お知らせ

  • TBについて
    コメントなきTBには、TB返しはしませんのでヨロシク。 承認制にしました。TB反映されるまで時間がかかりますが、 お願いします。
2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

LINK

  • TaxiRobin
    トニーレオンにおちた瞬間が同じであったというhachinoji7さんのブログ。大好きな明星への愛をひしひし感じます。時々ブログでも紹介される、彼女が作るボードはとても可愛いですよー。
  • 明天会更好 天無絶人之路
    仲良くさせてもらっているchikoさんのブログ。 彼女の目の付け所がサイコー。中華にとどまらず色んな話題が面白いです。私もたびたびお邪魔してます。
  • 私の映画玉手箱-My HONGKONG Dream-
    仲良くさせてもらっているゆみこさんのサイト。映画評や韓ドラ視聴日記など、見るときの参考にさせてもらっています。ブログも必見。

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

2005/04/30

PTU

ジョニートーという監督は、普段は脇役で「いい味出してる」俳優を使うのがどうしてこんなに上手なのだろう。
何でも撮る監督ですが、特にこういった恋愛が絡まない男の映画でその本領を発揮していると思います。

尖沙咀のある一夜を描いた作品。

ヤクザの息子が殺され、
林雪演じる組織犯罪課の刑事が拳銃を失くしてしまい、
路上駐車の車のガラスが破られ……

これらのことは関係のあることなのかないのか、まだわかりませんが、
刑事に泣きつかれ、
任達華演じるPTUの隊長は、「今夜一晩一緒に探すから、出てこなかったら報告しよう」と約束します。

ハンサムな俳優は殆ど出ていきません。しかし、とにかくかっこいいのです。
廃墟ビルの階段を懐中電灯だけで上がっていくシーン。
PTUはこの夜5人で行動していてそれぞれの立ち位置が、1人だけアップではなく画面に上手くおさまりなおかつその人がかっこよく映る向きから撮っているような気がしました。
パトロールの途中で、雨が降り出しトラック(しかもどこからともなくやってくる警察のトラック)から黒のレインコートを取り出しまた歩き出すシーン。

ラストに向かって「このさきどうなっていくのだろう?」とドキドキです。

実は、周りに「笑いのツボが同じ」人が数人いて(全部女子)、
林雪がモデルガン屋で、とりあえず拳銃を調達し、警察使用にラッカーで塗るシーンとか、
中華冰室で注文された「レモン珈琲」とか、私以外であと3人は笑っていました。


ちなみに、刺された息子が乗り込むタクシーの運転手さんは、「インファナルアフェア」に出てくる太った人。

2005/04/26

甘い人生

全く久しぶりに母と映画を観に行ってきました。
私の嗜好を見せてしまうような気恥ずかしさがあるので
普段、親兄弟親戚などと一緒に映画を観に行きませんが、
1人で映画なんて観ない母が観たがっているイビョンホンの映画を選びました。


そのタイトルや今マダムな方たちに大人気のビョンホンの映画ということで、
アクションが多いことをきいてはいたものの、もっと違うものを想像していました。

見事に裏切られました。

むしろ、若い男性に楽しんでもらいたいような1本です。
ソヌが命がけで戦ったのは、社長の愛人のためでなく、
自分の誇りのため。
最後まで「自分がこんな目にあっている理由は何だ?」と問いかけます。
実は私もこのへんがちょっとわからなかったです。
彼が住んでいる世界では、ボスは絶対、もしボスが間違っていたとしてもそれを正すようなことは
裏切りととられ、制裁の対象になるということでしょうか。
あれが、もし彼がボンクラなそのへんのチンピラならあそこまで追い詰められなかったかもしれません。

シンミナ演じる愛人は、
世の中の表も裏も知っているボスが、とろけそうな顔で彼女を語るような魅力的な女性にはちょっと見えませんでした。
同性って見る目が厳しくなってしまうのかも。
だから、ソヌが憧れたのは彼女自身というよりも
彼女が住んでいる自分とは違う世界に対して憧れを持ってしまったのだと考えた方が、
自然な気がします。

それにしても
ほんとにちょっとしか出なかった、神話のエリック。
いつものテンションの低さが、殺し屋の冷徹さを上手に表現していたと思います。
まさかこんな場面であのテンションの低さが役立つとは。

2005/04/21

看板のお兄さん

DSCF0075

夏に行った香港で。

中環の郵便局の前の工事現場にて。


どうなんでしょうこのお兄さんは?
日本だったら、「すみませんねぇ、ご迷惑おかけして」って感じなのに、
私の眼には、
「へぇ~~~~工事してるからって怒らないでぇええええ」
というように見えてしまいます。

画像をクリックすると大きくなります。

2005/04/20

ガラスの華を見る

先々週からMXTVで始まった韓国ドラマ『ガラスの華』。

神戸ロケからお話が始まります。
イドンゴンの登場シーンがアシアナでも大韓航空でもなくJAL.の機内。
なかなか、細かい。
黒田福美さんや金子昇さんなども出演しており、
たぶん、日本を意識して作られているのでしょう。
主役3人のうちキムハヌルとイドンゴンは、日本でも出演してるドラマが放送されている数が多いので、
知っている人も多いはず。

韓ドラにはまっている母は、
「また、イドンゴンのドラマだわ」←「サンドゥ学校へ行こう」「パリの恋人」と続けてドラマチック韓流で観たせい。
と、言いつつもちゃんと見ているらしいです。

ペヨンジュンやイビョンホンのドラマもいいけれど、
ちょっと前のものだから古いな~というのがどうしても拭えませんでした。

今、の韓国が垣間見えそうでそんなところも期待大。

しか~し、そこはつっこみの家庭内女王であるワタクシ、
たった2回でもう随分つっこまさせていただきました。

イドンゴンのネクタイ、いつも曲がっている。誰か直してやっておくれ。

送ってあげるといいながら寄り道して、しかも朝になってるよ!
ここから(神戸市内)1時間というセリフがあったが、
神戸市内から1時間って…ハヌルの友達ってどこに住んでいるの?

あの~BMW乗っているのはいいんですが神戸なのに千葉ナンバーってどうよ?
BMWジャパンの本社から借りたからこうなったのだろうけど。

今、3話始まりました。

え?国際線なのに機内まで追っかけてきたよ!!!!!

パスポートと航空券どうしたの????

と、ストーリー展開とはまったく別のところで盛り上がっている私を許して~~~~~~

2005/04/18

315円(税込)の幸福

315円の幸福


リノリウムの床に落としただけだったのに、気持ちよいほど真っ二つに壊れた
先代の湯のみに代わって最近買った湯のみです。

我が家はお茶派なので、湯のみは欠かせません。
壊してしまった直後は、仕方なくマグカップで日本茶を飲んでいました。
普段湯のみで何杯も飲むので容量の大きいマグはそれはそれでいいですが、
やはり、湯のみが欲しい。

安い雑貨店で見つけました。
タイトルの通り決して高価ではないけれど、
手にしっくりくる大きさと形でとても気に入っています。
内側の色が淡いので、お茶の色も楽しめるし。

夕食後にダンナが淹れてくれるお茶をのんびりとすする時間が好きです。

2005/04/17

無間道3終極無間初日

昨日は、帰宅が殆ど日付が変わる時間だったので。

昨日新宿で朋友たちと初日の鑑賞会をしてきました。
4時20分からの回を見ましたが、
なかなかの入りだったと思います。

香港映画が単館上映でなく、こうして大きな劇場からシネコンまで、
全国でかかることはとても珍しいことです。
しかし、アンディラウ、トニーレオン、ケリーチャン、レオンライという
今考えられる香港映画の最高のキャスティング。
いつもはハリウッド映画を観ている人達にも是非観てもらいたい作品なので、
香港映画を見続けてきた私は、ちょっとうれしかったです。

ラウさんの中途半端な髪型はマッスルモンクの後に撮ったからだろうか?とか、
1では、マイカーがアウディ(ただし、鍵だけが映り車は出てこない)だったのが、
3はサーブになったとか、
ヨン(レオンライ)が眼鏡かけているのは、コンタクトが合わないから?
しかし、警察学校ではかけてなかったようだからいつから悪くなったのだろうとか。

ストーリー以外でもうツッコミまくり。


私、結局サムの兄貴のヤンに対する仕打ちの訳が、
はなから信用していないからなのか、
信用に足りる人物なのか試していたのかがわかりませんでした。

水曜日は、近所に見にいく予定です。


2005/04/15

広東語、や~い!

実は広東語中級クラス今年は開講しないことが決定し、
しばしボーゼンの日々。
入門、基礎ともに3人くらいからスタートしたので、
開講することに何の疑いも持っていませんでした。
速達で届いた未開講通知に、8人に満たなかったからと言い訳が書いてありました。
インドネシア語とかチベット語に至っては今までマンツーマン状態だったのにな。
不人気講座を整理してハングルなどの受講生が多い講座に力を入れることにしたのか、と
色々考えてみても詮無きことですが。

教科書まで買ってちびちびではあるものの予習を始めていたのに。

他のところを探すにも、どこも4月開講のクラスは既に始まってしまったところです。
うぅ、タイミングわるっ。

忘れないようにしながら、
秋開講のクラスを地道に探そうと思います。


2005/04/12

『無間道3終極無間』のスーパープレミア。

昨日寒さに震えながら行ってきました、『無間道3終極無間』のスーパープレミア。

3部作のうち唯一未見であったので、高まる期待!
華仔さんと監督、脚本家らの舞台挨拶の後、
いよいよ上映開始です。
前から3列目という至近距離で、スクリーンを見ることになり
華仔を見る分には「うっとり」シートであったのですが、
むむっ……スクリーンが緩く湾曲して見易さに配慮してあるものの
時々画面がぼやけてしまいます(泣)

ケリーセンセイのところに通っているトニーさんの
あの楽しそうなにやけ顔ってどうなのよ???

その自販機に入っているのは、
華仔さんがコマーシャルしているお茶では?????

とまぁツッコミは山のようにありますが、
おぉ!と思ったのはりよん演じるヨン。
警察エリートって感じの身のこなしで、すきがなく何を考えているのかわからない
まさにナゾの男です。

ストーリーが進むにあたってだんだん彼が何者なのか明らかになっていきますが、
納得しました。
つかみどころのないというのは、
りよんのヨンを演じるにあたっての演技プランだったのです。
最近スクリーンから遠ざかっているりよんですが、
なかなかどうして憎いヤツです。

DSCF0108


おまけの時計です。
コレみた朋友は「信和中心で、おばちゃんが出してくるグッズみたいだ」と一言。
激しく同意した我。

2005/04/09

今年のさくら

急に温かくなったせいで、
あっというまにさくらが満開になってしまいました。

残念ながら、駅までの道のりに桜はありませんが、
車窓から見える中学校の桜がとてもきれいなので、
我が家も、近くの土手まで散歩を兼ねたお花見に行ってみました。

土手に行く途中の小学校と中学校の桜は、
風に散ってまさに桜吹雪。
ちょうど見ごろのようです。
今年は開花が遅かったわりに、
満開になるのが速かった気がします。
いつもなら3月末から4月の初めにかけて咲くことが多く、
ちょうどそのころはダンナの仕事が忙しいので、
我が家ではあまりちゃんとお花見をしたことがありません。
散歩ついでのお花見ですが、
我が家では久々のイベントです。

お花見会場は、
近くに大規模団地があるせいか、
ひと、ひと、ひとです。
テントにバーベキューセットという本格的な人も。
ちょうどお昼時だったので
殆どの人が、レジャーシートでお弁当を囲んでいます。

去年も同じ土手の桜を、車の中から眺めたことを思い出しました。
来年の桜はどこで見るのかね、とダンナと話したことも。

やっぱり、今年も来年の桜はどこで見るのかね~と去年と同じことを言っている二人。
DSCF0102


2005/04/07

好きにさせて~

先月の半ばくらいから、トイレのペーパーホルダーに

こんな張り紙が。

少ない方から使ってください

ここのトイレのホルダーは、上下に二つついています。

どっちも中途半端に使われると、
お掃除の人が補充するときに面倒くさいからかしら。

ペーパーくらい好きな方使わせてよ。
なくなったら個室にある予備をちゃんと補充してるってばさ。

ワタシは、上下だったら下のほうが好きなの!

何か飲みながら仕事したりできない職場なので、
ブレイクタイムといえばトイレのみ。

そんな憩いの時間くらい好きにさせて~~~~~。

2005/04/06

海洋楼

DSCF0101


食玩にはまったことはないですが、
知ってしまったら素通りできないシリーズを知ってしまいました。
セブンイレブンの飲み物についている飲茶フィギュアコレクションです。

全部で12種類の点心(12番目はワゴンを押している小姐ですが)が、
かなりリアルなミニチュアになっています。

悲しいことに最寄駅から家までの間にセブンイレブンはなく、
いえそれどころかほんとに近所にないので、
ダンナが会社の帰りにわざわざ入手してきました。

金魚餃と中華粥。
あえてツッコむとしたら、香港のお粥は米粒がなくなるまで煮ていることが多いです。

あぁ、香港行って朝の飲茶したいよ。

2005/04/04

いざ!ダイエット

ダンナが人間ドックで
太りすぎの称号を貰ってきました。
遅かれ早かれこうなることはわかっていたので、
この結果になんの感想もありませんが、
わたくし一応妻なので、
オットの健康管理という点で何とかしなければいけないでしょう。
長持ちしてもらわないと困りますもん。

しかし、人生の中でいまだダイエットというものをしたことがないし、
もちろん栄養学の知識も持っていません。

やせるレシピなーんて本も買っては見ましたが、
この本、メニューによっては2人分だったり4人分だったり…
適正な分量だって大切じゃないのか~と思わずツッコミを入れたくなるアバウトさ。

和食がいいのでしょうね、たぶん。
しかし、私は家庭料理によくある煮物とかおひたしが好きじゃない(涙)
自分が食べたくないものは作りたくない←わがまま

昨日は、カリカリ豚肉とヴェトナム風なます。
今日は、ダンナのリクエストでハヤシライス……

ダイエットの道は遠く険しいようです。

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »