お知らせ

  • TBについて
    コメントなきTBには、TB返しはしませんのでヨロシク。 承認制にしました。TB反映されるまで時間がかかりますが、 お願いします。
2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

LINK

  • TaxiRobin
    トニーレオンにおちた瞬間が同じであったというhachinoji7さんのブログ。大好きな明星への愛をひしひし感じます。時々ブログでも紹介される、彼女が作るボードはとても可愛いですよー。
  • 明天会更好 天無絶人之路
    仲良くさせてもらっているchikoさんのブログ。 彼女の目の付け所がサイコー。中華にとどまらず色んな話題が面白いです。私もたびたびお邪魔してます。
  • 私の映画玉手箱-My HONGKONG Dream-
    仲良くさせてもらっているゆみこさんのサイト。映画評や韓ドラ視聴日記など、見るときの参考にさせてもらっています。ブログも必見。

« 『私たちの生涯最高の瞬間』観ました | トップページ | 金鐘の駅にて »

2008/08/11

『対決 巨匠たちの日本美術』に再び行ってきました

Taiketu_3   展示換えがあるというので、もう一度行ってきました@東京国立博物館 平成館。

券売所には、入場制限10分待ちとありましたが、待たずに入館できました。

今回は、『豪華声優陣による音声ガイド』500円也をかりていざ、出発!!!!!

前回は、とにかく全部を見なくてはと焦っていたせいか、「あれ?こんなのあったっけ?」と思うものも。(展示換えでなく単なる前回スルーだったらしいです)音声ガイドがあると、両人の特徴が良く現れた作品を自分の好みのものでなく立ち止まらせてくれるので、じっくりみることができました。

雪村の『蝦蟇鉄拐図』と蕭白の『群仙図屏風』には、同じがま仙人が描かれている、なんて一人で見てたら気づかずスルーに違いありません。

俵屋宗達と尾形光琳の『風神雷神図屏風』は今日からの展示で、これをいっぺんに見ることができたのは、ラッキーだったと思いました。(「風邪に改源」のアレです)

お目当てはなんといっても若冲の『旭日鳳凰図』です。
美しい羽を持った鳳凰が画面いっぱいに美しい色彩で描かれ、圧倒されました。
若冲は、お金持ちだったので絵の具も高いものを存分に使うことができ、そのおかげで色あせも少なく、200年近くたった今も当時のままではないかというほどの鮮やかさです。

これが、はげはげのものしか残っていなかったらここまで惹きつけられなかったような気がします。

同じ展覧会を2回見るなんて初めてでしたが、2度目はじっくりみることができよかったです。

Taiketu_001 次に見たいのは、これ!

『大琳派展 継承と変奏』

展覧会公式HP http://www.rinpa2008.jp/

« 『私たちの生涯最高の瞬間』観ました | トップページ | 金鐘の駅にて »

美術展」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62984/42139971

この記事へのトラックバック一覧です: 『対決 巨匠たちの日本美術』に再び行ってきました:

« 『私たちの生涯最高の瞬間』観ました | トップページ | 金鐘の駅にて »