お知らせ

  • TBについて
    コメントなきTBには、TB返しはしませんのでヨロシク。 承認制にしました。TB反映されるまで時間がかかりますが、 お願いします。
2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

LINK

  • TaxiRobin
    トニーレオンにおちた瞬間が同じであったというhachinoji7さんのブログ。大好きな明星への愛をひしひし感じます。時々ブログでも紹介される、彼女が作るボードはとても可愛いですよー。
  • 明天会更好 天無絶人之路
    仲良くさせてもらっているchikoさんのブログ。 彼女の目の付け所がサイコー。中華にとどまらず色んな話題が面白いです。私もたびたびお邪魔してます。
  • 私の映画玉手箱-My HONGKONG Dream-
    仲良くさせてもらっているゆみこさんのサイト。映画評や韓ドラ視聴日記など、見るときの参考にさせてもらっています。ブログも必見。

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005/07/31

いよいよ明日から

いよいよ明日から8月ですなー。

明日から土日を除いた10日間、夜に広東語の集中講座に通うことになっています。
仕事しながら、家のことしながらなのでややハードですが、誰に言われたのでなく自分の意志で決めたのでちょっと頑張ってみようかと。
6月の香港旅行では、去年言った時よりも相手の言っていることが言葉として聞こえたのでちょっと嬉しかったです。あの時の気持ちを忘れずに勉強していこうと思います。

ピンイン表記は習っていたのと違うのでテキストみて面食らいましたが、
以前の先生が「広東語使う人はピンインなんて知らないのだから、読めりゃいいのよ」と言っていたので、そんなこともアタマにいれつつも、書くより読む、話すことに重きをおいて勉強したいです。

水曜日に職場でトラブルがあって、55歳のおばさんに「いじめられた」呼ばわりされものすごく凹みました。
自分でおおごとにしておいて「私はもうすく辞めるからおおごとにしないで」と言っているのをきいて、
「あんたが事をおおきくしてんだろー」とのどまで出掛かりました。

2004年12月16日に日記に書いたおばさんです。

8月になるということはそれだけあの人の退職も近づくわけだから、あともう少しと言い聞かせて仕事することになりそうです。

2005/07/30

カンピロバクター???

実は今週ダンナの体調が悪くて、水曜日などは仕事を休む程でした。

発熱とお腹ピーピーで、普段呆れてしまうくらい丈夫なものだから、すっかり哀れっぽくなりよれよれ。
「病院行ったほうがいいよ」とは言ったものの、ニュータウンの中にあるクリニックは水曜日が休診でした。
よそ者の我が家は、他に病院を知りません。ネットで検索しても、実は市内の地理がまったくわからないし、
市境に住んでいるものだから市内の病院はとても遠かったりで、役立たず(涙)

具合も悪かったのでその日は病院に行かずじまいでした。

今日も休日出勤。
しかしお腹ピーピーは相変わらずなので、「中抜けしてでも病院にいくように」と保険証を持たせました。

彼は駅前の年中無休という看板を掲げているクリニックに行ったそうです。(ここも、隣の市)

カンピロバクターかも。

え~カンピロバクターって食中毒ってことですか?
検査してもらってまだ結果はでないのですが、その疑いがアリということです。
先生、この季節多いですよと言っていたとのこと。

超お腹壊しのワタシは、ぴんぴんしているのですが……
原因は我が家での食事なのか?????

整腸剤を処方してもらい、私のみるところだいぶ症状がおさまっているようです。

2005/07/28

レンジ台が欲しい

結婚する時に、いわゆる嫁入り道具の一つとして買ったスチール製のレンジ台。
はじめのアパート→マンション→社宅、とずっと連れてきたのですが、

なんかヤバイかも。

最近炊飯器を買い替えたのですが、レンジ台についているコンセントに差し込むとき

ばちっ!と白い火花が出るのは気のせいでしょうか……

ずっと使っているオーブンレンジのは、無問題なのに。
説明書きには、コンセントで火花が出たら使用を中止してくださいとあるけれど。
一方は大丈夫なのでどうしたものか。

このレンジ台、実は米びつ付きでその点はいいですが棚の天板は溶接されているので、変えられない。

カタログが届くたびに探していますが、価格と大きさと収納の3つが希望と一致するのがなかなかなくて、困っています。

2005/07/27

ガラスの華17話

やっぱりこんな気持ちのままじゃ日本には帰れないと帰国を延期したドンジュであったが、
ジスのかたくなな心はそのままであります。
ドンジュは、山本祐一を捨てて一人の男として生きるてなことをジスに告げ、説得しようとするもののやっぱり許せないらしい。
ジスよ、そんなことにこだわり過ぎていると大事なことを見失うような気がするけどな……

と、言いつつも何故かホン課長達に頼まれたドンジュの会社に仕事をやりにいっちゃうから、
一体あなたはどうしたいのか?
とテレビに向かってツッコミたくなってしまう。

うーーーむ、おんなごころはわからんものです。

一方ギテ。
ドンジュのことで落ち込んでいるであろうジスをドライブ&夕食に誘います。
いかに自分は今シアワセかということをジスに語るのですが、当のジスは、

今度から会うときは電話して約束してから会いましょう、家の前でまったりしないで
とつれない様子。

ここまできちゃうとジス、ちょっとヤなおんなかもよ。

そして、ギテ妹は、ごりごり押しの一手でドンジュに逆プロポーズするとか言ってるし(実際してた)、
ママは、海外逃亡(?)しかも出かける前に長男婚約者にあんなこと言っちゃって。
長男婚約者は、ママの計画にギテがかんでると思っているらしく、言わなくていいこと言っちゃうし。
ホント何したいんだよ!

女子が大暴走な17話でありました。


ギテの着てたシャツのストライプパターンが、ビミョー。

2005/07/25

トニーレオンを好きになった理由はなんですか

昨日、朋友たちと喋っていたら、
朋友の1人が「トニー(梁朝偉のこと)の顔は全然私の好みじゃないの。でも私の好きな演技をする人がああいう顔してたの」と、話し始めました。
彼女の確かにトニーの顔立ちは、お気に入りの他の俳優さんと比べて明らかに違っていることに今更気づきました。

昨日のメンバーは、もちろん他にも応援している俳優&歌手がそれぞれいるけれど、全員トニーファン。

そうなのか、そういう理由で魂を抜かれてしまった人もいるのね~と桂花陳酒のソーダ割りをちびちび飲んでいると、「でも、好きになった瞬間は覚えていないな」という人も。

私は、はっきり覚えてますよ。

「悲情城市」でのトニーの正座姿にやられました。

あー私もそこでやられましたーと言う人一人。
他の朋友は、瞬間を覚えているだけでも驚いていたのに、同じシーンでやられた人が2人いたことにもっと驚いておりました。

いや~~私も驚いたデス。

あんな、ジミーなシーンでやられた人が私のほかにもいて、しかもこんなに近くに。

もともとあの映画はゆるーく時間が流れていくし、家族の物語なのでトニーばかりが出ているわけでもないし、
喋らないし。

しかしあの映画のおかげで私は、もう15年ファンをやっているわけだから、不思議。
そして、「パンツはかせてくれ」とか言っちゃっているシーン(「トニーレオンのミッドナイトエキスプレス」より)でも
「あ~かっこいい」とかアタマが腐ったようなことを呟きながらうっとりしている自分……


2005/07/20

ガラスの華16話

別れるというギスの決心を覆すこともできぬまま、かなーり韓国に心を残したまま帰国の準備をすすめるドンジュ。
酔っ払ってホテルのエレベーターに八つ当たりしたりして、すさんでいるご様子。

なんと日本から親友の真人(やっと出てきた、金子昇)が、訪ねてきてどうやら日本の会社に不穏な動きがある様子。いつまでも韓国でうだうだしている場合じゃないぞ、いけいけ!本部長。

一方ギテ、妹から2人が別れたことを聞かされて2人のことを気遣うことはあっても、「よっしゃー!」とはもう思わないらしい。なんかすっかり枯れちまった……

妹だけは相変わらず、野心満々であります。
道義的に結婚できないでしょうと勝ち誇ったようなことを言ってましたが、
別に血縁関係があるわけじゃなし、どうしてもっていうならドンジュが山本の名前と捨てればいいと思うのですが、
それは『ナシ』らしい。……どうせ、汚いオトナですよ、私は。

そろそろギテママも何かを決心しているようで、2人でご飯なんか食べに行ってみたりしてます。
カウンターならわかるけどあのテーブルで2人並んで食事って、どうよ?と突っ込んだには言うまでもありません。
なんか可笑しくないですか?いい歳した息子と、ちょっと高級そうなレストランで写メールって……


とうとう帰国の日がやってまいりました。
見送りはなしで、ということで1人空港に向かうドンジュ。車内でジスとの思い出に浸りまくりであります。

ん?えーーーーーー?もしかして知らなかったっけ、ジスと会長の関係

うわっ、ちょっと誰かそっと教えてあげようよ。全然わかってなかったのねこの人。
ジスのおかしな行動の理由を。

だんだん回想シーンが多くなったと思うのは私だけであろうか。

2005/07/19

恋する神父

クォンサンウというのは、100人が見たら100人が「ハンサムだ」という顔ではないと思います。
でも、どこか憎めない表情を持っていてなかなかチャーミングな俳優さんだなぁというのが、彼に対するイメージです。
そんな彼が神父になるべく日夜励んでいる神学生を演じているこの映画。
またもや、マダム度高しの劇場で観てまいりましたよ、はい。

真面目な神学生であるギシュクが特別教練で(なぜこんなことになったのかの理由も結構笑えた)、田舎の教会に派遣され、そこで知り合うアメリカ帰りのボンヒとぶつかりながらもなんとなくお互い気になる存在に……
神学生という浮世離れした彼と、奔放で小悪魔ちっくなボンヒとの対比も面白かったし、
そんなボンヒが元彼をなかなか忘れられないところや、
ギシュクが、立派な神父になっているとばかり思っていた先輩が聖職を捨てていたことに愕然とするところなど、上手くエピソードが挟み込まれていて飽きさせません。

結婚式の歌のシーンもよかったなぁ。

結末は想像がつく映画なので気楽に観ていられるし、見終わった後に気分よく映画館を出られる一本。

韓国って、儒教の国ってよくいうけどクリスチャンの国だな~ともこの映画を観て感じました。
聖職受任式のシーンで、家族友人が沢山やってきて祝福するというところとか、
ギシュクが神学校に入るときにお父さんから貰ったロケットのエピソードなどちょっと
普段無信仰に生きている私にはとても新鮮に思えました。

2005/07/17

クーラーにやられる

先週、会社では冷房の温度についてスタッフとおぢ達の静かで熱い攻防が繰り広げられておりました。暑がりなおぢ達の所には冷たい風は行かず、冷房に弱い人の所に限って寒いからです。私の席は頭冷房が直撃で、いくらカーディガンを着ても防ぎようがありません。そのせいか喉をやられ、ベポラップの喉飴を四六時中なめることに。しかし一向に良くならず、咳が止まらなくなったと思ったら今日は鼻水&くしゃみです。ティッシュの箱を抱えていないと鼻水がつつーっと(:_;)。花粉症持ちですが薬で抑えられるので、こんな状態は久しぶりです。あーツライ。

2005/07/14

ガラスの華15話

でた~~~~6時に教会で待っている

このパターン、冬ソナでもあったなぁ……
想像通りジスは来ませんでした。ギテも同じ時間に待ち合わせの約束しちゃってそっち行ったから。
平日に6時待ち合わせって……どっちも会社で責任ある立場なのに、そんなんでいいのか?

教会で待っているドンジュ(新郎というよりも市民オーケストラの団員って感じだった。)は現れないジスに対して怒りも感じず、結構淡々としてます。
ギテの方は、ジスが結婚式すっぽかして来ていることしらないから、「幸せになれ」みたいなこといっちゃうし。
3人の心はもうあっちこっち違う方に向きっぱなし状態。

あんなにジスを巡る火花バチバチのバトルを繰り広げていた2人なのに、
今日の2人は何故かとってもあっさりしている。

ドンジュは1人で帰国することに決め、しかも『山本祐一』で生きる決心までしているみたいだし。
一方ギテも、ジスのことを考えて自分は身を引くつもりらしい。だから、お見合いの相手との結婚話を進めてほしいなんてママに頼んだりして。「女は皆同じだから」なんていうセリフがちょっと悲しいけれどね。
そこで、そうねって話を進めりゃいいものを、ギテママと妹は納得行かない様子。
この2人ってよくよく考えたらいろんな場面で『火に油を注ぐ』人達……
まだまだ何かやってくれるのでしょうか。

そういえば、ギテの病気の方はどうなった?
病院に行った様子もなくピンピンしているのだが。


2005/07/12

ラブレター 第4話

今回で4話目ですが、ゆるーく展開するこのドラマ。

2人のウジンの間に挟まっているウナ。
というと三角関係どろどろドラマを想像してしまうところですが、

このドラマは、仲良し男子2人の間に入って行けないウナがイライラ……
そりゃ~チョン・ウジンが銭湯に誘って3人で行ったところで、裸の付き合いで楽しそうなのは男子2人だけ。
ウナは1人女湯でくさっている羽目になってしまうし。
彼女にしてみれば、

「アタシのイ・ウジン(アンドレアの方)を取らないでよ」ぷんぷん。

今回出張ミサに出かけてウナはイ・ウジンに自分の気持ちを打ち明けると、
「僕をアンドレアと呼んでくれ」ですって。

いずれは神に仕える身であるアンドレアは、誰の気持ちも受け入れることができないから。

え~~~?そうなんだろうけどさ、ちょっとかわいそうだわ。ウナが。
そんなウナを見ているチョン・ウジンは『チャ~ンス!』と思ったかそれとも、『アンドレアの奴め~』と思っていたのか。

しかも神父になる予定なら何故神学校にいかず医学部に行ってるのか。
っていうか、この3人全員医学部?????
季節がずーっと冬なんですけど、確か新学期始まったばかりだったはずなのに。
すずらんがあるのに、外は雪が積もっている……
韓国の季節はナゾだらけ。

私がこのドラマで好きな所は、初回のおばさんを除き悪い人が出てこないこと。
いじめっぷりを見るのも楽しいけれど、毎回だとやっぱり疲れるし。

来週あたりアンドレアの母の秘密が明かされるみたい。
でも、アンドレア母はひとめみてわからないっていうのは……

結局は、出生の秘密やら病気やらわらわら出てくるらしいんですが、
いつになったら怒涛の展開になるのか今から楽しみ♪

2005/07/11

歯が痛い

体調がよくなかったりするとてきめんに、奥歯が痛くなる。
しかも、神経がもうないはずの親知らずが。

今日もそんな日。
仕事している時は全く感じなかったのですが、寄り道して帰ったきたらもう痛くなっていました。

このところ、会社でイライラさせられることが多いので、こんなことになってしまったのかも。
1人『暴走機関車』状態な人がいまして、文字通り『もう誰も彼女を止められない』。
そう、上司すらも……

仕方がないから皆で放置しているのですが、これもなかなか忍耐のいることです。

ふうぅ。

あと4ヶ月。
嵐が過ぎるのをじっと待つしかないのか。

2005/07/09

新しいパン屋さん

ダンナがいるときでないと行けない蕨市のスーパーに久しぶりに買い物。

我が家の近くには、大型ショッピングセンターがないので、ホント不便。
ショッピングセンターのはしごもやったことあるくらい、こっちに越してからはショッピングセンターでお買い物というのがお出かけになっちゃってます。
それも、2人のお休みが合わなければなかなかできませんけどね。

さて、せっかくのお休みということでダンナは午前中わざわざ丸の内までセールに出かけ、(昨日私がセール期間を偵察してきた)夕方から車を乗り出して行ってきました。

パン屋さんが変わっていた。
今までのところはそこそこ売れていたみたいですが、個人的にはあまりそそられなかったので殆ど買ったことありませんでした。
今度の所は店の名前を見ても、知らないパン屋さんだなーと思いつつ近くに寄ってみたら
お店の名前の下にサンジェルマンって。
ちょっと字体が違うので「?????」だったのですが、置いてあるサンドイッチの袋はサンジェルマンと同じ。

最初は冷やかしのつもりでしたが、トレイとトングを握り締めてました。
「コーンパン売ってるよ」とダンナが指差す先には、

おぉ~~~~コーンパンだっ。

わざわざ渋谷まで行かなくても週末に買えるじゃないか。
先々週大森に行ったときも地下まで降りていって買ってしまったくらい、ここのコーンパンは安くて美味しい。
で、コーンパン、マヨネンロール、ダッチフォンデュ、メロンパンと買いました。
全部で493円也。
昨日はミクニでもパン買ったっけ……←グルメじゃないけどパン好き。

週末のささやかなお楽しみが増えそうです。
あ~~私ってすっごい庶民。

2005/07/07

1%の奇跡

このドラマ、たった1回を除いてちゃんと見てきたはずなのに、面白さがイマイチわかりません。
財閥のトップから退いたおじいちゃんから、「事業を継ぎたかったら、自分が決めた相続人であるダヒョンと結婚しろ」というヘンテコな遺言をつきつけられたチェイン。
しかし、遺言とはいえおじいちゃんはピンピンしており当分遺産相続なんてことはなさそうだし、
ダヒョンって名前にも心当たりなし。
「じいちゃんは騙されているにちがいない」とダヒョンのところに乗り込んでいくも、当のダヒョンも「そんな人知りません」状態。
「金目当てだろ~~~」とかダヒョンを攻めまくっているくせに、一番遺産が欲しいのは、あんただろー。
それが死んだお父さんが築いたものであっても。

で、2人はある契約を結び交際することに……

今日の放送で、ダヒョンの親は「財閥と結婚するなんて身分違いだし、大変そうだから家柄も人柄も申し分ない先生の方にしなさい」とチェインが会うことを禁じてしまいました。
先生というのは、同僚の美術教師(チャングムの王様が演じてます)のことでおうちは評判のよい病院でしかも次男。
私もそう思うぞ、ダヒョンよ。
だってチェインたらぜんぜんやさしくなくてダヒョンの都合なんてお構いなしなんですもの。

チェインはダヒョンの兄に「契約じゃなくて、1人の人間としてダヒョンをみてやってくれ」と言われて、
ちょっと反省……

来週からは、ちょっと面白くなるかな。

チェインのママ役は、「happy together」でスンホンをハヌルと別れさせて逆玉の輿を画策していた、おばさんと同じ人。だからね~なんか義妹にいじめられてる可愛そうな長男のヨメと言われても……


>ゆみこさん
ギテ「これからは正攻法で顧客を増やしましょう」って……今まではなんだったのかい?でも仕事している分ドンジュよりまし?3人でランチって昼休み何時間あるんじゃ~。
日本に帰るの延ばしました~って、仕事どうするんじゃ~……ってつっこみ三昧。ラストを知ってしまった後も目が離せません。

2005/07/06

ガラスの華14話

2012年のオリンピック開催地はどこか?などというニュースを見ていたせいで最初の数分を見逃してしまいました。
どこでやろうと私の生活に何のかかわりもないのにね。

私達があまりにうるさく突っ込みを入れているのが、スタイリストさんに届いたのか(いや、それはありえない話だが)、今日のドンジュはノーネクタイ。
養父である山本氏にジスを会わせ、将来のヨメとして認めてもらいたい模様。
で、ホテルのレストランで3人でランチ……になるはずが、ジスが自己紹介した途端に「急用を思い出した」とか言ってパパ山本は席を立ってしまうのでした。
そのときのジスの顔ったら、夢に出てきそうなくらいすごかった。

お話は、なんだか違う方向へ行っているような気がします。
唐突に、「私達を捨て、別に家庭を持っていたお父さんが許せないっっっっ」
わかりますよ、死んだはずの父親が、突然恋人の父として目の前に現れたらそりゃ驚くし、混乱もする。
でもジスのパパが「死んだ」のは、ジスが赤ちゃんの時じゃなかったと思うし、
死んだって言われててもお葬式の記憶さえなかったら、それは可笑しいのでは?
そしてもっと驚くのは、「そんなパパと一緒に過ごしてきたドンジュとももう……」

え~~~?坊主憎けりゃ袈裟まで憎いってことぉ????

今まであんなにギテが「好きだ、そばにいてくれ」と言われても、ただの友達とさらっと言ってのけたジスなのに、そりゃあんまりだよ。

何の病気かは知らないが、明らかに病気のギテが、「一緒にいて欲しかった。お前ならオレを捨てないと思ってた」とまで言ったのに。

ドンジュだって「君と再会したおかげで、違う自分になれた」とか言ってたのに。


どっちからも「君が必要」コールを受けているのになぁ~~~~
ぼろぼろ涙を流しながらもよくよく見てみれば「わが道」を進んでいるのは、彼女だもん。
結局一番強いのは、シンジスその人なのかも。

2005/07/05

奇華餅家のお菓子

昨日に引き続き、香港に浸れるお菓子第二弾です。

奇華餅家の哈蜜金酥。これはメロン味ですが、パイナップル味やマンゴー味もあります。(詳しくは忘れてしまいましたが、他にあと3つ位味があったと思う)
1個5HKドル。
大きさといい値段といいお土産にぴったり。ということで、会社など配り物系お土産として重宝しております。
ギフト用に、箱やきれいな缶も別売りで用意されており、ちゃんとしたお土産にも使えるし。

いつもは、人に配ってばかりで自分たちはあまり食べたことなかったのですが、
4.5HKドルに値下がりしていたこともあり、今回自宅用にも買ってきました。
しっとりとしたショートブレッドみたいな生地の中に、フルーツ味のあん(といっても和菓子のあんこではない)が入っています。メロン味は、真緑のあんがはいってました。
この色を、毒々しいと思うか、きれいと思うかはそれぞれとおもいますが、味自体は美味しい。

ここのお菓子はいつもシティスーパーで買いますが、路面店ではパンも売っていてそれも美味しそうなので、
ぜひ食べたいものですが、なかなか「香港で食べたいものリスト」の上位にあげることができず今に至っています。

2005/07/04

芒果小枝

コンビニでダンナが買ってきました。
期間限定のマンゴー味小枝。
コンビニLにはあったけど、コンビニFにはなかったそうで、
期間限定の上に取扱店も限定なのかな?
「マンゴー味ってどうなの?そもそも『香港的甜品』て書いてあるのが怪しい。消しゴム食べてるみたいだったらヤだな」などと言いつつも2本入り袋の封を開けました。
ぽりっ。
「うまぁ~」

マンゴーそのものというよりマンゴーを使ったデザート味です。
なるほど、だから香港的甜品なのか。
香料だけでなくちゃんと乾燥マンゴーがはいっているので、よりマンゴーらしい味が楽しめるようです。
香港で甘い物を食べるのが楽しみな人にはちょっと癖になる味かもしれません。
しばらく香港には行けないので、このお菓子をぼりぽりしながら香港気分に浸ろうと思います。

050704_1943.jpg

2005/07/03

物欲のオニ

050703_2132.jpg

昨日お中元を買いに行ったついでに、セールに行ってきました。
わかりづらいと思いますが、
グリーンのニット×2、白いクロプトパンツ、鹿の子織りのワンピース、七分袖のパーカー、襟ぐりにベロアのテープがついたTシャツ、Aラインのバイヤススカート、そしてミュール……
ニットは店頭にディスプレイされたものをわざわざ脱がしてもらって購入したものです。

そのあと、途中下車して、スーパーで買い物した後、駅前の雑貨屋さんでカゴを購入。
水曜日に行ったときにかわいいポンプ式の入れ物が200円くらいであったので、それも欲しかったのだけど、値下げ品だったのでもう売れた後でした。残念。

……徒歩で帰ることをすっかり忘れてしまっていたワタシ……

お、重い。腕が千切れそう(涙)

駅から家までが遠かった。
やっとの思いで、カギを開け荷物を降ろした時には、はぁ~~~~~とため息が出てしまう程でした。
スーパーで買ったシュークリーム、1個はパンクしてたし(涙)

いつもなら香港で、スーツケースがやばい重さになる程色々買い込んでくるのに、
今回は買い物が好きじゃないというお義母さんに気を使ってあまり買えませんでした。
ただでさえ時々、びっくりするような物欲のオニと化してしまうワタシ。
2週間経っても不完全燃焼が続いていたようです。
服や靴はこれで収まったのですが、部屋をもうちょっとなんとかしたいので、雑貨にお金を使うことにしばらくはなりそう。

2005/07/01

ケーキバイキング

会社の同僚とケーキバイキングに行ってきました。
地下鉄を乗り継いで、わざわざ新宿へ。

昨日、無事に月末を乗り切ったという開放感もあり、いい気分。

窓際の、外の緑がきれいに見える席に案内されて、食べる気まんまんです。
実は、昨夜ブッフェ攻略法なるサイトをまわり事前学習してきました。

女性パティシエの作った夏向きのケーキと、サンドイッチなどの軽食もあります。
今日の夕飯はここで済ますぞ。

お皿には、多くても3個くらいまで。彩りも考えて選びましょう。

は~い!センセイ。ということで、とりあえず3個をセレクト。
びわのムースにシトラスのタルト、マーマレードののったチーズムース。

あら、色が黄色ばっか。

お隣の同僚のお皿は、まずは腹ごしらえということでサンドイッチ(自分で挟む形式なのでパンと中身を選ぶ)

こちらは、白っぽい

パンと、ポテトサラダとたまごサラダが仲良くのっています。ハムや葉っぱモノのサラダがないので、どうしてもこうなってしまう。

次こそは、と2回目。
苺とチョコのムース、ラズベリーのタルト、シフォンケーキ。

今度は赤ばっかり。

ケーキ食べながら、冬瓜のスープをすするようなへんてこな食べ合わせ。

すみません、私が見たサイトの方々……


あまり人に知られていないのか、静かだしお皿はどんどん替えてくれるしで、気持ちよくケーキを食べながら、おしゃべりできました。

でもケーキ以外のメニューがもっと充実していたらなお良い。って感じかな。

会社のもっと近くにもホテルが結構あるのだけど、
手ごろな値段で美味しい所ないかな~

今度、チェックしよう。


« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »