お知らせ

  • TBについて
    コメントなきTBには、TB返しはしませんのでヨロシク。 承認制にしました。TB反映されるまで時間がかかりますが、 お願いします。
2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

LINK

  • TaxiRobin
    トニーレオンにおちた瞬間が同じであったというhachinoji7さんのブログ。大好きな明星への愛をひしひし感じます。時々ブログでも紹介される、彼女が作るボードはとても可愛いですよー。
  • 明天会更好 天無絶人之路
    仲良くさせてもらっているchikoさんのブログ。 彼女の目の付け所がサイコー。中華にとどまらず色んな話題が面白いです。私もたびたびお邪魔してます。
  • 私の映画玉手箱-My HONGKONG Dream-
    仲良くさせてもらっているゆみこさんのサイト。映画評や韓ドラ視聴日記など、見るときの参考にさせてもらっています。ブログも必見。

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007/01/31

ボアシーツのこと

我が家はスペース上の問題もありふとん派です。

冬は寒いのでボアシーツ(しかも昔ながらのフラットシーツがすき)を使っていますが、
最近、ダンナのシーツが、ボアの毛が抜けて、ハゲハゲになっていることに気づきました。
寝ているときの寝返りが激しいのでしょうか?ちょうど背中の辺りがのボアがもののみごとになくなってます。

そろそろ新しいものに買い替えようかと、スーパーの寝具売り場に寄ってきましたが、
ボアシーツで、フラットなものは売ってませんでした(涙)

そうだ、通販があるじゃないか

普段インテリア関係のカタログは、あまり活用してないのですがひっぱりだしてみました。
有効期限もまだ先です。

あれ?

フラットシーツどころか、ボアものは敷布団カバーしかありません。

我が家では、敷布団+敷布団カバー+シーツなのですが、
ボアがついているということは、敷布団+敷布団カバーということですよね。

そうか、世の中の人はそういう風に使っているのですね。
母にもきいたところ、我が家では長年、敷布団カバー+シーツのようです。

シングルサイズ、2980円也。
買ってみようかな。


全周ゴム付の、フラノシーツは縮んでしまったのか取り付けようとしたところ、
大きさがまったく合いませんでした。

今晩もダンナは、ハゲハゲシーツで寝ています。

2007/01/30

風太くん






千葉市動物公園に行ってきました。ライオンやトラのような猛獣はいませんが、なかなか楽しめます。わたしの好きなカピパラもいたし。写真もカピパラの方が動かないのでたくさん撮れました。(あまりに動かないのでどれも同じように撮れていました)公園というだけあって園内は広く、歩きがいがあり、最近あまり沢山歩くことがないのでちょっと疲れました。
もちろんシセンレッサーパンダも見てきました。こども達は部屋の奥で眠ってましたが。砂地に腹ばいでうとうとする姿や、屋根に上がっている姿をのんびり見るのは楽しかったです。たぶん、このコが風太くん、です。尻尾が短いのが特徴だそうで、二匹のうちこっちの方が尻尾が短かったので。


2007/01/28

雪完美のリップクリーム


お出かけにはいつもリップクリームを持っていく私ですが、うっかりものなのでしょっちゅう出先で買っています。これも香港で購入。ただホテルに忘れてきただけですが、持っていないと気持ち悪いので。たしか6香港ドルくらい。ワゴンに山積みでした。雪完美はテレビでCMをやっているので香港ではメジャーだと思われ。いつもは、味や香りにこだわらないですが赤い箱のミルクキャラメルの香りがします。するするのびて使いやすいです。

宮 21&22話

チェギョン、やっちゃいました……

シン君がすばらしいフォローをしたものの(番組観覧のおばちゃんの中には涙する人も)、王様は大激怒です。
味方になってくれなくちゃならないはずのシン君も、王子様のプライドを傷つけられて突き放します。ここで批判の矢面に立てばチェギョンの不安も全て解決、のハズなのだけど。
一度おさまったはずの深夜の密会の相手のことが再燃。
ユルママは息子に騒動の火の粉が降りかかってはタイヘンと、チェギョンに席藁待罪をアドバイス。
ムシロに座ってひたすら許しを請うチェギョン。

ユル君、とうとう皆の前で自分の気持ちを告白してしまいます。驚く一同。
しきたりを破ろうとしているユル君をシン君は責めます。……シン君そんなに心配なら会いに行けばよかったんだよ、コン内官も言ってたじゃない。同じページ何時間も読んでるって。
王様も誰に怒っているのかわからない状態だし。
あんなことしたチェギョンなのか、チェギョンのこと心配していない(風に見える)シン君になのか。
案の定、チェギョンの心はシン君から少し遠くなってしまいました。

シン君とユル君、タイプが違うけれどチェギョンを好きになってしまったきっかけが同じこと言ってるのよー!!
今回の21&22話って、これぞ韓国ドラマ、って感じのセリフが多い。


あぁ、ユル君宮中、追放。
一緒に来てくれる?ってきいたら、2500万年後の話されちゃったよ(涙)
チェギョンが出て行った後涙するユル君。


あー、大事件だ、大事件。
しかし、誰かの陰謀なのかな。ケータイからのメールってあれはたまたまできたことだと思うんだけれど。

毎回、毎回ユル君の胸元にぶらさっがているアレが気になる。
ワタシ的には、ダメだしたいんですが。

2007/01/25

春のワルツ 15話

イナはジェハが自分の知っているジェハではないことに気付きます。
だまされていたことに憤り、怒りをぶつけるイナ。
ジェハは、スホを捨ててジェハとしてウニョンを愛する決意をウニョンのお母さんの墓前に誓いますが、ウニョンの「恨んでいる」と言う一言から、ウニョンにそとけない態度に出ます。
幸せからどん底につきおとされるウニョン。そんな彼女をいたわるフリップ。
自分に決して振り向くことがない彼女の唯一の味方がフリップ。こんないいオトコに少しも心が動かないなんて、縁というものは本当に不思議なものです。

真実を知ったイナは、ある意味復讐を始めます。
ジェハ、イナの悲しみをわかってあげて欲しいよ。彼女がどんな気持ちでこんなことしているのかを。
くしゃくしゃにした写真をまたのばすイナがなんとも切ないです。
ジェハに関わったばかりに不幸街道まっしぐらなイナ&ウニョンがかわいそうだ!

2007/01/24

アメノナカノ青空

病気のために人生のほとんどを病院で過ごしてきた女子高校生と階下に越して来たカメラマンの青年のラブストーリー。
はっきり言って途中で展開が読めてしまう。
そんなに偶然は重ならないし、いいことばかりあるはずもない。
もしかしたら彼女も日記を読んだ時点で全て知ってしまったのかもしれない。
見ていて彼女のキャラ設定がそこまでしなくてもというくらいカワイソウなのだ。
他人とは交わらない彼女だが、それはあの横断歩道の彼に、死んでしまった女の子が遺したものが悲しすぎると感じているのと同じ理由だと思う。
思い出が沢山あると、残る人が悲しい気持ちから逃れられないから。彼女はそう考えていたにちがいない。

ラスト、残された者はどう生きていくのか、それは決して不幸ではないと思わせてくれる。
イムスジョンがあまりに幼い印象なので、キムレウォンが「おじさん」なんてかわいそう過ぎる呼び方されていても違和感なかったが、実年齢はイムスジョンの方が年上らしい。

2007/01/23

ペニンシュラホテルのマンゴージャム

ちょっと変わっているジャム、ということで買ってみました。
今までは瓶詰だったのにこれはジャー式。
前回、通常の瓶詰めのストロベリーはかなり固くて、ジャムというよりゼリーぽかったですが、これは瓶の中でジャムが動き回ってます!
わくわくしてパンが焼けるのを待ちながらジャーのふたを……開きません。
ひぃー!開かない、開かないと力づくで引っ張ったら、中身が飛んでしまいました(号泣)
黄色い液体がちょっとホラーちっくなくらい。
お味はですね、かなり酸味が強いです。かの地で食べるデザートなんかの味を想像して食べるとちょっと裏切られます。果物だから個体差もあるし、それだけ自然に近い味ということでしょう。
角切りの果肉も入っているのでいつものトーストがおされになることは間違いなしです。

2007/01/21

宮 19&20話

どうしてチェギョンは、シン君のあれやこれやな態度がユル君に対する嫉妬だと気づかないのかなー?
と思う今日この頃。
そのことが分ればケンカも行き違いも全てなくなるので、ドラマとしてはおしまい、ということになってしまうけれど。
観ていてチェギョンがあまりに可哀想だし、自分の思いが空回りしてイライラしてるシン君もかわいそう。

宮中の生活には慣れないうえに、学校帰りの買い食いのようなフツーの高校生活も送れない毎日に、だんだん疲弊していくチェギョン。
そんな様子を見かねて、こっそり里帰りをさせてあげるシン君。
おぉ、やさしいじゃん!宮中で彼女を守れるのはキミしかおらんのだよ。ユル君に嫉妬している場合じゃないのさ。
「手を絶対離すな」って、ぶっきらぼうだけどいいヤツだよ@シン君。

しかし……これが裏目に出てしまい、大問題に。

ここでシン君が「お前のせいで怒られちゃったじゃないか」的発言をしなかったら、もっと違う展開になってたと思うけど、なにせ『王子様』なんで……

言い争った後、深夜の街に一人車を走らせるチェギョン。
たまたま見かけてしまったユル君。

追っかけないわけがない


あー、もうこれでますます問題は複雑化していく。


ヒョリンをユル君王様計画に利用しようとしていたのに、それがダメになって次の手を考えているユルママ。
王様より愛する人といることを選ぶというユル君の発言に激怒。
シン君の思い出の場所改装計画にも激怒して、脳の血管切れそうな勢いです←かなりコワイ。

シン君は、自分の父親と過去に何があったか気づいてるもんね。

国民支持率下がりっぱなしの今をなんとかしようと、テレビでのインタビューを皇太子夫妻に受けさせることにします。ここで仲の良さをアピールし、いろんな噂を払拭しようという計画です。

着々と準備が進むなか、ユル君はチェギョンに、ものすごいことを提案してます。
どうすんのー?チェギョン。阻止できるかシン君。

立ち聞きするなら、話は最後まで聞きましょう@あわてん坊夫婦さん。

2007/01/20

初雪

言葉通りの大寒の一日。積もることはなかったけれど初雪が降りました。あまりに寒いので、恐ろしい姿で一日過ごしてしまいました。着ているもの全て、アクリル素材。そのうえブランケットもアクリル。あまりに寒いので、もう寝ますzzzz

2007/01/19

そろそろ広東語

千葉に引っ込んだことで今までの教室は通えなくなり、進級できませんでした。仕事もペースをつかんできたし、ダンナの病気も落ち着いているので、そろそろ再開したいと思っています。が、なかなかお財布と通学時間のバランスが難しいです。職場から近い所は半年で12万円かかるようです。少人数でゆっくり勉強できる所ないですかね。

春のワルツ 14話

だんだん周りの人達はジェハとウニョンの本当の関係に気付き始めています。
そんなことには少しも気付かずジェハもチョンサン(青山)島へ向かいます。
隣りの部屋同士で電話する二人の姿に「大した防音もしていない部屋であんな風に電話したら丸聞こえ」とつっこんだ私は、監督の美しい世界に土足で踏み込む乱暴者かも。

とうとうジェハは、目の前にいるウニョンが探し求めていたその人だと気付きます。
しかし、彼女からでた言葉は彼にとって簡単に名乗り出れないものでした。一方、イナもジェハに対する疑惑がふくらんでいます。仕事にかこつけ、チョンサン(青山)島にやってきました。

ここまでジェハの人生を縛り付ける大人ってなんなの?
言い方悪いけれど、お金で人生買われちゃったじゃない。
自分たちのために、貧乏人の子供がどうなったっていいんかい。きれいな服着て、ピアノまでやらせてあげたんだから言うことをきけと言わんばかりです。なんだか二人の恋の行方より、こっちの方がどうなるのか気になります。

2007/01/17

案外良かったもの






母と妹が茉莉花茶のファンで100個入りを何箱も買ってくるのをみてたので、今回鉄観音を買ってみました。気軽に飲むことができて重宝してます。とりあえず25個入りを買ってきましたが、あっという間になくなりそうです。


2007/01/15

手放せません

手放せません


祖母が近所の洋品店(イナカなんでそういうお店があるのさ)で買ってくれたフリース素材のスカート?今まで膝掛けをぐるぐる巻いていたのですが、それより断然温かい。しかもゴム入りだからずり落ちない!
あぁすばらしい。しかし会社用にもう一枚買ってくれるというのはご辞退致しました。

2007/01/14

宮 17&18話

最初の方がカットされているのか、いきなりシン君がホテルに匿われているヒョリンの元を訪れるところからスタート。
彼は、何故かヒョリンには何度もチェギョンへの思いを口にするのに、本人には一度も言ってません。
『言葉じゃなくてもキモチは伝わる』って思っているのか、王子様は極度の照れ屋さんなのか。
スルドイ女の子ならそれでもいいけど、そうじゃないでしょうキミの好きなコは。

案の定、ヒョリンに会ったことと、警察に話を聞かれたことで、心配したチェギョンはものすごーく心配しているのに、自分は話の外で、なんともせつないキモチでいっぱい。
こんな時こそ、シン君キミが一言言えば全ては丸く収まるのに……
でも、ここで言ったらお話が終わっちゃうか。

ユル君の誕生お泊り会に友達皆と参加する2人。
えっとメンバー見たら、全員シン君&チェギョン関係なんですが……

パンツ事件なんてオバカエピソードを挟みつつも、シン君のこと何も知らない自分に、落ち込むチェギョン。
そりゃ、ダンナの元カノに「○○くんは、△△が苦手だったわよねー」なんて別のもの差し出された日にゃ、ヨメとして落ち込むよりも血の雨が降りそうなものだが、

落ち込んでます

そんなに落ち込むならチェギョンよ、シン君に色々聞いてみればいいじゃないの。
オバカビデオなんか撮ってないでさ。

それから、立ち聞きするなら最後まで聞きましょう。
ものすごい愛の言葉を聞きそびれたのだよーキミは。


今回のギモン。
もうすぐ高校卒業で、最初で最後のお泊り会だったのだが、
「もうすぐ社会人だー」って。
日本と韓国では社会人の定義が違うのか?
あのメンツでは、皆進学であろう。
それとも『百万長者の初恋』でも出ていた、住民登録証がもらえるということ?

2007/01/12

春のワルツ 13話

皆の前で愛しているのはウニョンだと宣言してしまったジェハ。
そんな目でみるせいかすっきりしてます。が、一方全くすっきりしないのはウニョンです。
身を引く覚悟をしていたものの、イナに引き止められ「ジェハが韓国にいる間は精一杯仕事をまっとうしよう」と考え直し、復帰します。
これは何としてもジェハを取り戻したいイナの策略なんですが、まんまと嵌まり「また一緒にいれて良かったね」とラブラブな呑気さん達です。

ジェハパパ&ママは、ジェハからウニョンを引き離そうと必死だし。
そんな中フリップは相変わらず紳士的です。自分はウニョンに選ばれない男だとわかっていても、です。
あぁウニョン、なんて勿体ないの?
ウニョンママの計らいで二人で島を訪れることになったジェハとウニョン。あー!!!なんということなの?
しかし二人の過去を周りのひとはどんどん気付き始めてるのに何故か気付かない天然さんなふたり。

2007/01/10

日本にもあったらいいのに

日本にもあったらいいのに


尖沙咀駅でみかけた、すぐれもの。
折り畳み傘用のビニール袋です。
日本での長傘用ビニールでは、『大は小を兼ねる』とはいうものの、長さがかなり違うので余った分を途中で縛ったりするのが、なんだかイケてないです。
これならすっきり。

2007/01/09

morn のパンダバッグ

070109_214558


以前、旺角でおねーさんがとってもおされに持っていたのは、ゴールドでもっと大きいサイズでした。

パンダ好きなら思わず手にしてしまうだろう、魔法のかかった(一部呪いとも言う)バッグ。
私は自分の身長と相談してSサイズを買いました。
もっと持ち手が短いと、ポーチ代わりに使えていいですが、肩掛けサイズ。

当たり前だけどかなり服選びます。←あくまで外での使用希望。

このまえはチェックのトレンチ風コート+黒ブーツにプラスしてみましたが、いかに?

オトナの人がしゃれで持つとカワイイはずなんですが、
歳だけオトナでも、かなり……なワタシには。

ステキなコーディネイト案求む!

百万長者の初恋

地元のシネコンで観る。
びっくりするくらいガラガラで、
まるで家でDVDみるようなまったりとした気分で楽しんできました。

世の中、韓流と言う言葉が使われるようになって随分経つけれど、
それはペヨンジュンやイビョンホンなど、ある程度評価の定まった俳優中心のことなのかな。

設定は使い古されきったような「道楽ぼんぼんがおじちゃんの遺言で○○しないと遺産がもらえない→いやいやその遺言に従うが、その中で大切なものを見つける」という話。


だいだい展開も観る前からわかってしまったけれど、
あら、びっくり。
いつもは17話や24話くらいでややダラダラしながら結末を迎えるのに慣れてしまったせいか、

あまりの展開の速さについていけず

どんどん置いていかれるワタシ。
えー、どうして皆仲良しになっちゃたのー?
えーなんでそんないきなり荷物まとめて来ちゃうワケ?
頭の中は「????」でいっぱいになってしまいました。

そういえばヒョンビンがハングル語会話で、
「これは、童話のような映画なので子供に戻って童話を読むようなキモチで観てください」と言ってたっけ。

そうだ、これは現代のおとぎ話なんだ。
2人が暮らす小さな家や江原道の美しい風景は、そういうことなのよ。
そーよ、そうよ。

以前、セクションTVで水掛シーンの撮影現場をリポートしたのを観てたせいか、
「タイヘンそうなシーンだなー」などと直接関係のないことばかりに気を取られてしまいました。


ヒョンビンファンは必見の一本。
サムシクのイメージに近いせいか、すんなり観れたし、彼は表情がすごくチャーミングなのだ。

2007/01/07

shoe girl の靴来ました

070106_113012

先月、香港で頼んできた靴、届きました。
自分でオーダーしておいてなんですが、今回もなかなかいい感じです。

特に、ベージュ×ゴールドのパンプス(5センチヒール)は、今まであまり買ったことがないタイプ。
これに合う春の服を買うのが今から楽しみです。

2007/01/06

k-pop super live in さいたま

神話、super junior、buzz、tei、フィソンなどが出演するライブに朋友2人と出かけた。

まずはじめに出演したTRAXというバンドは、日韓両方で活動しているらしく皆日本語が上手だった。
日本でも活動しようとするなら、「こんにちはー○○でーす。」程度の日本語じゃダメだということなんだろう。
super juniorが、TVでみる時よりも好青年風だったのは新鮮だった。
不思議に思ったことが一つ。
あの一人だけ極端に体つきが違う彼はどういう存在なんだろうか?

普段なかなかきくことが出来ない韓国のアーティスト達の曲を聴くことができてなかなか楽しい時間だった。


しかし、韓国男性の義務とはいえ兵役のためbuzzがたった一人の参加は寂しかったし、
フィソンも今年入隊すると言っていたのは(彼をみると何故か小春を思い出す)、複雑な気持ちになった。

にぃーさんらはどうなるんだろうか?

今回もヘソンのメガネがかわいかったし、
相変わらず、チョンジンは『困ったときは、アイシテルヨ』を使っていた。


週末にもかかわらず6時半開始というのと、さいたま新都心はやはり遠かったのが難点か。

2007/01/03

休みもおしまい

ダンナは今日から、私は明日から仕事。

送り出した後ぶらぶらと久しぶりに千葉でも出かけてみようかと思っていたものの、
偏頭痛のため結局一日ゴロゴロして過ごしてしまった。
駅伝→サッカー→ライスボウルとスポーツ中継三昧の一日。


いかん、いかん。
今年もまた出不精な自分になっては……

しかし、八千代高校は強い。
地元代表のゲームが見られるシアワセよ。(さいたまでは、千葉TVだけ見られなかったのだ)

2007/01/02

初詣

今年も初詣は、成田山に行く。

去年は、ダンナの愛車であるポロ彦の不調に泣かされたので『交通安全』のお札を貰ったのだが、
今年はなんといってもダンナの健康である。
3千円出して、護摩をたいてもらい木の札をいただいてきた。
場所柄なのか、『航空安全』もアリ。
お賽銭も例年は5円なのに、百円。
門前の賑わいは凄いもので、特にうなぎ屋さんは行列していたところが何軒も。
成田山イコールうなぎなのだろうか?

ダンナと私は、甘味処でみつ豆をいただく。2年連続で同じ店に入った。

ちなみにうなぎの他に目立ったのは、何故か甘栗やさんとケバブ屋だった。
成田となんの関係があるのかは全くわからず。


なんにせよ、今年の暮れには、「まあ、いい一年であった」と振り返ることができる一年であればいいと思う。

2007/01/01

新年快楽

お天気は今ひとつだったけれど、久しぶりにのんびりとしたお正月を過ごしています。
今年もよろしく。


酔っ払っていていくはずだった初詣行けなかった。(特に、ダンナ!)

明日こそは、寝坊せず予定通りのことをやるぞ。

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »