お知らせ

  • TBについて
    コメントなきTBには、TB返しはしませんのでヨロシク。 承認制にしました。TB反映されるまで時間がかかりますが、 お願いします。
2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

LINK

  • TaxiRobin
    トニーレオンにおちた瞬間が同じであったというhachinoji7さんのブログ。大好きな明星への愛をひしひし感じます。時々ブログでも紹介される、彼女が作るボードはとても可愛いですよー。
  • 明天会更好 天無絶人之路
    仲良くさせてもらっているchikoさんのブログ。 彼女の目の付け所がサイコー。中華にとどまらず色んな話題が面白いです。私もたびたびお邪魔してます。
  • 私の映画玉手箱-My HONGKONG Dream-
    仲良くさせてもらっているゆみこさんのサイト。映画評や韓ドラ視聴日記など、見るときの参考にさせてもらっています。ブログも必見。

« 「SPIRIT」 | トップページ | 今期終了 »

2006/03/05

ホテル ルワンダ

久しぶりにダンナと映画でも…という気になり、ダンナが選んだ一本。

とにかく重いです。

1994年というのは、実は私達が結婚した年でもあります。
人並みに楽しい新婚生活を送っていた私達と同じ世界に住んでいる人の中には、
こんなめにあっていた人たちが大勢いたということ。

劇中、ホアキンフェニックスが扮するジャーナリストが支配人に
「君達の惨状を見た後で、かわいそうねって言ってディナーと続けるんだ」と、
私達、テレビのこっち側にいる人たちのことを表現していましたが、まさにそのとおり。

どこか遠いアフリカの国の中で起きている出来事でしかなく、
かわいそうねって言ってチャンネルを変えてしまえば忘れてしまう。


賄賂が横行している世の中を「汚い」と言い切ってしまうのは簡単だけれど、
何かの時には面倒みてもらおうと、支配人は将軍や商人にそっと賄賂を渡す。
だけど、支配人はだれとも握手しない。
○○派というレッテルを貼られてしまうとイザという時命が危ないかもしれないからだ。

ホテルに逃げ込んできた人たちを誰一人欠けることなく守ろうとする支配人。
それは、難しい思想などでなく、もっと単純に「お客さんは守らなくては」というホテルマンとしての使命だったかもしれない。

それにしても…
同じ国の人たちが、昨日まで仲良くお隣さんだったのに殺しあうとは、なんと人間とはわからない生き物なんだろうか。

そして、それに使われたのが中国から輸入した青龍刀だったとは。
最初箱から転がりでた時、「あら見たことある刃物だわ」と思ったら、やはりそうだった。
しかも、地面にひきずって歩くという香港映画でおなじみの持ち方をしていたのが妙に印象的だった。


« 「SPIRIT」 | トップページ | 今期終了 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62984/8958138

この記事へのトラックバック一覧です: ホテル ルワンダ:

« 「SPIRIT」 | トップページ | 今期終了 »