お知らせ

  • TBについて
    コメントなきTBには、TB返しはしませんのでヨロシク。 承認制にしました。TB反映されるまで時間がかかりますが、 お願いします。
2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

LINK

  • TaxiRobin
    トニーレオンにおちた瞬間が同じであったというhachinoji7さんのブログ。大好きな明星への愛をひしひし感じます。時々ブログでも紹介される、彼女が作るボードはとても可愛いですよー。
  • 明天会更好 天無絶人之路
    仲良くさせてもらっているchikoさんのブログ。 彼女の目の付け所がサイコー。中華にとどまらず色んな話題が面白いです。私もたびたびお邪魔してます。
  • 私の映画玉手箱-My HONGKONG Dream-
    仲良くさせてもらっているゆみこさんのサイト。映画評や韓ドラ視聴日記など、見るときの参考にさせてもらっています。ブログも必見。

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2005/05/31

スペイン

ダンナが本社で会議があり、都内に出てくるので仕事帰りに待ち合わせして、
外でごはんを食べました。昨夜ネットで探してスペイン料理店に行くことに。
スペイン料理店は初めてなので、何をオーダーしようかわくわくして行ったのですが、メニューをみてあれも食べたい、これも食べたいとかえって迷うことになってしまいました。初めての店だしまずは入門編ということでパエリアディナーコースを選びました。ワインはスペイン産のもので白を、あまり沢山飲むのも帰りこともあるので、ハーフサイズです。このコースは2人分だと1つのパエリア鍋で半分づつ違うものが食べることができます。いろんなものを食べてみたい私達にはぴったり。ダンナは生ハムをソーセージのパエリア、私は海の幸のパエリアを頼みました。
前菜は、ポテトサラダといわしのマリネ。そのあと魚料理(スズキのグリルにアメリケーンソースがかかっていました)一緒に食べる相手がいつものダンナであっても、場所が変われば楽しいものです。美味しいご飯であればなおさら。しかも主婦のわたしとしては食事中に席を立たずにゆっくりを食べることができるのは、シアワセなヒトトキであります。今日は、会議の話やら来月の旅行のことなどを話しながらゆっくりごはんしました。
食後の珈琲の頃になると、ギター弾きの人がテーブルをまわり始めました。私達のテーブルにも来てくれて一曲。
雰囲気満点で素敵だったですよ~

しかし、うっとりしつつも「こういう時というのは、やはりチップが必要なのだろうか」という「?」が頭にいっぱい浮かんでいた小心者です。

結局チップは必要ではなかったです。

こんどは、タパスを何品か頼んでみたいです。

2005/05/29

脱、日帰りバス旅行

看板モデルさんの3泊4日香港の旅が載っているというので、
買い物に行ったついでに本屋に寄り、最新号の『style』をぱらぱら立ち読みしてきました。

んまぁ~すごいこと、すごいこと。
ホテルロビーの白亜の階段の前でスーツケース(しかもブランドもの!)を全身真っ白コーディネイトでにっこり微笑むモデル嬢。
バスケットコートの中で微笑むモデル嬢。
中国茶の店で微笑むモデル嬢。

特集の最後には、3泊4日のワードローブ一覧も載っています。
靴3足、バッグ3個……

普段、旅するときには、どうしても行きの荷物を減らしたいためにロクな服を持っていかず、
(よく、友達同士で「これじゃ日帰りバスツアーだね」と例えるほどの格好…)
ホテルのダイニングに、びびりながら行くこともたびたびの私には、夢のような素敵さです。

前回あたりから、夜の食事用にちょっと小奇麗な服も持っていくようにしましたが、
昼間はローカルブランドの服を着て下町あたりをうろうろしている私は、ジモティが見てもジモティに見えることが多いらしいです。

「こーんなきれいな格好していたら香港で浮きまくって、日本人ですって看板さげているのと同じじゃないの」
とページを繰りながら負け惜しみをつぶやきつつも、スーツケースの中身について思いをはせていたのは、何を隠そうこのわたしです。

今回こそは、脱日帰りバス旅行!

2005/05/28

悲しき恋歌

土曜日フジテレビの韓国ドラマ第二弾。

今日で5話目でしたが、先週録画もせずに遠出していたので4話目は観ることができませんでした。
実家の母などは、このドラマに集中するために早く買い物に行ったりしてます。
弟家族が来たときなどは「あんたたちいると騒がしくてテレビ観れないから帰って」とまで言って、驚きました。

今はまだ高校時代ですが、韓国ドラマのお約束で、本人たちが高校生を演じてます。
キムヒソンなどは、そのきれいな容姿のせいで、とても17、8の女の子には見えません。
きれいってことがマイナスになることもあるのだな、という私には一生縁の無いことをテレビを見ながらつぶやいてみたりしてます。

今までのドラマより展開がまったりしていて、ま、1回くらい観なくてもいいかと思わせてしまうところが惜しいかも。
「天国の階段」は、継母&義妹のいじめとか、若社長のオレ様ぶりとか、パパの鈍感ぶりなど、ヒロインに不幸が襲えば襲うほど可笑しい展開だったりして、毎回面白かったのに。

つっこみどころがあまりない隙の無い造りが却って興味がわかない理由かな。
それから、印象的なロケ地がまだ出てこないし。
韓国における春川の位置づけがどんな感じなのかしらないけど、
「また、春川か」っていうのもあるし。
(BSでやってる初恋も最初春川が舞台であった)

出てくる俳優さんも悪くないし(サンウのただ今撮影中ユジテ共演映画は観てみたい!)
この不完全燃焼感は、なんなんでしょう?

で,今は月曜日から始まる昼ドラに注目中。
韓国ドラマではないけれど、韓国人俳優が昼ドラっていうのと、この時間帯のドラマって韓国ドラマとテイストが似ていたるするので。←突っ込みたいだけでしょう、とはダンナの言葉。

2005/05/24

結構、パン好き?

050522_1836.jpg

朝ごはんがパン食なのは、結婚してからの習慣なのでかれこれ10年位。一番よく食べるのはやはりどこでも買える食パン(6枚切)ですが、好みなのは、プチパン。

サンジェルマンのコーンパンや、ポンパドールのセモリナパン、名前は忘れたけれど白いプチパン。
軽くトーストしてマーガリンをつければ、もう十分幸せです。

値段も1コ60円台~なのもうれしい。
あまり沢山買わないで、食べきれる量を買うのが賢い買い方。

なぜなら、これらはカビちゃうのがはやいから。

これらのパンを買うために、わざわざ遠回り&途中下車も厭いません!

昼休みに、「ここのパンが美味しい」とか「あの○○美味しいよね」という話になったのですが、
話にあがったパン&パン屋さんを殆ど知っていました。

これって、結構パン好きってこと?

ハイジがタンスに隠してペーターのおばあさんに食べさせたかったのは、ちゃんと白く製粉した小麦粉を使ったパンだと知った時は、オトナだったのにショックでした。
だって、もっと美味しい夢のようなパンがあると信じてしたから。

私にとっての「白パン」を求める日々はしばらく続きそうです。

2005/05/22

春からのお楽しみ

コートやジャケットが不要になると、アンサンブルやシャツが活躍する季節の始まりです。
以前あるオトナファッション雑誌に「毎年アンサンブルを買う」のは、イケテナイ典型と書いていましたが、
その典型がわたしです。
根が貧乏性なので、別々にも使えるアンサンブルはお得なアイテム。
何枚か淡い色ものばかり買ったので、今年は色はネイビー、インナーがノースリーブで、カーディガンはクルーネックを買いました。

シャツは、ガーゼや麻素材のもの、コットンのものが気に入っています。特に香港ブランドのジョルダーノの麻のシャツはシンプルで程よくフィットするのでお気に入りです。コットンなら、カットワーク刺繍の入っているブラウスが、着まわしに便利で長袖(カフス部分も刺繍入りでなかなかカワイイ)、半袖共に持っています。
春夏は特に、こういったシャツ&ブラウスにふんわりスカートを合わせるとなかなかよろしいのではないかと。
お店に行くとリバティプリントなどについつい吸い寄せられます。
今は、bossini(これも香港ブランド)のレースのテープがついたギャザースカートがお気に入り。

ミクロちゃんなわたしにとって香港ブランドは、つよーい味方。
(どうも、「ハチクロ」のはぐちゃんと身長同じくらいらしい。あんなに可愛くないけどさ)
来月の渡港のさいには、またミクロちゃん御用達ブランドを買い込んでくる予定です。

2005/05/17

見学してきました

いつまでも、広東語のクラスがなくなったことにガックリしているわけにはいきません。
気づけば広東語と全く無縁な日々を過ごしてはや2ヶ月。

重い腰を上げ、とある教室を見学してきました。
面倒くさがりなうえに人と打ち解けるのにやや時間がかかる性格なので、知らない人しかいない状況は大の苦手。
しかし、この件に関してはそんなことも言ってられません。
せっかく一年間勉強したものをなんとか続けたい。

初級クラスを見学させてもらいました。
テキストをかりた時点では、「あぁ、このレベルならやっていける」と思いましたが、
授業が始まった途端、…………

すいません、ここ本当に初級ですか?????

先生、日本語一切話しません。質問も広東語。

テキストの会話を生徒にアレンジさせて会話させたり、出てくる表現を使ってテキストとは全く違う質問をしたり
覚えたことを試す機会が沢山あります。
文字通り見学で、授業には一切参加しませんでしたが、楽しい授業でした。

私もしここで勉強するなら入門の方が良いのではないかと思いながら教室を出たところで、
初級クラスの生徒さんと一緒になり色々教えてもらいました。
彼女も、私は入門クラスからやり直しか?と思ったそうです。
先生に「先生の言ってること聞き取れない」と言ったら「ダイジョウブ」って言われましたよーと、笑顔でおっしゃってました。


あまり時間はないのだけれど、ちょっと迷ってます。

2005/05/12

タンドリーチキンに挑戦

特別インド好きではないけれど、ずっと以前から作ってみたいと思っていたこの料理。

材料は、プレーンヨーグルト、カレー粉、しょうがとにんにく、玉ねぎなど、どこのスーパーでも買えるものばかり。
とうとうこの日が来ましたよ。
いや実は、月曜日に作ろうと思っていたら冷やし中華が食べたい人が一名いたので延期→火曜日は、飲み会で夕食がいらない人がいて延期→水曜日は何故か本人がダウンして延期……

仕事がお休みな今日、しかも体調復活したので、夕方のニュース番組が始まる前から漬け込んでおきました。
レシピによると、オーブンに網をおいてその上で焼くのがベストらしいですが、オーブンがあっても網がないので
フライパンでじゅーと約10分焼きました。

自分で言うのもなんですが、

美味しいです

普段インド料理なんて食べないけれど、これは美味しい。
レシピは、結婚前に買った料理本のもので(表紙なんか無くなってしまいいまや情けない状態)
じゅううん年前から我が家にはこんな美味しいレシピが日の目を見ずに眠っていたとは。

いい加減な量の漬け込みタレだったので、捨てるのがもったいない程余ってしまいました。

「こんなに美味しいなら、しばらくタンドリーポークでもビーフ(インド人聞いたら泣くよ、ダンナ)でも続いてもいい」

と、言うので調子に乗って、カツ用の豚肉を漬けておこうか。

2005/05/09

銀座でランチ

昨日の夜の時点では、銀座で『エロス』を観るつもりでした。
朝起きてダラダラとパジャマで過ごしていたらば、いつの間にかテレビでは『秋の童話』が始まってしまい、
「あ~17話だって。もう少しで終わりだね。この頃から、なんか回想シーンが多くなるよね」

私:「スンホン、今頃なにやってるんだろうね」
ダンナ:「ほふく前進じゃないの?」
などと、突っ込みながら結局全部観てしまいました。
何回観たら気が済むんだ、ワタシ。

もう、映画には間に合いません(涙)

銀座でランチに変更になりました。

イタリアンのお店なのですが、週末だと結婚パーティーや2次会で貸切だったりということもありますが、
今日は平日。

お昼時でもほどほどの込み具合で、他のお客さんとも程よい距離。

とりあえず一番安いクイックパスタランチにドルチェ付。
車でないお出かけは珍しいので、赤のスパークリングワインを頼みました。
ロゼは飲んだことあるけれど赤のものは初めてです。

美味かった……

パスタは、豆と野菜と豚肉の煮込んだものがソースのもので、
適度な塩味が美味しかったです。
近所のスーパーでも買える素材ばかりなのに、初めての味。
伊達にお金は取ってませんね。やはり。

久しぶりに行ったけれど、やはり美味しかった♪


銀座の駅に、なんと私が持っていったバッグと同じものがディスプレイされておりました。
余計なことにプライスカード付。
ダンナに、値段バレました。
色までも同じだったので、誤魔化すこともできず。
「えぇ~い!買うとき全部でいくら?って買うからいちいち一つ一つの値段なんかおぼえちゃいない」
時代劇の悪代官のようにひらきなおったのは…言うまでもナイデス。とほほ。

2005/05/07

ひとまず走れ!

他に色々見たいものがあっていつの間にか後回しになっていたこの映画。私の地元ではまだ上映しているので、連休に韓流ドップリの母と行ってきました。

同級生のソンファン、ウソプ、ジノンが乗っていた車(なんと「冬ソナ」で、サンヒョクが乗っていたのと同じ車種)に、
突然、黒ずくめの男と麻袋の入った大金が降って来た!!!!この大金を自分たちのために使うことにした3人は警察と、もともと金を奪った犯人両方から追われる羽目に!
ジノンがやってるサイトの唯一の女性会員ユジン、金の持ち主に雇われた殺し屋(?)も加わって、
どうなる3人!どうなる大金!

ソンファンは、20歳なのにまだ高校3年生。大抵のことは「お金で解決」できるお家のコ。ただし、新しいお父さんにはなじめず1人マンション暮らし。

ウソプは、バイトでホストをやっている。しかし、お家は団地住まいで、お父さんには頭が上がらない。

ジノンは、『これといって特徴のない顔』と表現されてしまう地味なコ。この3人の中では一番まともな高校3年生。
自分のサイトをもっている。もしかしたら日本のアニメおたく?

自分のために使う!と言いながら買ったものは、サングラスとかオーディオとかスーパーでお菓子いっぱいとかバイトしても買えるのではというものばっかり。(しかし、ここでこれから儲かりそうな株とか買われちゃったら、それはそれで複雑な気分だが)
そしてとにかく、走る、走る。タイトル通り、考える前に「ひとまず走れ!」な3人なのです。
でもソンファンの一大事に必死になる2人に男の友情を感じてしまったり。見ているこっちもなかなか忙しくて。
とてもポップコーンなんか食べながら(したことないけど)なんて見れません。

スンホンやサンウなんてどうやっても高校生に見えない(ブレザー着ていても高校生にはどうしても見えない)2人がホント楽しそうにやっているのを見て、こっちまで思わず顔がニンマリしちゃうような映画でした。


しかし一つ残念なことが。
どういう理由なのかはわからないですが、前半フィルムに傷がついていてせっかくのスンホンのアップにもピーっと縦線が入ってしまっていたこと。
一応お断りがロビーにしてあったのですが、あそこまでとは思いませんでした。

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »