お知らせ

  • TBについて
    コメントなきTBには、TB返しはしませんのでヨロシク。 承認制にしました。TB反映されるまで時間がかかりますが、 お願いします。
2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

LINK

  • TaxiRobin
    トニーレオンにおちた瞬間が同じであったというhachinoji7さんのブログ。大好きな明星への愛をひしひし感じます。時々ブログでも紹介される、彼女が作るボードはとても可愛いですよー。
  • 明天会更好 天無絶人之路
    仲良くさせてもらっているchikoさんのブログ。 彼女の目の付け所がサイコー。中華にとどまらず色んな話題が面白いです。私もたびたびお邪魔してます。
  • 私の映画玉手箱-My HONGKONG Dream-
    仲良くさせてもらっているゆみこさんのサイト。映画評や韓ドラ視聴日記など、見るときの参考にさせてもらっています。ブログも必見。

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006/01/31

月末でした。

つ、疲れた。
なんか帰れる雰囲気じゃないし。

前の部署は、オンラインの時間が切れてしまえば仕事にならないので、帰ることができたのだが。
今のところは、みな一向に帰る気配なし。

それでも、一番にあがったらロッカーで別の部署の職員さんとすれ違いました。

職員より遅いパートってあり?


帰りは、もう立って帰る気力がなく
後からの準急に抜かれるのを知っていながら普通に乗ってしまいましたよ。

あぁ、情けなや。


帰宅すれば、ずる休みしたダンナがいましたとさ。
いるんだったら、ご飯のスイッチくらい入れておけやー(怒)

2006/01/30

休んじゃいました

今日、授業がある日だったのに朝ダンナが起きてこず。
私がダンナの会社に電話しちゃいましたよ。

今まで余程の時でないとそんなことしないので、
「とうとう風邪が、ダンナのところに来たか?」と思い、
「薬飲めば?」といえば、

「薬は嫌いだから飲まない」などと言う始末。

薬飲んだら余計悪くなると意固地に信じているフシがあるダンナ。
そのくせ普段飲みなれてないのがいいのか、薬がよく効いちゃったりするのだから、皮肉。

会社でこのこと話したら、
「あ、それ、ずる休みよ」とバッサリ。

くそー、騙されたのか私。

広東語行くと、帰り遅くなるし。と欠席の電話を入れて、携帯にかけたら

妙に元気でした。


やっぱり騙されたみたいです。


パステルのプリンケーキを買って帰りました。

夜が、長かったです。
いつものように夕飯を作っておいたので、支度も必要ないし。
行儀悪いですが、思わず夕方転寝してしまいました。


あー明日は、月末だよ。
一体何時に帰れるのだろうか。

2006/01/28

こんな週末でした。

昨夜は、薬を飲んだもののゲホゲホと咳がしょっちゅう出て、ぐっすりとは眠れませんでした。
かかりつけのお医者さんには、「咳はガマンする」と言われているのですが、
言うのは簡単だけれども実行するのは本当に難しいです。

二人揃っての貴重なお休み。

しかし、結局は車で30分程の大型スーパーでお買い物。
私は、化粧品を買い込み(ここは美容部員さんがいるが、25%オフで買える。)、
来月発売の美白化粧品を予約しました。
その後買う気もないのに、ふらふらと春物の服を見て歩き……

春は白いスカートが来るのでしょうか、雑誌でもカタログ通販でも取り上げてたし、
ここの新ブランドでもおいてありました。(藤巻弟さんが、立ち上げた新ブランドだと思う)
色の感じが統一されていて、ニットの襟元とちょうど合うカットソーや、
丈が2種類あるスカートなど『いい感じ』の普段着が揃ってました。

好きなパンと食料を調達した後、
前から気になっていたカフェに行ってみました。


あの界隈のカフェ好きには有名らしい、Cafe shibaken。

うちの方には、全くないカフェ

名前からだと犬好きの人が集まるカフェみたいですが、雑貨とグリーンがこっているかわいいお店。
カフェオレボウルに入ったチャイはほっとできる甘さで、スパイスもくどくなくて美味しかったです。
ごはんものは、量が少なそうだけれど
なごみ時間を過ごすのにはちょうどカフェだと思います。

最近週末はいつも、買い物→お茶パターン。
平日働いているとどうしてもこうなってしまいます。
ここだけでなく何箇所か大型スーパーで好きなところがあるのですが、どれも、

車でしか行けないのが、大変なのよー


うちの方にもあったらいいのになーぁ。

2006/01/27

吹き替えですか?

『B型の彼氏』いよいよ明日からです。
韓国のコメディもなかなか面白いので期待していて、
今日は、風邪でゲホゲホやっているにもかかわらずroppiで前売り買いました。

ところが

えー?首都圏で字幕版って渋谷で初回だけ?


「イニD」の時もそうだったけれど、あれは原作が日本のマンガだし舞台が群馬だから、お客さんが、中華な俳優になじみがなく吹き替えの方が違和感なく見られると考えてのことなのだろうと勝手に解釈しました。
字幕を追えない年代の人にも楽しんでもらえる良さはあると思うけれど、
演じてる俳優さんのことを知っている人にとっては、

けっこうウザっ!

吹き替えの人だけが熱い演技してたりするとなー特にイヤ。


ところで『B型…』ですが、
ドンゴンのファンはやっぱり彼の声が聞きたいのじゃないかと思うけれど。

韓流ファンの人はご年配の人も多いから、そんな配慮なんでしょうか?
「字幕じゃわからないから、吹き替えにして!」なんて要望が配給会社に来たの?

せめて、観る方に選択の余地を残しておいて欲しかったです(涙)

2006/01/24

ほっとしたこと

おじさんとおばさんでやっている、クリーニング屋さんが張り紙もなくずっとお休み。
お家でやっている所なのに夜になっても電気もつきません。

冬休み?
おじさんかおばさんのどちらかが病気にでもなった?

雪が降った後、店先の雪は片付けたような、勝手にとけたような……で、
しょっちゅう行っているわけでもないのに、ダンナと二人で心配してました。
ここは、名札というのでしょうか○○って名前書いたラベルを、へんなところにとめたりしないので、気に入っていたし、
「寒くなってきたねー」なんていう季節の挨拶みたいなことを交わせる唯一の場所だったから。

最悪どこか探さないとダメだねーと話していたところ、
今日は開いてました!

夕方の時間に通ったので、お店には誰もいなかったけれど、
久しぶりにお店に電気がついてました。

ちょっとうれしかったな。

2006/01/23

広東語は難しいよ

最近文法力が落ちているような気が。

始めた頃はスポンジが水を吸うように新しいことをどんどん覚えるという状態が、勉強する上で楽しくもあり、
励みにもなっていたと思うのですが、
ちょっとばかり齧った今、余計なことを色々考えて結局間違える。というような感じ。

今日も今日とて、
設問がどこまで要求しているのか深読みしすぎ。
もっと単純に考えていいんだよー

でも14番のバス(赤柱行き)に乗る=赤柱に行くって説明されても……
そこが日本人とホンコンヤンの違いなのかな。
ちなみに私は、赤柱行きに乗ってどこへ行くねん!という突っ込みを入れたくなってしまいました。

どこかにいい文法のテキストないですかね。
(って広東語ってしゃべり言葉なんだよなぁ)

2006/01/22

千葉に帰りたい

今年もそろそろ嫌な季節になります。
私は、花粉症持ちなのでたださえ頭ぼんやり~なのに、
また転勤かも?のドキドキを味あわなければなりません。
これがホントイヤ。

さいたまに来た時、「その地方の名所とか巡ったりして結構楽しいわよ」と先輩スタッフさんに言われた私ですが、

川越にも行ってません。
東武動物公園も、
長瀞も、
どこにも行ってません。

今でもこんなだから、どこか地方に行ってもどこも見ない日々になるのではないかなー
仕事も辞めたら、何してるんだろうか。
ダンナは仕事、仕事で朝暗いうちから出かけて夜遅くまで帰ってこないのが異動したら変わるとは思えないし。
社宅の条件もよくないし。
千葉に家がある我が家は、経済的に社宅扱いじゃないと生活できないから。

なんかしょんぼり。

2006/01/21

雪の中の帰宅

天気予報に半信半疑であったけれど、朝起きたら雪が積もってました。
実家にいた私達は、明日ダンナが仕事なのでどうしても今日中に帰らなければなりません。
いつもなら、夕食を食べてから帰りますがそんな暢気なことは言っていられず、夕方帰宅の途に。

つ、疲れました。
いつもの倍、3時間の道のり。
途中事故渋滞あり、積雪のため通行止めありでだいぶ遠回りもしてしまいました。


でも、首都高速が積雪で通行止めってメンテナンスがずさんすぎませんか?

2006/01/19

小早川伸木の恋

『チェオクの剣』を録画にして、先週から観てます。
大泉洋が出ているということもあって、番宣まで観てしまいました。
(なにせ、ワタクシ道産子ハーフなものですからあの内地のタレントさんとは
ビミョーに違うノリが思いっきりツボなんです)

柴門ふみのマンガは、実はあんまり好きじゃないのですが、彼をみるのが目的なものですから。
カナさんて、随分若い女優さんが演じているけれどマンガでは伸木よりも年上だったですよね。
なにかからくりがあるのだろうか。

妙子さんが『趣味ダンナさま』って感じで可愛そうなくらいです。
医者という仕事を考えれば、休みの日でも急に呼び出されたり帰宅時間になっても帰ってこなかったり…というのは当たり前なのかもしれないけれど、
寂しかったり不安になったりしてしまうのはアリだと思います。
伸木も、ぎゃーぎゃー言われて押し黙らずに、ケンカでもすればまだお互い心が晴れるだろうになー。
一見やさしそうだけれど、ああいう態度って一番傷つくかもしれないです。


谷原章介さん、レオンライに似てませんか?

2006/01/18

会社でもらったもの

今週は、『お土産』を沢山もらってます。

地域限定のお菓子とか、
地方の名物とか……1日休んだだけなのに『宇和島名物』をもらって驚きました。彼女なにしに愛媛まで行ったのだろうか?

一番のヒットは、下仁田ネギ!

キャリアさん(おじいちゃんパートのこと)が家庭菜園で作っているものだそうです。

主婦が多い私の職場では野菜高騰のこの時期、嬉しいわーって皆大喜びでした。
私もその一人。

ねぎま鍋でもしようかなー。

2006/01/16

輪舞曲~ロンド~って……

初回2時間スペシャルということで、万難を排し(大げさな)TVの前に座りました。
だってサスペンスものって何気なく初回で出ていたモノや人が後で大きな意味を持っていたりしませんか?
そこを見逃してしまったら面白さの何分の一かは確実に損してしまいます。

さー始まったぞぉ、始まった!

まあどうしましょう、私このドラマを一度もうみてしまったような気がしてきましたよ。
革のジャケットに無精ヒゲ、警察学校中退。
屋上で密かに上司と会い、
ちょっとチャラけた弟分がいて……

ポケットに手を入れてなにやらやっているシーンでは、「モールス信号だったらどうしよう」と違う意味でハラハラ。

今現在、『潜入捜査官』といえば、このイメージなのでしょうかね。
私は、トニーレオン好きなのでショウを見ているとなんだかくすぐったい気持ちがするのですが。

こうなったらどれくらい似ているのかどこでオリジナリティを出してくるのか見届けなくては、というへんな使命感に
かられてしまいました。


石橋稜は最後は、ビルから降ってくるのだろうか?


素朴なギモン。
佐藤隆太が、竹野内豊に対して「オッパー」連発してたけれど、「ヒョン」じゃないの?
それともチェジウがそう呼んでたので、からかいの意味も込めて「オッパー」なの?

2006/01/15

喜馬拉亜星

実は、これダンナに頼まれて香港で買ってきたDVD。結局私が先に見るとことになりました。
「土産だ~!」と高々とHMVの袋を掲げたくせに、ごめんよ。

♪インドの山奥でしゅぎょうして~♪な亜星は、お婿さん選びに参加するために下界に降りてきます。
一方、何事にも消極的な青(ラウチン)は、甥っ子に連れられてインド旅行に。
途中、寅さんのかっこうしたジャンユーと知り合い、記憶はなくすは孔雀の精に出会うは…

えーどうしたらこの話はつながっていくのだろうかと心配になったころ、
「ヨガマスターの娘婿選びコンテスト」で、別々に動いていたお話がつながって観ていて「ほっ」

しかし、わからん

出だしのオバカ映画っぷりから一転観ている者を奈落の底に突き落とすようなエンディング。
「大英雄」的オバカ映画を想像していた私は、完全においていかれました。

低予算、ゲリラ撮りが当たり前な香港映画界において、
海外ロケしてるし、CG満載だしで「お金かけましたよー」な匂いがぷんぷんするし、
キャスティングも芸達者な人揃い。

皆、インドの暑さと不思議さにやられてしまったのか、
バカ話満載だったはずなのに、急に「この世界は、夢にのなかに過ぎない。目覚めてしまえば私達は消えてしまうのだ」とか言われても……

英語か広東語が達者な人はこの映画をどう評価したんでしょうか?


2006/01/12

ご本尊にカード

昨日は、一日研修でした。

帰宅して文字通りバタンキューなうえに今日一日頭痛で、起きてはみたものの、
一日ソファで毛布被ってました。

しかし、私は今日中に「ご本尊さま」に旧正月のカードを書かなければ!
英語も広東語もおぼつかない身なので、
書けても4行くらいなものですが、この4行が大変なのです。
いいや、きっとご本尊さまは多少文法などがおかしくても、何がいいたいのかきっとくんでくれるに違いない。
と勝手にいいように解釈して書き上げました。
(実際、去年「無間道Ⅲ」のジャパンプレミアに彼は来ないのに、「今から楽しみ」的なカードを書き、
「ごめんねー今回は行かないんだよ」という返事を貰ったワタシ。きっと、ものすごい期待でワクワクした感じが伝わり、期待させてヤバイと思ったのだろうと推測……)

10月に、ヒロイックランデヴーで買っためちゃくちゃカワイイカードで書いてしまいました。
すみません。ご本尊様。
わたしは、30代後半の人妻であります。

あまりの文章のつたなさに、子供だと思っているのかもしれん。

2006/01/09

えらいぞ、無印

私の会社は、絶対備忘録を作らなくてはならない上に、
何ヶ月かに一度提出までしなければなりません。

私が今使っているのは、バインダー式のファイル。
コピーした伝票などをサイズを変えずにファイリングするために、クリアポケットも使っています。
先輩スタッフさんに教えてもらったのは、
「クリアポケットは、無印より100円ショップのものが使いやすい」ということ。

100円ショップのものは、中でファイルしたものがあそばないようにできているのに、
無印のものは、中に仕切りがないので、ファイルの中で動いてしまっていました。

うがー、頑張れよ無印。


最近部署替えがあり、備忘録の記入する回数が増えました。
しかも週明けに一旦おぢに提出しなければなりません。

連絡先一覧なんていう何枚にもわたる印刷物も増えてクリアポケットが大活躍です。
そんなわけで使い切ってしまった……

100円ショップに行っている時間はなし。
締め切りは明日。

くぅ~仕方がない。駅に有る無印に頼るか(涙)

あら、改善されている

いらないと思っていた台紙がなくなり、中身が遊ばないように工夫されています。

おー、誰か不便だと訴えた人がいるのでしょうか。
ありがとう。


えらいぞ、無印。
これからも頑張ってくれ!

2006/01/08

難しい日本語

cha
母&祖母が叔父に連れられ上海ツアーに出かけました。
そのときのお土産……
中身は、龍井茶なんですが、


コップの3-4グラムの茶葉ち入れて、沸とろしたお湯ちきしてがち、飲むことができます。
また、三分の-の(3分の1?)のお茶た残した時、もろ一回お湯たさしてくだきこ。一回分の茶葉に三回お湯ちきしても、まだ飲おことがて’きます。

さあ、あなたは正しくお茶を入れることができるだろうか?

日本人なら、かえって上の中文の方がまだわかる気がする。
うーん。

2006/01/06

好きな雑誌

私がよく立ち読みする(たまには買え! )は、どうも毎月7日発売らしい。

奥さんをやっているものの、子供はいないし、ずっと家にいるわけではないので、
いわゆる「奥さん雑誌」は、テーマがいまいちしっくりこないものが多く、毎月買うような雑誌はありませんが、この雑誌のモデルさんたちは、一番雑誌を買っていた頃に出ていた人たちで
結婚→主婦&ママモデルとして結構出ているのです。

今日地下鉄のホームに大きな広告が出ていたのですが、

にっこり微笑む女優さんと、きれいなミントグリーンの車……

あのう、車の雑誌じゃないんですが…

これは明日、内容を確かめねば。

2006/01/05

氷雨

母にDVDプレーヤーをあげたついでにプレゼントしたスンホン&ハヌルの『氷雨』を正月観てきました。

雪山で遭難したウソンとチョンヒョンが、眠らないために愛した女性について思い出を語る。
話しているうちに二人は、愛していたのは同じ女性、登山中の事故で死んだキョンミンだったということに気づく……

大人になって背丈も体格もとっくに追い越したはずなのに、
バリカンで頭を刈られた頃と立場があまり変わらない幼馴染のウソン。
どんなに頑張ってみても、彼女の心を振り向かせることはできないのです。
なぜなら彼女の心の中には、山岳部の先輩チョンヒョンがいるから。
一方、キョンミンがどんなに愛してもチョンヒョンの全てを手に入れることはできません。
チョンヒョンには妻がいるから。

ハヌルってどうしてもドラマのイメージが強いのですが、この映画では、随分雰囲気の違うボーイッシュな
(寮の部屋まですいすいと壁をよじ登ってしまう!)役です。
しかし外見とはうらはらに、友達にも話すことの出来ない恋をしている。
じゃあ、妻と別れないチョンヒョンがひどいヤツかといえばそうでもない。

恋愛ってやはりすぱっと割り切れるものじゃないよなーと、やや当たり前なことを思ってしまいました。

舞台になっている山は、以前キョンミンが話していたこの世で別れた人と会える山だそうで、
ウソンもチョンヒョンもたぶんキョンミンの面影を求めてこの山に登ったのでしょう。
(しっかし、ザイル抜けすぎだよ。そんなことでいいのか、この大学山岳部は)

最後までみて、
チョンヒョンとキョンミンは、ある種の恋愛の成就を遂げたと言えると思いますが、ウソンはとてつもなく大きなものを背負ってしまったように思いました。
どんなにもがいても彼の思いは、最後まで届かず、
一緒にいくことさえも許されなかったのですから。

2006/01/02

脂肪増やすな金増やせ

年末仕事が終わってから千葉の実家に帰り、
22時頃、帰宅。

おせち食べて、成田山に初詣に行ったりしてなかなかお正月らしいことをして過ごしてきました。

さて、タイトルは今年の目標。
転勤して新しい土地で生活するにはお金がかかるのはわかっていたのですが、
ネットを光にしたり、ケーブル入ったりや収納が少ないので雑貨を色々買ったり、
それって贅沢なんじゃ?
と指摘されるような出費もありました。
ついついデパ地下でお買い物しちゃったりね。

今年は、また転勤があるかもしれないし、私の仕事もいつまで続けることができるのかわからないので、
少しお金を貯めようかという気になったのです。

カルディでのバカ買いや、
疲れたという理由で丸井で買い物(近所の丸井は食品も扱っているのだ)せず、
ちゃんと買い置きしたものでメニューを考えればいいのだ!

とは、わかっているのですが。

脂肪をこれ以上増やさないことと同じくらい難しいかも。

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »