お知らせ

  • TBについて
    コメントなきTBには、TB返しはしませんのでヨロシク。 承認制にしました。TB反映されるまで時間がかかりますが、 お願いします。
2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

LINK

  • TaxiRobin
    トニーレオンにおちた瞬間が同じであったというhachinoji7さんのブログ。大好きな明星への愛をひしひし感じます。時々ブログでも紹介される、彼女が作るボードはとても可愛いですよー。
  • 明天会更好 天無絶人之路
    仲良くさせてもらっているchikoさんのブログ。 彼女の目の付け所がサイコー。中華にとどまらず色んな話題が面白いです。私もたびたびお邪魔してます。
  • 私の映画玉手箱-My HONGKONG Dream-
    仲良くさせてもらっているゆみこさんのサイト。映画評や韓ドラ視聴日記など、見るときの参考にさせてもらっています。ブログも必見。

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005/08/29

霆鋒、25歳

今日は、私がうちの若様と勝手に呼んでいる謝霆鋒の誕生日。

25歳かー

私が彼を知ったときは、自分が主演した映画が年齢制限に引っかかって見ることができない位コドモだったのでした。

それが、アジアの歌姫と付き合ったり、
コンサートでおそろいの指輪なくしちゃって慌てたり、

そして破局したり。

シシーやらいろんな人と噂になったり、

事故隠蔽で警察のお世話になったり、
これは、BSでやっているATVニュースで連日放送されて日本にいながら切ない気分でいっぱいだった。

来年のホンハムの予定に名前が挙がっていないのが、ホント寂しいです。
いつになったら大きな場所でライブ活動をやってもらえるのでしょうか。

「新ポリスストーリー」での演技もよかったし、
「無極」も期待しているのですが、生歌が聴きたいな。

そして、そのキャリアの長さゆえか、ただ今話題の華流に入れてもらえてない!
仕掛け人さん達の目の付け所ってどうなの?


生日快楽~~~~霆鋒。
私は、お母さんというにはちと若いので、親戚のおばさんみたいなキモチでアナタを応援しているよ。
露出は多くないけれどよい仕事仲間に囲まれて、納得のいく仕事をすることができますように。
そして、また日本に来てくれるように……待っています。

2005/08/28

くらげとキクラゲ

水母(漢字でこう書くらしい。初めて知りました)と、
木耳(こっちも普段あまり使わない字だ。しかし、形態を見事に表していると妙に納得)。
好き嫌いの問題は別として、日本に住んでいるならばおそらく殆どの人が、食べたことがある、そうでなくてもお皿の中に入っているのを見たことがあると思います。

ナゼ、こんなことを書き出したかというと……

うちのダンナは、クラゲとキクラゲの区別がついてなかったんです!!!!!!!

昨夜、会社の送別会があったダンナに
「ねぇーねぇー今晩は何が出たのぉ?」と興味津々で宴会のメニューと尋ねました。
というのも彼の課は、前の職場でも今の職場でも安い居酒屋なんて使わず、『ふぐのから揚げ』なんてものが出るような所での宴会が多いのです。
会費がお財布にやさしくないのが難点ですが、私の方は共済会館とかばっかりだったので正直うらやましい。
で、毎回毎回宴会があるたびに何が出たかときいてしまう私。
そんなわたしに親切に教えてくれる彼。(しかし、連れて行ってもらったことはない)


えっとねー、キクラゲを梅肉で和えたやつ。

へ?キクラゲ?梅肉って…随分へんてこな料理だねー。そんなの食べたことないよ。

あのさーほら、中華の前菜で出てくるやつ。

あの、それはキクラゲではなくクラゲではないのか、夫よ。

え?クラゲとキクラゲってどう違うの?

し、知らんわけなかろう……

お正月にきゅうりと一緒に酢の物になっているのはクラゲ、中華丼にはいっているのがキクラゲ。

ハァハァ。
料理本の写真でキクラゲを見せたところ、これじゃない。とのこと。

ちなみに、彼は水産学科を卒業しております。

2005/08/25

1%の奇跡 第23話&24話

ヒョンジンとテハは無事結婚のお許しがでました~~~ぱちぱち。
最初あんなに反対していたテハママもヒョンジンの人柄に惚れたようです。

そしてダブルおめでたかいっ!!!!

新婚旅行でもチェインが仕事していてケンカしたり、新婚2ヶ月だっていうのに帰りが遅いとタダが愚痴っていたのに。
恐るべし韓国ドラマ。

こんなに簡単なら、世の中苦労するカップルはいないよ~

これはドラマなんだからあたたかく観てやろうよ、と自己ツッコミを入れてしまいました。

19話くらいから恋愛というよりもホームドラマになってきてますが、
婚約式の後、テハパパ→テハママ→テハの順で、ヒョンジンにデパートのゴールドカードと持ってくるところとかほのぼのしてしまいましたよ。

そしてソヒョン兄ちゃんだ!!!!!

あのニコニコ笑顔にやられてしまった私。
弟しかいない私にとっては理想の兄ですな。
チェインなんかいつのまにか懐いてるし。
ユジンのお姉ちゃんとゴールイ~ン♪てなことになるのかなぁ。

2005/08/24

おばあちゃんの家

韓国ドラマの子役の話をしていたら、
「アンドレアの子役がでているよ」と貸してもらいました。
この映画が公開されたとき、観たいなと思ったものの結局行けずじまいであったので、
お休みの日の午後、1人でゆっくり観ました。

小学生のおばあちゃんにしては、歳をとり過ぎてひいおばあちゃんのように見えても、
夏休みに預けられたはずなのに、ソウルに帰る頃にはすっかり山が紅葉しているなどどいう細かいツッコミは脇においていくとして。

物心ついたときからおばあちゃんと同居して育った私には、
お互いが少しづつ分かり合っていく過程が羨ましかったです。
うちの祖父母対孫の関係はこの映画とは違う関係だったので。

すべてが懐かしく美しい映画だと感動するだけでなく、むしろ田舎と都会の暮らしのギャップがありすぎて、
自分で希望したのでなく親の都合でものすごい田舎に預けられたサンウがかわいそうで
たまりませんでした。
特にケンタッキーチキンのエピソード。
おばあちゃんは精一杯のことをやってくれているのだけれど、
伝わらない悲しさがたまらなかったです。

故郷を離れ、家族とも離れてくらしている大人をしんみりさせる一本。


しかし、メイキングで監督が堂々と「色々不満はありましたが……」と言っていたのにはちょっと引きました。
出演者が殆ど素人だし、山村でのロケだしで、俳優使ってスタジオで撮影のようにスムーズに行かなかったのも事実だろうけれど、その状態をどうにかするのも監督の仕事では。

2005/08/20

トニーレオン……

pink

トニーレオンin台湾。

なんなんでしょうか、この取り合わせ。
トップスは、例えるなら丸の内界隈のクールビズ実施中@会社で働くサラリーマン。
しかし、ボトムスは……

海外のリゾートに初めて行くんで男性ファッション雑誌(しかもオヤヂ系)を参考に、着たこともないもの買ってしまいました~

みたいな。

15年くらいファンをやっていてこの人の、こういうなんともビミョーなお洋服はそりゃ数え切れないほど見てきたけれど、
やらかしてくれる度に泣きたくなるのは、ファン修行が足りないのでしょうか。
何があっても受け入れられる大きな心がホシイ。

来日時のインタビューなどテレビに映る時は、いつも「あぁ、カミサマまた変な服着てませんように」とお祈りしてしまうし、
普通の服着ていたら「あぁ、よかった。今日は普通だった」とホッとしているなんて。

私は生き別れたおかーさんか?


「HERO」や「無間道」でファンになった比較的新しいファンの方々は、こんなトニーを見てどう思っているのでしょうか。

2005/08/17

ガラスの華20話

とうとう最終回。

先週の予告をすべて見てしまった方ならおわかりでしょうが、デジャヴを見ているような気さえしてしまいましたよ。
予告はちょっとサービス良過ぎでした。しかもなんのひねりもなかったし。

あのニューシネマパラダイスのお姫様と兵士の話をジスに聞かせるギテは、あの時点で既に決意していたということなんでしょうね。
口では「幸せになれ」とは言うものの、心の中ではその幸せにする男が自分ではない事にいろんな思いがあったと思います。

ドンジュとジスは12年経ったらタイムカプセルを開けよう……だって。
あの雪混じりの見ているだけで寒そうな天気に海に入っていって行方不明。
コート(身分証入り)は浜に落ちていました。……じゃ

普通、結果は言葉にしなくったってわかるだろ~~~~~

最後の最後までそっけなかったジス。
今となってはあんなこと言わなきゃよかったのオンパレードではなかろうか?
せっかくギテが話してくれたお話もジスがわかったのはソウルに戻ってからのようだし。
ギテ……アンタ鏡に向かって橋田ドラマばりの長台詞言ってたけど、ジスのあの性格じゃ「癒し」はあんまり期待できなかったと思うよ~。
男らしいとよく言われるワタシが言うのだから、間違いない。

しかし、今日の放送は中途半端な時間に終わり、あとはメイキングみたいなものを流してました。
しかもイドンゴン分ばかり。

キムソンス出せ~~~~

2005/08/16

1%の奇跡 第19話&20話

以前、「1%の奇跡の面白さがいまいちわからない」と書きましたが前言撤回。

ワタクシすっかりはまっております。

チェインとタダが結婚に向けて小さな喧嘩を繰り返しながら周りを説得していくあたりから俄然面白くなってきました。

ヒョンジンとテハの恋の行方も気になります。
いえ、どうせ主役の2人はハッピーに決まってますから、私はこっちのカップルの方が色々と障害があって、どう乗り切るのかが興味津々。
「冬ソナ」のナミソムでデートし、船に乗り遅れ無断外泊なんて韓ドラ的ロマンチック~
ありがちだけど、テハママが「うちの息子にはふさわしくないから別れて」とヒョンジンに詰め寄ったりしてまさに

「身分違いの恋の王道」

そのせいで、テハは家を出、ヒョンジンは病院で居留守を使いテハと会おうとしません。

バタバタと結婚式までこぎつけ、チェインとタダは結婚初夜を迎えますが、

いきなりケンカかよ

うちはケンカはしなかったけれど、めちゃくちゃお腹が空いて部屋(自分のお金じゃ泊まれないスイートだった)が暑くて、2人ともトンデモナイかっこうで寝ていたことなどを思い出します。
そして次の日成田から新婚旅行に行くので朝寝坊も出来ず……と、じゅううん年前の自分の姿を思い出してしまいました。

あともう少しで最終回。
結婚について「深い」と思わせるセリフもでてくるこのドラマ。楽しみです。


ちなみに私は、タダのお兄ちゃんが一番好き♪

2005/08/15

また悩む

お盆で実家に帰ってました。

長く苦しい(?)広東語集中講座@10日間も無事終わりました!!!!!

勉強する私だけでなく、毎日駅までお迎え&質素な夕食にダンナも我慢してくれました。
ありがとうよ~~~~。

10月からも続けたいと思っていますが、またクラスでお悩み中。
今回のテキストに関しては、多少知らん単語はあったものの新しく習ったことは一つもありませんでした。

初級行けそうな感じなんだけどな~

発音をしっかりという点では入門からやり直した方がいいのか。
テキスト見せてもらいましたが、入門のテキストはちょっと退屈かもしれない、など思ったり。

10月までまじめに復習してなんとか初級に食い込みたいなぁ。

2005/08/11

ガラスの華19話

港町でギテ発見。

……男同士でナゼダブルの部屋……
ドンジュからの連絡を受けジスも駆けつけますが、ギテは2人にソウルに帰るように言います。
そこで、ジスはギテママの宅急便から出てきたママお手製の産着を見せながら、「あなたは、大切に思われていたのよ」とソウルに帰るために説得。

過去はそうだったかもしれないけど、今のギテの立場を考えるにそれは説得材料にならんのでは?

ギテは、2人が結婚するなら帰って病院に行くなどという交換条件を出します。

キューピット役やっている場合じゃないだろうよ、アンタが一番大変な時に…

案の定ジスは、自分たちのことは自分で決めるとか言っちゃてます。察してやれよ~~~~ジス。
私は完全にギテ派なので、ジスのこういう時の態度がカチンときてしまいます。
ドンジュとジスの2人って、察しが悪い。ちょっとはギテのキモチを察してやってほしいものです。
家族が自分をどう見ていたのか知ってしまった彼にとってそんな気の遣い方していたら却ってギテがかわいそう。

何も大それたことを望んでいたのでなく、ごく平凡なよき夫よき父になる生活を夢見ただけなのに、ギテにしたら「おれが何をしたーっ!」
の一言に尽きると思う。なのに、2人に結婚をすすめ教会まで下見していたとは!

そして、なぜか長男婚約者がホテルにやってきます。
ギテの様子に驚く彼女……しかし、気づくの遅すぎるよ。ちゃんとした裏づけもとらずに会長に言ってしまったことでもう取り返しがつかないことになってしまいました。
今さら後悔したって遅いよ!!!

そして確実に病魔はギテを蝕んでいます。

いや~んギテかわいそう過ぎる。

よ、予告凄すぎ。

2005/08/10

そうかもしれないけどさー

毎日の電車通勤で、暇潰しに中吊り広告はもってこいです。
特に雑誌の広告は読者層に巧みにアピールしているのだろうコピーが、特に読者でもない者にとって「?」なことが多々あります。
今日も見つけました、あるカラダ鍛え系雑誌。
特集は太らないカラダへ先手必勝大作戦!だそうです。

しかし、既に暦の上では秋。
先手というのは、来年のことなのでしょうか。
見出しを順に追っていくと脂肪管理で肥満防止とか間違いだらけのダイエットなど、この夏自分の脂肪に愕然とした人の心に刺さる文字が踊っています。

毎日15分のロープホッピングでスリムアップ…これには「参りました!」

察しの良い方はお気づきだと思いますがつまり縄跳びです。

運動の王道だな、こりゃ。

何でも横文字にすりゃおしゃれっぽいのか?

この雑誌、おしゃれっぽくカラダを鍛えようと、ウエアやシューズから最新サプリまであの手この手で
「鍛えてないヤツはイケテナイ」をその文面からぷんぷん漂わせております。
それについつい乗せられ本を手にとってしまう、自分がナサケナイ。

2005/08/09

ポップコーン

WOWWOWで放送されていたスンホンのドラマ。やっと最終回を見ることができました。

最終日のみビデオにとって、週末にゆっくり見ようとしたら

「途中で予約終わってる……」

ご覧になった方はわかると思いますが、チャンスと待ち合わせたヨンフンが、噴水みたいな所で喋るシーン。

ほんとあと少しでした。

ああいうのも一応ハッピーエンド(?)というのでしょうか?
予測していた終わり方とはいえ、韓国ドラマにしては爽やかな終わり方でした。

子供みたいにぐいぐい押しまくるスンホンが、私は結構好きでした。
ちょっとしたことで怒り出したり気に入らない仕事だとやる気ない~って態度とったりと、
やんちゃな男の人でしたね。

ココロに抱えているものがあるヒョンスにとっては、最初は「なんだこの男」と思っていてもだんだん惹かれていったのかもしれません。

模擬結婚式の後に列車の中でヒョンスに言うセリフなんて、とっても素敵です。
(うちのだんなが言ったりしたら、「拾い食いでもした?」って言っちゃいそうだけど)

でもお兄ちゃんとの確執はどうなったんだっけ?

2005/08/08

加油!自分。

「はぁ、あと5回行ったらおしまいだ」と職場でため息をついたら笑われてしまいました。

「誕生日はいつですか?」とか「どこに住んでいますか?」のようなやっと会話らしいことが出てきたので、皆さんの表情も明るくなったような気がします。
最初は、「舌がつりそうだ~」とか「何を喋るかよりどんな口の形するんだっけでアタマがいっぱい」な状態だったので。
名簿の一番が私なので、指名されるときは一番にあてられるのが結構大変。
最初の1音目が正しく発音できないとあとは総崩れしてしまうのは、前の教室からの悪い癖。
あー直したいよ。


受講者の殆どが30歳台ですが、ずーっとおじさんだと思っていた黒一点の会社員さんが、

同じ歳だった……
これには軽いショックを受けました。世の中の同年代とはこんな感じなのかぁ。

2005/08/04

ガラスの華18話

ギテママは、現時点でなーんにも責任を負わずに海外逃亡してしまいました。

あとに残ったのは……ギテ1人。
もちろんあの家に味方などおりません。今まで一応「お兄ちゃん」として認めてくれていたはずの妹すらも、他の家族と同じように彼を責めるんです。

何がなんだかわからなくなるギテ。

家族の誰一人として「いや、彼はそんなことするような男じゃない」と思ってくれないのです。
そりゃ、ギテじゃなくても「あーどこか遠くへ行きたい」と思ってしまうでしょう。
家族の皆は、ギテを1人の人間としてではなくテヨングループの跡取りとしてしか見てなかったのかと思うと、
友達でもなんでもない私でもかわいそうで泣けてきます。

そしてジスはドンジュにギテを探してくれるように頼むじゃあーりませんか。

都合のいいときにドンジュを頼るなよ

あんなに拒否していたドンジュに対して、その態度って……ドンジュだったらジスが細々と探すのと違い、お金も人も使えるからいいのでしょうけど。
昨日まで親友とはいえ恋敵であった相手を「探して」って言われても。
ドンジュもなんの屈託もなく会社の費用(?)で探しているみたいだし。探偵を社に呼ぶということは、それ自体が私でなく公けということ。


これで来週はきっとギテ&ドンジュの再会男泣き~みたいな展開になるんだろうなぁ。

2005/08/03

なんとも

広東語講座3日目。

今日は仕事がお休みだったので、自宅から向かいました。
本当は10人いるみたいですが、3日目でまだお1人一回も来ていない人がいます。
お仕事が忙しかったりするのでしょうかね。

今日から声調に入りました。
ここで問題が発生。私が今まで習ってきたピンイン表記と違うものを使っているということ。
これが、なかなか覚えられず今までのローマ字表記とつながらないのです。

宿題が出されたので、ちゃんと読めるようにしていきたいのですが、ダメかも。

2005/08/02

韓国の不思議

「ラブレター」を観ていたら、ウジン(チジニの方)がパパ(うちでは「会長」と呼んでいる。「ホテリアー」の会長だからね)に、「オレはお前が嫌いだ。なぜならお前はオレに似ているからだ」とあんまりなことを言われてました。
これにはまだ続きのセリフがあり、「お前は悪者になるんだ。だってオレが悪者だからだ」と、ここまでくると論法めちゃくちゃ。

ここでふと、韓国ってとても家族を大切にするとよく言われてるじゃなかったですか?と思ってしまいました。

「ガラスの華」では、ギテが弱っている所に実の母が「あんたが思っているほど、ジスはあんたのことなんかおもっていないのよ」などととんでもないことを言い放っていましたし。

こんなこと言われてよく息子や娘はグレないもんだ。日本だったら、絶対家出→非行の道に走るというパターンでしょう。

日本の、「親しき仲にも礼儀あり」という言葉はない?????

あるいは、自分と他者との境界があいまいだから、「こういうこと言ったら相手は凹むだろうな」ということは考えないのか?

2005/08/01

初日で

すでによれよれな自分。
ダンナにも「自分で決めて行ってるんだから頑張りなさいね」と言われました。

仕事終わったあと毎日というのは、やっぱり大変だということを改めて感じているところです。
3月からこっちはっきり言ってなかなか広東語に触れる機会がなかったし、
今日の発音練習は、音だけ抜き出して口の形から意識して音を出すのはアタマの中と発音がばらばらになっている気さえしてもうぐちゃぐちゃでした。
決してとんちんかんな音を出していたわけではないようですが、

明日は今日やった発音のおさらいからやるので、『オを発音する時の口でエーという』とか『ユの口でイという』発音をぶつぶつ繰り返してダンナに気味悪がられてます。


丸善に行ったらついに出ていた広東語の辞書

ラウ先生のことも前書きで少しふれられていました。
安くないですが絶対欲しい一冊です。

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »