お知らせ

  • TBについて
    コメントなきTBには、TB返しはしませんのでヨロシク。 承認制にしました。TB反映されるまで時間がかかりますが、 お願いします。
2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

LINK

  • TaxiRobin
    トニーレオンにおちた瞬間が同じであったというhachinoji7さんのブログ。大好きな明星への愛をひしひし感じます。時々ブログでも紹介される、彼女が作るボードはとても可愛いですよー。
  • 明天会更好 天無絶人之路
    仲良くさせてもらっているchikoさんのブログ。 彼女の目の付け所がサイコー。中華にとどまらず色んな話題が面白いです。私もたびたびお邪魔してます。
  • 私の映画玉手箱-My HONGKONG Dream-
    仲良くさせてもらっているゆみこさんのサイト。映画評や韓ドラ視聴日記など、見るときの参考にさせてもらっています。ブログも必見。

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009/01/28

香港ドラマ『恋するパイロット』17話観ました

ビンセントの妹ココがオーストラリアから来ることになり、イザベルは彼女のために色々用意してますが、ぜーんぶ気に入らず。その上彼女のために新しく買ったベッドが届かず、代わりのものを買いなおしたら今度は配送の人に、「これは特価品なんで、組み立ては含まれてません」。とほほなビンセント&イザベルです。結局どうしたかといえば、サミュエルを呼んで一緒に組み立てを手伝ってもらうことにしました。

ご機嫌ななめの妹の扱いにほとほと手を焼いているビンセントと、ゾーイの気持ちにこたえてあげられないサミュエルの、「いやー、若いもんの気持ちはわからんよ」的トークがちょっと面白かったけれど、笑ってもいられないことになってしまいます。ココもCAの訓練を受けるために香港にやってきたっていうじゃないですかっ!つまりそれは、イザベルと同期ってことで、はやく話してと言うイザベルを前に、もじもじしちゃってるビンセント。まるで浮気でも白状するかのようなビンセントに、妹のココは大激怒。やがて、ココは訓練中さえも何かと難癖をつけ、イザベルを困らせます。

ある日のフライト中、悪天候の上に機長が体調不良に陥り、このまま香港へ降りるか、行き先をマカオに変更するかの判断を迫られます。
ビンセントは、マカオへ変更しようと主張しますが、サミュエルは、この天気は長く続かないからこのまま香港へ降りることを主張。
最終的に副機長のビンセントがサミュエルの言ったとおり香港へ降りることにし、無事にフライトを終えることができました。マスコミは、副機長エライ!って感じになるのですが、同乗していたドナルドが全てを見ていたので、14期生は皆、ビンセントよりもさすがサミュエル!っていう空気…。
もちろんサミュエルはいつも通り、最終判断は副機長のビンセントがしたから、彼の判断が正しかったんだと言ってますが、サミュエルほど人間ができてないビンセントはちょっと面白くないようです。

イザベルは、ゾーイとサミュエルの仲を取り持とうと、二人をピクニックへ誘います。途中で、ビンセントは、妻が過度にサミュエルに関心を持つのがおもしろくなくケンカに。←確かにちょっと関係のあったヨメが、ニコニコしながらこんなピクニックを企画したら、ちょっと怖い。
「オレの老婆は、かなりの無神経????」
サミュエルはゾーイを避けるが、ゾーイはあきらめません。見ているこっちもやややうざっ!って感じです。そんな時、ゾーイが不注意で転んでしまい、両足の感覚がなくなってしまう。

「あ、足が動かないのーーーーーー!」という恐ろしくシリアスな場面ですが、

ゾーイのTシャツに、サイズのタグがついたままなのを見てしまい、
せっかくのシリアスも、爆笑になってしまいました。

ツメが甘すぎるんだよ@TVB。

2009/01/27

天水圍で会った犬

Dsc00104 屏山文物徑を歩いた時に会った犬。

そんなに眠かったら、ちゃんと寝ればいいのに、

なぜか、うとうとしている犬…

鎖にもつながれておらず、このあと気ままに通りを歩いてました。

2009/01/25

香港ドラマ『恋するパイロット』16話観ました

イザベルは、ビンセントに内緒で、CAへの異動願いを出しています。
結婚してCAから地上職はありそうですが、その逆っていうのは???

香港では、仕事と家庭の両立なんていちいち考えなくていいのかもしれません。しかもイザベルったらそんなに家事は得意そうじゃなさそうだし。
料理だけなら、男二人の方がマシらしい。

なんとあのアタが、ゾーイのストーカーと化し、監禁事件を起こします。
しかも、そのせいでサミュエルは腕に怪我までしました。

確か彼は、機長への昇進試験の真っ最中だったはず。

どうするのかな、ビンセントとどちらかって白人の教官が言っていたから、チャンスを逃しちゃうのかな。

ストーカー事件の被害にあったことで、休暇を取っているゾーイに、アイザックとポールは、お誕生日を祝ってもらえと、札幌へ行かせます。

一方サミュエルは、失恋で落ち込むトニーに、年齢差のある恋愛は難しいと言われ、ちょっと考えてます。

私は、トニーが、12歳だったか15歳だったか、とにかくすっごい年下の人を付き合っていたということに驚愕したんですが…トニー役の人ってとてもサミュエルと同期とは思えない容貌なので。並んだらお父さんと娘?ってなりそう。

ここで、ゾーイは、富良野→札幌→小樽という、弾丸ツアーのような移動をこなし、これだけ移動してもまだランチの時間って、どんだけ朝早くからおしゃれしてるんだ!

…また、おかしな鶴の恩返しの妄想…演者は、ジャンユーsweat02

どうやら、恋愛と年齢さは、関係ないといいたいらしい…sweat02

香港ドラマ『恋するパイロット』15話観ました

アイザックとジータの初フライト(と、いってもコックピット見学みたいなものです)は、札幌になりました。

自分がジータと同じフライトじゃなかったことにがっかりするドナルドがしたことは…

これが、韓国ドラマならアイザックを陥れて自分がジータと一緒にクルーとして飛行機に乗り込むところなんでしょうが、

「自分は同じ便に乗客として乗り込む」

と、いうことでした。やはりお金持ちのぼんぼんは違います。シートはもちろんビジネスですよ。

札幌では、ジータにアイザックとドナルドがプレゼントを贈ることになって、

アイザックはオルゴール(お店では、「どんぐりころころ」の棚から取ったのに、曲は「夕焼け小焼け」だった…日本の童謡だったらどうでもいいのか)。ドナルドは、自分とペアになるパワーストーンをそれぞれ贈ります。

しかし、寝坊したジータが部屋に置き忘れていったのは、ドナルドからのプレゼントだった…←そろそろ気づかせてあげたいよ、ドナルドの恋心はジータには届かないって。

フライトから帰ってきていきなり、ゾーイとアタ(前回あたりから出てきている空港ロビーをうろうろしている人)を見かけたサミュエルは、トラブルになっているらしいゾーイをかばうために、彼女は、自分の恋人だと言ってしまいます。喜んじゃうゾーイですが、サミュエルは、とっさにでた一言のようです。ああいう状況だったらフツーそう言うよ男だったら。
でも、なんだかにやにやしちゃうゾーイ。

アイザックの家(もれなくサミュエルもついてくるのですが)にごはんに呼ばれたゾーイは、札幌でサミュエルが女の人に声をかけたとアイザックに言われて大ショック。しかも後日、その人が会社に会いに来たと聞きつけ、仕事そっちのけで(またかよ@ゾーイ)後を追いかけます。

ま、人違いだったというあまり面白くないオチでした。
なんでも、恩師の奥さまだとか。

今回気になったこと。
イザベルとビンセントの寝室にある、ステップの上(寝室に2段ばかりの段差って何?)に危なっかしく乗っているのは、クローゼットなのかどうかということです。

2009/01/22

ビールがほしい

広東語の帰り@ライナー乗車中。がんがんに暖房が効き過ぎてます。あービール飲みたいくらいです。省エネどこ吹く風ですよ。コートも脱げず、汗かき中

2009/01/21

雨の日が待ち遠しい

雨の日が待ち遠しい
新しい長靴が、届きました。今まで雨の日に履いていたL.L.Beanの靴が雨漏りするようになってしまい、捜していたのですが、長靴って子供用だと19センチくらいまでしかないんです。ネットショッピングで検索すると私が履けそうなものは、ほとんどの店で売切れでした。いつ頃だったら在庫がたくさんあったのでしょうか?さて私が買ったのは、ベルメゾンでした。オフィスサンダルもここで買ったので、小足の私にはありがたい存在です。

2009/01/19

『葉問』観ました

Ipman 大晦日の映画館を甘く見ていました@香港。

空いているのは一列目と、観やすそうではあるけれど並んでは座れない席…

ドニーイェンのアクションを観たいなら、このさいダンナと一緒じゃなくたっていいんじゃー!!!!

と別々の席を指差した私に、チケット売り場のおねえさんは苦笑してました。

えぇ、普段は仲良しと言われている私達ですが、既にアラフォー。そんなことで、映画を観るのを止めたりはいたしませんことよ。

舞台は、広東省仏山。武術の盛んなこの街には道場が沢山あり、皆日々研鑽しておりました。そんななかでも葉問は、弟子は取らず、毎日武術のことを考えていられれば幸せな人です。とはいえ、「お手合わせを!」とやってくる人を無碍にもできず、そんな時は、家中の窓という窓を閉め切って、手合わせをしています。(向こうが負けたのが、近所の人にばれないようにしてるのだ)

ある日、文字通り道場破りが街にやってきて、次々に道場を叩きのめして葉問の所にもやってきます。奥さんは「もの壊したら弁償よ」と言い残していくものだから、花瓶なんかを壊すたびに道場破りが「弁償する!」って叫ぶのにオオウケ。その上、三輪車に乗った葉問の息子が「ママが物壊しちゃだめだってー」と言いに来たりして、緊迫した中に可笑しい部分があって場内爆笑でした。

木製の練習相手に『老婆大人』って墨で書いてあってそこでも皆大笑い。

日本軍が中国にやってくると、どうも地主らしい葉問は家を追われ収入も絶たれ、サイモンヤムが演じる友達が、自分の仕事を一緒にやらないかと誘うのを断り、炭鉱へ仕事に行くことに。そこで軍人の佐騰(日本人からしたらちょっっとヘンな苗字)が、腕のたつものを探しにきます。佐騰の上官三蒲(なんと池内博之!)が、日本の空手と中国の武術どっちが強いか試したいってことで、自分の部下と闘わせ褒美にコメをやる、みたいなことしているのです。負ければ当然生きては帰れません。

一方、かつて道場破りだった一味はいまは強盗になり、サイモンヤムの工場にも金を出せーとやってきます。そこで従業員全員で考えたのは、葉問に功夫を習うこと!!!!!

老若男女、やせているひとも太っているひとも皆一列にならんで、「ふっ!はっ!」←ここも場内オオウケ。

三蒲は、空手バカらしく、まぁ許容の範囲の性格ですが、感じ悪いのが佐騰!中国人の憎悪一手に引き受けてしまうくらい嫌なヤツ。

一番強いという葉問に、日本軍に功夫を教えるか、さもなくば死ぬかという要求を突きつけます。

葉問と三蒲の真剣勝負がはじまります…

いやーこれ面白かったけど、日本に来なさそうです。
日本軍の横暴さを際立たせてるし。
でも、中国人としての誇りを傷つけられ、怒りに燃える葉問の姿にはどんな人でも共感すると思います。

ドニーイェンは、あまり表情を変えないけれど、立ち振る舞いで語る男といった感じ。息詰まるシーンの連続かと思いきや、かなり笑える部分もあったし。

私は、巡査から日本軍通訳になった李役の林家棟(また彼の映画観たのか@私)が予想外に良かったです。皆に裏切り者呼ばわりされてるけど、彼は家族を養わなくちゃいけないし、時には、日本人たちがあまりに失礼なこというので、言ってることと違うこと通訳してたりと、色々葛藤する部分もあり、演技もさることながら日本語頑張ってたのも高ポイント!

葉問は、その後香港に脱出し、定年までカオルーンホテルに勤めていたそうです。

2009/01/18

香港ドラマ『恋するパイロット』13話&14話観ました

訓練はますます高度なものになっていき、資格試験合格を目指した飛行訓練にはいりました。

優等生のジータは心配性がたたり、乗り物酔いの薬が手放せず、ドナルドは、もともとパイロットになろうとした理由が不純だったため、いまいち皆についていけない様子。そんな彼は、クリスにそんな理由でパイロットを目指すのはよくないと言われてしまいます。もともとドナルドはパパが会社を経営しているので、こんな苦労しなくてもいいっちゃいいんです。

アクロバット飛行の授業でアイザックはまた自分勝手な行動を取り、サミュエルから2週間の謹慎処分を受けてしまいます。ぶーたれるアイザック。もともと乗り物酔いするドナルドは、エチケット袋片手にしょんぼり…そんな時、皆は、ぶーたれるアイザックよりもドナルドを心配しますが、ジータがやってくると、気を利かせて「アイザックを慰めにいくかー」と席を外してあげるのでした。

くぅー、なんていい人ばっかりなんだ第14期生は。

そして、彼らは、わがままアイザックのことも忘れてはいません。彼らの助言で、サミュエルを仲直りができました。

一方香港の空港では、搭乗予定の妊婦がロビーで産気づき、なんとそこで出産!救急車も間に合わないほどスピーディーに出産しちゃうなんてもうビックリです。立ち会ったイザベルとゾーイは、感激しきり。←でも、妊婦さんて搭乗に制限あるよね、きっと。そういうのにひっかからないくらいまだ早くて生まれちゃったらそれはそれでキケンだと思われ…

訓練生たちは、自分たちでフライトプランを立て、飛行訓練をするという課題を与えられます。ジータ、ドナルドとチームを組むことになったアイザックは、1人で飛ぶことを主張しますが、3人で足りない所を補いながら協力するようサミュエルに言われ、しぶしぶ納得。なにかと気がかりなことが多く、アイザックを心配するサミュエルにトニーは、「自分達もそうだった。見守ってやれ」とアドバイス。

トニーって人は、役割として派手なシーンとかないですが、要所要所でいい味出してると思います。この人ってはっきりと落ち着いた声で話すので、妙に説得力があるし。

フライトプランに沿っての3人の飛行訓練は、悪天候、燃料が届かないという、「計画通りに、現実はいかない」の典型になってしまいました。しかし、飛ぶかやめるかの判断も3人でしなくてはなりません。そこで、あえて飛ぶことにした3人を待っていたのは…

いくらなんでもひどすぎる悪天候だった…

雲の中10分も飛んでたって…メルボルンってそういう気候のところなのかしらん?見せ場作りたかったのかもしれませんが、わーわーやってるうちにラッキーなことに雲が晴れるって、技術の見せ所まったくなし!でした。

あーがっかり。

ラストは、14期全員が無事、試験にパスしパイロットへの第一歩を踏み出したのでした!

2009/01/17

 『007 慰めの報酬』観ました

前作『カジノロワイヤル』が面白かったので、そのちょうど一時間後から物語が始まるとは、観てみないわけにはいきません。

と、鼻息荒く近くのシネコンへ、ダンナと出かけてきました。

年齢層高し…

冒頭から、めまぐるしいカーチェイス。アストンマーチンとアルファロメオが、ベコベコになるほどの激しいものですが、あまりのスピード感に目がついていけません。

舞台はシエナへ。ここでもジャッキーチェンもびっくりのアクションが展開され、

息つくヒマも与えてくれません。

前作で、恋人になったジャスパーは本当に自分を愛していたのか?という思いを抱えているボンド。

信頼していた部下に裏切られるM。

そして舞台は南米へ。

途上国の環境問題を憂うふりをしながら、実は貧しい国の人たちから搾り取ろうとしているドミニク。

復讐のために、ドミニクに近づくカミーユ。

ロケ地のために、文字通り世界中を探し回ったというだけあって、

南米の雰囲気むんむんの場所が沢山でてきます。

ボリビアっぽい感じをだすために、あちこちで登場する三つ編みにフェルト帽の人たちは、何時間もかけて撮影のために通ってくれた現地の人たちだそうです。

印象的なシーンは、砂漠の道を正装して歩くボンドとカミーユのシーンでしょうか。あと、天文台に来る研究者のための宿泊施設とか。

信頼と裏切りが随所に出てくるこの映画、最後は、すとんと納得できました。

ダニエルクレイグ、なにがどうとは説明できないですが、ものすごいかっこよかったです。

2009/01/16

shoe girl の靴来ました

いつもは、3週間待ってねheart01と言いつつ、もうちょっとかかったりしますが、

今回はもう来ました。

速かったなぁ、今月は旧正月が来る関係で、手早く仕事をすませているのかもしれないですね。

Image004 夏にも1回行っているので、(年に1回はこの店行ってる…)

「誰か香港に住んでいるの?」って聞かれました。

それから、今回行かなかったうちのハハについても「お母さんは?」って聞いてたので、我が家はお店の人に覚えられたみたいです。

さて、今回も2足オーダーして、出来上がったのがこれです。

右は、以前作ったものが履きすぎてボロくなったので、当日履いていき「これと同じの作って」と頼みました。

できあがってきたら、中が金色でびっくりしてけれど、『隠れたところが派手!』なので、気に入りました。

左は、お店の人がどこからか持ってきたサンプルが気に入ってオーダー。

実際のものは、濃いピンクのベロア素材×つま先が黒のエナメルでした。

私のは、金のスパンコール!

誰かがすでにオーダーしたものの画像を見せてくれて、

その中にシルバーのスパンコールのものがあったんです。

手持ちの服のことを考えたら、シルバーよりも金かなー、と。

スパンコールのは、金、銀、黒の3色で作れるって言ってました。

サンプルよりずっとおしゃれでかわいいものがたくさんあるので、サンプルがどうもぴんとこない場合は、この画像を見せてもらうといいと思います。

ちなみに、右は630HKドル、左は、780HKドルでした。

2009/01/13

香港で朝ごはんその2

今回は2泊3日の滞在。

ということは、朝ごはんは2回だけしか食べられません。

最後の日の一食をどうするか…

行く前からいろいろ考えていたものの、

結局

映月楼に行ってしまいましたcoldsweats01

何年ぶりだったのかなー@映月楼。

窓際は満席でしたが、

一応、ビクトリア湾がよく見える席に通してもらいました。

昨夜、あんなに人手があったのが嘘のような穏やかな朝です。

Dsc00135 たまには違ったものを注文してしようと、

ガイドブックによくでている動物点心を頼んでみました。

豆沙墨魚仔です。

あんこがはいったものなのに、付け合せに野菜がついている…

味は…一度食べれば充分でした。

もっとあんこが入っているか、生地がさくっとしているか…

なんだか寝ぼけたようなものでした。

まぁ、動物点心は、どこでもやっているわけではないし、

話のたねには、いいと思います。

こうやってブログのネタになっているわけだし…

2009/01/11

香港で朝ごはんその1

以前は、ホテルの朝ごはんを食べていましたが、最近は、外に出ることが多くなりました。

我が家が好きなのは、澳門茶餐廳です。

今回泊まったのが、朗延酒店だったので、楽道のお店に行きました。

相席になることも多いこのお店ですが、

まあ適度に空いていて、4人掛けのBOX席に座りました。

Dsc00088 夏に行った時(銅鑼湾のお店)とは、ちょっとメニューが変わっていて、

我が家の定番、ミネストローネ+豚肉バーガーはもちろん健在でしたが、

菠蘿油のセットができてました。

今回食べたいものの一つだったので、迷わずオーダー。

ふかふかのパンと、冷静になって考えるとびっくりする量のバターの組み合わせが、好食!

たまにガイドブックに、パイナップルのほのかな味がするって書いてありますけど、あれって、日本のメロンパンと同じ発想の名前ですよね。(今、メロンパンは、けっこう果汁入っているものあるけど。)

コレに、港式ミルクティーつき。

朝は、がっつり食べなくていい人にはぴったりの朝ごはんでした。

2009/01/08

香港ドラマ『恋するパイロット』12話観ました

香港では、ゾーイの従兄のポールが、ルビーと急接近。
イザベルが引っ越した後に、ゾーイと下宿することになりました。
おっとりしてると思いきや案外策士なポールです。

ルビーの家に引っ越した晩、ゾーイは、サミュエルに何度目かのメールをしました。

ゾーイのサミュエルに対するやさしさって素敵だとは思うけど、
サミュエルには、ちょっと幼すぎるんだよなー。
だから、メールの返事もおじさんから姪っ子にあてたみたいなメールだよ。

訓練生たちは、もうすぐ筆記試験。
みなそれぞれの方法で頑張っていますが、アイザック一人がまだ模索中(って明日だよ!試験)そんな弟にサミュエルは、成績優秀者だけがもらえる記念のバッチを贈ります。サミュエルが中国人で初めてもらった価値のあるものです。その気持ちを受けて、頑張るアイザック。お礼のメッセージカードを届けにいくと、PCには試験問題のファイルが!

試験の結果、アイザックはトップの成績で、かえって不正を疑われる羽目に。いつものように、ふてくされるアイザックを同期たちは、サミュエルがいたからこそ、疑いを晴らすチャンスが与えられたのだと諭します。再試験でも良い成績をとり、アイザックへの疑いは晴れますが、今度は、サミュエルが自分は教官としてふさわしいのかと、一旦香港へ戻って検討してもらうと、香港へ。

そんな彼を香港で待っていたのは、パパとママのしょーもない夫婦ケンカと、新婚のビンセント&イザベルでした。食事会に招かれ複雑な気持ちでゾーイと新居に向かいます。

このドラマ、なんか物足りないと思うのは、きっと出てくる人、皆いい人だというところみたいです。アイザックの同期にも彼の成績を妬む人は一人もいないし、再試験後も皆で「疑いが晴れてよかったね」と乾杯しちゃうくらいですから。

サミュエルが特にそういうキャラ。もっと、ドロドロした感情があってもいいと思うけど。

香港ドラマ『恋するパイロット』11話観ました

今週から、このドラマは週2回深夜での放送です。

追っかけるのがタイヘンになってしまいましたsad

いくらゾーイが二人が別れてしまったのがお互いの誤解によるものだったとイタリアから知らせてくれても、いまさらどうせっちゅうねん!なサミュエルです。皆が楽しくパーティーをやっている隅っこでワインをヤケ飲み中…。イザベルもまた、偶然スーパーで会ったビンセントの元カノであるミミから、フィレンツェでの別れ話や、サミュエルが会社で小切手を切ったのは、ビンセントのためだったことを知ってしまいます。

がーん、がーん。

どうせ知るなら、元カノからではなくビンセントから直接聞きたかったにちがいありません。そしてもっと言うなら、

親密になる前に教えてくれ

というのが彼女の本音でしょう。混乱した彼女は、サミュエルのところへ。
二人のこれからを思ってか、サミュエルは、やさしくイザベルを抱きしめてあげるばかりです。←ここのやさしさが絶対損してると思う@サミュエル。

ビンセントは、イザベルが真相を知ってしまったことに動揺し、もう自分の元には戻ってきてくれないのではないかと心配してます。元プレーボーイのはずのビンセントですが、こんな修羅場はくぐってきていなかったらしいです。イザベルが遅くに帰宅したときの彼の顔ったら!既に遅すぎな感じではありますが、イザベルに説明して、それでもイザベルを夫婦として幸せになりたいと。

2009/01/07

新規開拓

Dsc00083_2  30日の夕食は 加寧街にあるGalano cafeに、行ってみました。

最初に通されたのは、入り口に近い席でしたが、窓際が開いたらそっちに換えてくれました。

アラカルトももちろんありますが、初めてのお店なので、とりあえず、セットディナーとオーダーすることにしました。セットディナーは、4品のものと、前菜、スープ、メイン、デザートの中から3品というものの2種類あって、私達は3品の方にしました。飲み物は、ダンナはビール、私はライムペリエ。

お店は、木が沢山使ってあり、落ち着いた雰囲気。
テーブルのランプが、あたたかい感じで、カップルやお友達と和やかにごはんするにはピッタリだと思います。

ただし、ウエイターはおじちゃんですが。
このおじちゃんがいい味だしてます。

頼んだもの

前菜は、リンゴとサーモンのサラダ。

メインは、ダンナ→子羊のロースト。私→シーフードラザニア。

デザートは、ティラミスでした。

ラザニアは、クリームがけっこうこってりしており全部は食べ切れませんでした。中にたっぷりシーフードが入っていたのも、お腹いっぱいになった原因かも。

ティラミスは、逆にスポンジの上にチーズクリームが塗ってある感じで、ディナーの最後にちょこっと食べるのにちょうどいいかんじでした。

お会計は、477HKドルでした。

実は、私達の隣の席は、お店の人の友達か家族が食事をしており、
時々マダムや他の人が、席に座ってワインやサラダなんかをつまんでました。

こういうのがダメな人はここはダメなのかも。

我が家にとって、SOHOの憶江南のような、必ず行きたいお店になるかはわかりませんが、気取らない雰囲気で、意太利菜が食べたいときには使えそうなお店です。

2009/01/04

いまや人気者

『恋するパイロット』は、香港では2003年ころ放送されたドラマ。

で、香港行って驚いた!

クリス役のボスコ・ウォン(黄宗澤)くん、大人気です。

私は、香港ドラマはあまりチェックしてないのですが、

TVBの人気者のようで、

大晦日のカウントダウンにも呼ばれていた(ちなみに司会は、トニー役の人)

HMVでも彼のCD並んでました!!!

夏に行ったときは気がつきませんでした。

さすがに6年くらい経っているので、ドラマよりずっと精悍な感じになっており、

イケメンさんです。

あと、俳優じゃないけど方大同も…

彼が何者かまったくわからないままMTVで流れていた曲が良かったのでCD買ってきました。

まだ未聴だけど。

2009/01/01

新年快楽

昨夜は、チムにいながらもあの人ごみにびびってしまい、

ホテルのTVでカウントダウンを見ました。

カウントダウン→花火→もっと盛り上がり…を想像していましたが、

案外、あっさりビルは消灯!って感じで拍子抜け。

とりあえず、金鐘のAMCで『葉問』を見てきました。

満席で、二人ばらばらの席でしたが、かなりおもしろかったです!

2009年、今年もぼちぼちやっていきます。

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »