お知らせ

  • TBについて
    コメントなきTBには、TB返しはしませんのでヨロシク。 承認制にしました。TB反映されるまで時間がかかりますが、 お願いします。
2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

LINK

  • TaxiRobin
    トニーレオンにおちた瞬間が同じであったというhachinoji7さんのブログ。大好きな明星への愛をひしひし感じます。時々ブログでも紹介される、彼女が作るボードはとても可愛いですよー。
  • 明天会更好 天無絶人之路
    仲良くさせてもらっているchikoさんのブログ。 彼女の目の付け所がサイコー。中華にとどまらず色んな話題が面白いです。私もたびたびお邪魔してます。
  • 私の映画玉手箱-My HONGKONG Dream-
    仲良くさせてもらっているゆみこさんのサイト。映画評や韓ドラ視聴日記など、見るときの参考にさせてもらっています。ブログも必見。

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005/11/25

ローファーム法律事務所

WOWOWでただ今絶賛放送中である、ソンスンホン主演のこのドラマ。

法廷ものだと思ってみていると、ちっともそんなシーンが出てこない不思議なローファームです。

やっと今回まともな法廷シーンがでたと思ったら、スンホン演じるヨンウンが被告人……

アンタ、立場逆じゃーん

この事務所(字幕だと法村)って、まともな弁護士はジョンアだけ。
あとは、カネカネ言う割には借金取りに追われてるジャングンやら、
いい人なんだけど、弁護士の手腕は(?)なトンニョンやら、
完全に恋と仕事を混同しまくっているユンジンやら、
法より情を重んじてしまうヨンウンからして事務所の経営者としてはどうなのよ?な人だし。

でも、このドラマの見所はきっと、息詰まる法廷でのやりとりなどではないのでしょうな。
事務所の5人が、わいわいがちゃがちゃやっている、まるで大学のサークル部室の中みたいなノリを楽しむドラマなのかも。

だって、いくら依頼人を救うっていってもいきなり角材持って乗り込んだりしないですよね、弁護士は。
角材の代わりに理論で武装しているはずだもん。

しかし、そんなヨンウンが研修所で主席だったとは……

2005/11/24

香港の味

この前の授業で先生が生徒分、茶葉蛋を持ってきてくれた。
アルミホイルとラップにくるまれて、6時過ぎでもまだ温かく、
教室に来る前にお菓子と紅茶を取って空腹になり過ぎないようにしてきた私も
その温かさに負けて1つ食べました。

香港の味だ…

八角の香りかな、香港に行くと絶対どこからか匂って来る匂いがしました。

Mサイズの鶏卵だと大きいので、わざわざ小さい卵を売っているところで先生は買うそうです。

希少な材料ではないので、一度挑戦してみたい味です。

2005/11/21

私のシャーペン

広東語のある日は、教室に行く前に某所で予習などをして時間をつぶします。

ちょっとした休憩スペースがあり、ちゃんとした大きさのテーブルがあるのでとても重宝しているのですが、

他の人も同じことを考えるらしくなかなか競争率が高いです。

今日は、どこかのお店に勤めているらしいおばちゃん3人組が休憩していた後をゲット。

3人が使っていた場所を1人で使うので一応、自分のスペースを最小限にしてせこせこやっていました。

5時を少し過ぎた頃、女性と相席に。

この人もよくここを使っている人で、なにやら伝票計算みたいなことをしてます。

しかし、なかなか電卓をたたいたり消しゴムで消す時の物音がスゴイ。

「あー気が散る」と思った瞬間、

バッターン、とすごい音をさせてペンケースを落っことしてしまいました。

慌てて拾い上げ、ラインマーカーや赤ペンをかき集めてそのまま荷物をまとめて退散しました。

くぅーシャーペン落とした。

授業は、ボールペンでしのいだものの、お気に入りの書きあじであったあのシャーペンがなくなったのは、イタイ。

これからは、家にあったゼブラのタプりクリップだ。

あー私のシャーペン(涙)

2005/11/17

名店の味

エッグタルトで有名であったパン屋さん、
泰昌餅店が大家の家賃大幅値上げのために閉店というニュースは、
香港好きの私にとってショックでした。

何度も香港を訪れているのに、一回も食べたことがなかったんです。
焼いたそばから売り切れ、という人気商品だったので、
私のようなぼよよーんとした人間にははじめから無理(涙)。

と、思っていたら─

以前に店があった通りに再オープン。
名店復活、次こそは私も食べてみたい。
家賃値上げにもめげず、香港の味復活のため頑張っていたのね。

私の頭の中には、大家=悪徳、パン屋=かわいそうな被害者  という図式が勝手にできていたのでした。

しかーし、転んでもただじゃ起きない香港商人。

旺角にある新世紀広場にカフェまでオープン。

なんでも韓国資本と手を組んでのオープンらしいですね。
ランニング姿で商売していても、そのへんはしっかり勉強していたのか。

いやー、勝手に作ったイメージと違っていたからとがっかりする必要は全くないですが、

なんだか、5月に涙、涙の結婚式をしたキムスンウに10月、長女が生まれたというニュースを聞いた時と
同じ気分になっちゃいました。←ヘンなたとえではあるが。

2005/11/14

明解さん?

一応予習はしているので、授業中に辞書は使わないですが、
皆がちゃんと持って来ているのをみると「やっぱり持っていかなくちゃかっこつかないかなー」などという
アホな理由で毎回、重い思いをしながら、持って行ってます。
通勤にあの辞書は結構つらいです。

わからない単語を調べる以外に、ぱらぱらとページを繰っていると

この辞書、かなり面白い。

【飛弾】
ミサイル。
波斯湾有隻美国戦艦畀飛弾打中0左0架0馬。
ペルシャ湾でアメリカの軍艦にミサイルが命中した。

【0左…未0牙?】
もう…しましたか?
イ尓交0左税未0牙?
税金もう払った?

それから、香港明星たちの名前も載っているので、知っている名前がでているか意味もなく調べてみたりしてます。
この編者さんたちが、どのあたりまでを認めているのかがうかがえます。
サミー、イーキン、トニーはしっかり出てましたよ。
しかし謝は全滅でした(涙)


うちの同学達も同じ辞書なんですが、
「肝心の知りたいことが出てない!」と口々に言っております。
初心者の知りたいことには答えてくれない、不思議なしかしどこか憎めないヤツです。

2005/11/13

おかあさんありがとう

ダンナのお母さんつまりお姑さんは、よくモノを送ってくれます。
家庭果樹園で作った果物だったり、異動販売で売りに来る漬物だったり、
お取り寄せの美味しいお肉だったり(鴨肉&ねぎとか、猪肉だったり)と色々なのですが、

今回、大ヒット!!!!!

うにです、うに

しかも、うにくらげじゃなくて、100%うに。


うほー好食、好食。

「これはもったいないと思って、カビでもはえたら悲しいから、毎日たべるぞー」

これから、毎日ちびちび食べていくのかと思うと、ものすごい幸せ♪

おかあさん、ありがとう。

しまった、お礼の電話する前にしっかり食べてしまった。

05-11-13_22-10

2005/11/10

ぼよーん

最近、23時台にこれを書こうとすると、なかなか繋がらない。
昨日などはせっかく書いていざ送信! したら、『しばらくお待ちください』画面になってしまった。
さすがにあの画面ははじめてみた。

やはり、タダだからか?


異動した先には、はっきり言って全然溶け込めていません。
他のスタッフさんとは違う仕事しているせいもある。
彼女たちは、たぶん私がどんな仕事しているか知らないと思います。
自分の手が空いているとき、積極的に「何かできることありませんかー?」と御用聞きのようにきいてまわればいいのでしょうが、(実際、おぢ2号に「きいてあげて」と言われたし今日)

全然やる気がおきません。

今までは、伝票のハンコ押しやらこまごまとした雑用を手の空いた時にやっていて、
それをなんとも思いませんでした。

たぶんこれ何年に一度か襲ってくる病気みたいなもので、
あー会社行くのメンドーだなーと漠然と思っている自分がいる……

そのうえ、今は『波に乗っていない』状態なものだから、余計だわ。


しばらく、ぼよよーんと日々をおくるしかないかなー。

皆には、仕事しない人って思われるかもなー。
仕方ないか、仕事したくないんだもの。

2005/11/06

私の頭の中の消しゴム

実家の母がよく観にいく千葉では老舗の映画館は、金曜日がレディースデー。
前売り買ってしまっていた私はちょっと損した気分でしたが、母と二人で観てきました。

びっくりする展開で二人が出会い、もう「勝手にやってろ!」なラブラブカップルぶり……
ちょっと人生で回り道をしたけれどもスジンは、本当に愛する人を見つけることができて幸せな人だなー。


スジンの夫チョルスは、理想の男だと思います。

力強く、文字通りガテン系(しかも仕事には手を抜かない!)であるものの建築士の試験にパスする知性ももち、
妻のスジンにメロメロな部分もありしかも、母親との確執という影も持っている……

こんな人現実にいたら会ってみたいものだ、というような設定の上に、顔がチョンウソン

物語に引き込まれないわけがありません。

場内の殆どの人がずるずるやりだすシーンは、チョルスのシーンだったのも当然と言えば当然かも。
私自身も、スジンよりも、どうすることもできない自分に対する苛立ちや、彼女への愛情から涙する彼にすっかり引き込まれていました。
それに、介護される側よりもする側の方が現実味があるので感情移入しやすいのもあると思います。

特に、スジンの病気が家族の知るところとなり、二人の家で皆が集まっている所にスジンがふらっと部屋から出てくるシーン。
自分のシャツを脱いでスジンの世話をするチョルスに、彼女への深い思いを感じることができるとても悲しいけれどいいシーンだと思いました。


見終わって、なんだかダンナにもっとやさしくせにゃあかんなーと思った一本。
しかし現実では、脱いだ靴下をほっぽっていたことにムキーっなワタシ。

2005/11/01

やっぱり

危惧していた通り、私の席はありませんでした。
自分のデスクを明け渡してくれ、ご自身は休みの人のデスクを暫く渡り歩くはめになってしまった人が…
スミマセン。

異動の告知は結局なし、
職員同士の打ち合わせがなにもしてなかったりもなんじゃこりゃーなことではあったけれど、
一番ムカついたのは、

おぢ(一応一番えらい)が、私の方一回も見なかったこと!!!!
一日のうち一回もですよ。
もちろん新部署での紹介もなし。

なんだかなー
会社の都合で動いたのに、最小限のことはしてくれよ。

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »