。

ちょっと緑茶みたいな渋さがあるお茶で、甘いケーキを食べるときにはぴったりです。帰りに茶葉も買いました。

ホテルは、リニューアルのため4月までお休みですが、

ここはフツーの営業中。

芦ノ湖がキラキラしていて眩しいくらいでした。

窓からの景色もおすすめです。

受け取りましたけど

結局荷物は日曜日の9時ちょっとに届きました。

配達予定日お知らせっていうのは一体なんだったのでしょう。

これじゃあまりに意味なしです。ほんとはこの時点で時間指定ができるから、

私が時間指定したらどうしてたのだろう?

しかも予定として送った日には配達できない旨はお知らせが来ないのね。

むこうからしたらあくまで『予定』ですからってことなのかもしれないけど。

で、この話には続きがあって、

配達の人が帰ってしばらくしたら、

『不在通知お知らせメール』が届きました。

さっき、私が受け取った荷物は何?

きっと、配達の人の端末操作と直結しているんだろうけど、

もっと慎重に操作してください。

はうー。

2010/01/16

荷物が届かない

某宅配さんから配達予定通知のメールがあり、

メールには、今日荷物が来るとあったのですが、

結局来ず。

伝票NOで追跡したら、15日の夕方に名古屋から担当営業所に向けて発送されたところまでは出ましたが、その先は更新されてません。

なんだこりゃ?

ユーザー登録した方がもっと追いかけられるのかと思って、登録までしたのに。

一体どんなルートを使って名古屋→首都圏を運んでいるのだろうか?

しかもここ宅配BOXを絶対使ってくれないし。

あー不便だ。

2010/01/15

テキサスバーガー!

テキサスバーガー!

先週末の店舗限定販売の時は近くに食べられる店がなかったので、今日さっそく食べてみました。
バーベキューソースが美味しいです!あとマスタードが効いているのも美味しかった。
でもウェンディーズのハンバーガーもこんな感じだったような…。
いくら美味しくても商売が上手くないとダメなんだなぁとあらためてマックの強さを感じましたわ。

2010/01/12

授業の前に

授業の前に 芝士熱狗。暗誦の宿題。習慣と言う単語がすらすら出てこない。ワタシ的に苦手意識を持ってしまったみたいです。なんか言いづらい…

2010/01/11

喉が痛い!

成田山でダンナの健康はお願いしたけれど、

自分の分はしてこなかったのがいけなかったのか、

週末からずっと喉がイタイcrying

2010/01/05

初詣で

初詣で 毎年恒例の成田山へ行ってきました。さすがに5日ともなると参道も楽に歩けます。ダンナの厄除け祈願をしてもらうのに本堂隣の釈迦堂へ。ここで申し込むと中でお経をあげてもらった後でお坊さんから直接お札を頂きます。 しまった! 寒さ避けのことばかり考えて私はブーツを履いてきてしまったのです@しかもロングブーツ。脱ぐのも履くのも大変でした。おまけに普段全くしない正座のせいで脚が絶賛痺れ中。とほー。

2010/01/03

『海角七号』観ました

20080915010437_2 ミュージシャンになる夢破れ、地元に帰って来た阿嘉。郵便配達の仕事をあてがわれるも、やる気ゼロで日々を過ごしている。モデルになるために日本から台湾にやってきた友子。モデルとしての仕事は来ず、マネージャーのような仕事ばかりでいつもイライラしている。

リゾートホテル前の海岸で中孝介(もちろん本人!)のコンサートが開催されることになり、前座で演奏するために急遽地元バンドが結成され、友子は日本側と地元とのコーディネイター兼通訳をつとめることに…

当たり前ですが、日本と台湾じゃ考え方が違いすぎ、友子は振り回され続けてます。南国気質なのか全てにおいてアバウト過ぎだし、ほんと行き当たりばったり過ぎ。そりゃもうかわいそうなくらい。友子じゃなくても「なんでいじわるすんのよぉ」と、酔っ払って暴れたくもなります。

一方阿嘉は、素人ばかりのバンドにイマイチのめり込めず、かといって仕事にも身が入らず…なんと配達しなくちゃいけない郵便物を自宅のダンボールに溜め込んでますcoldsweats01←それって、犯罪では????

そんな中に、宛名に尋ね所なしの小包が。

それは60年前、終戦で台湾を離れる日本人教師が、帰国する船の中で書いた恋人でもある教え子の知子への7通のラブレターだったんです。

台湾のお家芸(?)と言ってもいいくらいの切ないパートである60年前の日本人教師と台湾人教え子との恋と、友子達現代のパート。二つのエピソードからなり、私は着地点をどうするのか観ていてドキドキしましたよ。どうやってこれを絡めていくんだろうと。

普通に考えてこの二つのエピソードって、共通点と言えば、台湾人と日本人の恋だけです。しかも現代バージョンは、どのへんから友子と阿嘉がそういう感情が起こったのかよくわからなかったし。でも思ってもみなかったところから、知子さんへ60年遅れのラブレターは届けられます。あの日、旅支度をして一緒に行こうとしていた知子さんを置いていかなければならなかった先生の本当の気持ちを知子さんはきっと理解したにちがいありません。

阿嘉と友子にも友子の帰国という別れの時が来ました。でも、これが最後のさよならってわけじゃない。60年前の二人は、台湾と日本の距離とか、日本が支配する立場から追われる立場になったとか、二人の力ではどうにもならない壁があったように思うけれど、阿嘉と友子の間は、もっとずっと近いんだもの。

ステキなファンタジーでもあると思ったし、観て損はなかったとは思うけれど、どうして台湾で新記録を樹立したほど皆が観たのかはちょっとわかりませんでした。

ホントはミュージシャンである阿嘉役の范逸臣はただ今31歳。私は20代前半くらいかと思って観てました。

2010/01/01

新年快楽

日の出前に起きていたので、初日の出でも見ようかと思っていたのに、

うっかり二度寝してしまい、次に目覚めた時にはすっかり明るくなっていました。はふーhappy02

日中穏やかな天気だったので洗濯物も良く乾き(正月早々洗濯してしまったよ)一年こんな感じだったらいいなぁとしみじみ思った、元旦の午後。

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »